観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

バンコク近郊

【動画あり】電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場

タイの線路の上にあるメークロン市場をご存知ですか?

バンコクから西へ約70km、タイ国鉄メークロン線の終着駅であるメークロン駅にある「メークロン市場(タイ名:タラート・ロム・フップ)」。

ふだんは市場として、営業されており、果物や野菜・魚介類、衣類などさまざまなものが線路の上まで敷き詰められています。

しかし、毎日決まった時間(1日4往復、計8回)に電車が近づいてくると、突然慌ただしくなり、市場の店はすぐさま店じまい。

電車が走り去ると、何事もなかったかのように再び活気のあふれる市場へと戻ります。

今回は、メークロン市場に電車が入ってくる様子や店が閉まる様子を動画をまじえて、ご紹介します。

ショッティ
ショッティ
メークロン市場を観光しようか迷ってる人は参考にしてね。

【動画あり】電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場

それでは、電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場を動画をまじえて、ご紹介していきます。

【2020年】メークロン市場の電車の時刻表

メークロン市場は1日4往復。計8回、電車が通過するたびに市場は折りたたまれます。

メークロン市場の電車の時刻表は以下の通りです。

メークロン駅着 8:30、11:10、14:30、17:40
メークロン駅発 6:20、9:00、11:30、15:30

上記の時間は2019年12月現在です。最新の時刻表はタイ国鉄公式HPタイ国鉄公式HPをご覧ください。

市場自体は8:00~19:00まで開いてますが、市場が折りたたまれるところが見たい方は電車が発着する時間を狙っていきましょう。

電車が来る前は活気のある市場

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場1

電車が来る前はタイにある普通の市場と変わりません。道の両端に食べ物や衣類などが敷き詰められています。

いやいや、よく見ると普通じゃありません。線路のわきに野菜が置かれています。お客さんが歩いているところは線路です。

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場2

生魚もありますよ。タイの暑い中、売られている魚って、腐らないのでしょうか・・・

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場3

これだけ商品が敷き詰められてて、電車来たらほんとに商品片づけられるの?疑問ですよね。でも大丈夫なんです。安心してください。

メークロン線路市場・ダムヌンサドゥアック水上マーケット・ココナッツファームを巡る半日ツアーを今すぐ予約するならコチラ《日本語ガイド/送迎付》

電車が来るとすぐさま店じまい

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場4

画像の奥に見えているビニール屋根が見えているところが店じまいするメークロン市場。

僕が行ったゴールデンウィーク中は観光客が非常に多かったです。朝8:30でこの人だかり。半分くらいは日本人でした。

そもそも電車が発着するのが一日に数回しかないので、そのタイミングで観光客が集まるのは当たり前ですが。

電車が来る時間をチェック

電車が来ると遠くから汽笛が聞こえてきます。汽笛が鳴りだすとともに、市場の店じまいが始まります。

電車が来ても観光客が線路をどこうとしないので、駅のスタッフが笛を吹いて、観光客をどかせながら、ゆっくり電車が駅に入ってきます。

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場5

汽笛が鳴りだすくらいから動画におさめることができました。電車が来るときの駅の雰囲気を味わうことができますので、ぜひご覧ください。

電車が駅に到着

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場6

電車が駅に到着した後は、メークロン市場は再び活気のある市場に戻ります。

次に発車するまでは30分ほどあり、電車の中に勝手に入って、撮影することもできます。車内にはバナナの皮が落ちてたりしました。

もちろんですが、電車に乗って、メークロン市場に来ることもできます。車内から市場がたたまれる姿を見るのもおもしろいでしょう。

メークロン市場への行き方

メークロン市場は、バンコクから車で1時間半ほど。ツアーで行くのが一般的です。もちろんタクシーや電車に乗っていくこともできます。

以下のようなタイの伝統的な水上マーケットとセットになったツアーで行くのが楽・簡単でおすすめ。

メークロン線路市場・ダムヌンサドゥアック水上マーケット・ココナッツファームを巡る半日ツアーを今すぐ予約するならコチラ《日本語ガイド/送迎付》

「もっと自由なプランでゆっくり見て回りたい」という方にはタクシーをチャーターして、行かれることをおすすめします。

【バンコクプライベートツアー】好きな時間/好きな場所/好きなペースで回れるオーダーメイドツアーを予約するならコチラ<空港送迎OK/5人まで一律料金/日本語ガイド付アレンジ可>

僕はタクシーをチャーターして、メークロン市場だけでなく、ダムヌンサドゥアック水上マーケットと象乗り体験ができるChang Puak Camp(ダムヌンサドゥアックのエレファントビレッジ)&バンコクの三大寺院を一日かけて観光しました。

以下の記事では、バンコクでタクシーをチャーターする方法や実際にかかった料金をご紹介していますので、合わせてご覧ください→バンコクのワットパクナムの拝観時間・入場料金・注意点など

Grabで観光したいという方は以下の記事を参考にしてください→タイ・バンコクでのタクシー配車アプリ「Grab」の使用方法と注意点!退会方法も紹介!

メークロン市場詳細・営業時間・休み

メークロン市場に休みはありません。営業時間は午前8時から19時です。

電車が来る時間に合わせていくとより楽しめます。

メークロン市場の住所等の詳細は以下の通りです。

メークロン市場
【住所】Mae Klong, Mueang Samut Songkhram, Samut Songkhram 75000(ตำบล แม่กลอง อำเภอเมืองสมุทรสงคราม สมุทรสงคราม 75000)
【料金】見学無料
【時間】8時~19時
【休み】なし

電車が来ると店じまいするタイのメークロン市場まとめ

今回は、バンコク近郊の観光スポットとなっている「メークロン市場」をご紹介しました。

タイ国鉄メークロン線の終着駅であるメークロン駅にある市場で、電車が来るたびに店じまいする姿は見ものです。

メークロン市場は1日4往復。計8回、電車が通過するたびに市場は折りたたまれます。

電車の時刻をしっかりチェックして、メークロン市場へ行きましょう。

ボートに乗りながらショッピングをする「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」、象乗りができる「ダムヌンサドゥアックエレファントヴィレッジ」とは近いので、併せて行くのもおすすめです。

ぜひ行ってみてください。

以下の記事では、メークロン市場以外にもバンコクのおすすめ観光を詳しくご紹介してますので、合わせてご覧ください→【2020年版】バンコクで必ず行きたいおすすめ観光13選

タイ・バンコクの「ワットパクナム」の拝観時間・料金・注意点など3
【2020年版】バンコクと周辺のおすすめ観光13選!初心者から上級者まで満足いくスポット!タイの首都バンコクは物価も安く、治安も悪くないので、日本人にも大人気の旅行先となっています。 僕はそんなバンコクを何度も訪問・観光...