旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

バンコクの三大寺院観光【渡し船での回り方】

バンコク旅行の定番の観光スポットといえば、「バンコク三大寺院」。

「バンコク三大寺院」とは「ワット・アルン(あかつきの寺院)」、「ワット・ポー(涅槃仏ねはんぶつ寺院)」、「ワット・プラケオ(エメラルド寺院)」です。

いずれもバンコクの中心部を流れるチャオプラヤー川沿いにあるので、渡し船に乗ることで、費用をおさえて、効率よく観光できるんです。

この記事では渡し船を使って、三大寺院を観光したときのことをご紹介します。

以下の記事では、他にもバンコクの観光情報を盛りだくさん紹介してますので、ぜひご覧ください。

タイ・バンコクの「ワットパクナム」の拝観時間・料金・注意点など3
【2019年版】バンコクで必ず行きたいおすすめ観光12選タイの首都バンコクは物価も安く、治安も悪くないので、日本人にも大人気の旅行先となっています。 僕はそんなバンコクを何度も訪問し、い...

バンコクの三大寺院をつなぐ渡し船

チャオプラヤ川の両岸を往復する渡し船(ルア・カーム・ファーク)はバンコクの三大寺院をつないでいて、向かいの岸までは3分ほどで到着します。

とても暑いバンコクですが、さわやかな風を感じながら川を渡ることができます。

乗り場はワット・アルンとワット・ポーの間にあります。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】

料金は片道一人当たり4バーツ(約10円)と激安です。

三大寺院をいっぺんに見て回るには最も簡単な方法です。

運航時間:5:00~20:00まで運行
片道料金:一人当たり4バーツ(約10円)

バンコクの三大寺院を訪れる際の注意点

仏教寺院はタイの人々にとって神聖な場所です。

短パンやミニスカート、タンクトップ、キャミソールといった肌の露出が多い服装はNGです。

露出の多い服装は失礼なことはもちろんですが、入り口で止められ、入れないこともあります。

スカーフなどを羽織はおとOKなので、持っておくと便利です。レンタルもやっているので、忘れた人もご安心を。

バンコクの三大寺院1「ワット・アルン」

バンコクの三大寺院1つ目は「ワット・アルン」です。

現王朝の1つ前、トンブリ王朝を開いたタクシン王が王族用の寺院として建立こんりゅうしたそうで、別名は「あかつきの寺院」で三島由紀夫みしまゆきおの小説「暁の寺」の舞台としても有名。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】1

ワットアルンのシンボルである大仏塔の高さは、80m超。仏塔に上ることもできます。

全体に白い仏塔には、色鮮やかな陶器の皿が至る所に埋め込まれていて、遠目からとてもカラフルで綺麗です。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】3

しかも皿の模様は一枚一枚異なっています。

仏塔の階段は急で、段も高さがあります。手すりはありますが、上るときはくれぐれも慎重に。

大仏塔に上るとさえぎるものがなく、チャオプラヤ川やバンコクの街並みを見ることができますがさえぎるものがない分、暑いです。

ちなみに夜はこんな感じで綺麗にライトアップされていて、夜のワットアルンも見ごたえがあります。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】2

ワット・アルン

住所:158 Thanon Wang Doem, Khwaeng Wat Arun, Khet Bangkok Yai, Krung Thep Maha Nakhon 10600 タイ
拝観時間:7:30~17:30
料金:50バーツ

バンコクの三大寺院2「ワット・ポー」

バンコクの三大寺院2つ目は「ワット・ポー」です。

最初にご紹介した渡し船に乗って「ワット・アルン」側から向かいの岸に渡ります。

向かい側に着いたら、直進。ちょっとした市場を抜けると「ワット・ポー」に到着です。

入場料は100バーツで、ペットボトル1本の引換券をもらえます。

ワット・ポーはアユタヤ王朝に創建されたといわれる最も歴史のある寺院で、巨大な仏像(涅槃仏ねはんぶつ)が細長い堂内いっぱいに横たわっています。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】4

体長46m、高さ15mの金ピカのお姿は圧倒的な存在感です。大きすぎて、全体像が写真に入り切りません。

足裏には、仏教の世界を表した108個の図が螺鈿らでん細工で記してあり、技術力の高さをうかがえます。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】5

涅槃ねはん仏が祭られている建物内には、金属製の壺が108個設置されています。

20Bで小さいコインをたくさんもらって、壺に一枚ずつ入れていくことで、煩悩ぼんのうを取り去ることができるとのこと。

ワット・ポーの敷地には、他にも大小さまざまな仏塔が立ち並んでいます。

また、本堂を取り囲むように、二重の回廊があります。仏像はすべて寄進されたもので、整然と並ぶ有難いお姿はインスタ映え間違いなし。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】6

ワット・ポー

住所:2 Sanam Chai Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ
拝観時間:8:30~18:30
料金:100バーツ(ペットボトル1本の水付き)

バンコクの三大寺院3「ワット・プラケオ」

バンコクの三大寺院3つ目は「ワット・プラケオ」です。

通称エメラルド寺院として知られており、王宮の敷地内にあります。

バンコクの三大寺院観光【渡し船で効率よく回ろう】7

ワット・プラケオは王室の守護寺院として建てられ、黄金の仏塔には仏陀ぶっだの遺骨が納められています。

「王宮&ワット・プラケオ」の拝観時間は8:30~15:30と早く閉まってしまうので、バンコクの三大寺院を3つとも見て回りたい方は、まず最初に王宮とワット・プラケオへ行くのがおすすめです。

休館日もちょくちょくあるので確認してから行くようにしましょう。

ワット・プラケオ

住所:Na Phra Lan Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ
拝観時間:8:30~15:30
料金:500バーツ

バンコクの三大寺院観光まとめ

バンコクの三大寺院「ワット・アルン」、「ワット・ポー」、「ワット・プラケオ」へは渡し船を使うことで、費用をおさえて、効率よく、観光することができます。

渡し船の料金は片道一人当たり4バーツ(約10円)と激安です。

バンコクの三大寺院を3つとも観光する場合、ゆっくり見て回るには所要時間は4、5時間くらいみておきましょう。

また、「王宮&ワット・プラケオ」は15:30に閉館してしまいますので、まず最初に王宮とワット・プラケオへ行くのがおすすめです。

バンコクはとても暑いので、三大寺院を観光する際は帽子があるといいでしょう。水分補給もお忘れずに。

バンコクから行けるエレファントビレッジやダムヌンサドゥアック水上マーケット、インスタ映えするピンクガネーシャ、ラチャダー鉄道市場などの記事をご覧になりたい方はコチラ

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック