旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点

東南アジアで大好評のタクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」。
目的地を入力するだけで、目的地まで連れて行ってもらえます。
乗車前に金額や目的地が確定するので、ぼったくられる心配がない&乗車してから、運転手に目的地を説明する必要がないなど、とても便利なアプリです。

タイ・バンコクでタクシーアプリ「Grab」を実際に使用してみましたので、その使用方法と注意点をご紹介します。

タイ・バンコクの「ワットパクナム」の拝観時間・料金・注意点など3
【2019年版】バンコクで必ず行きたいおすすめ観光12選タイの首都バンコクは物価も安く、治安も悪くないので、日本人にも大人気の旅行先となっています。 僕はそんなバンコクを何度も訪問し、い...

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点

それではタイ・バンコクでのタクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点を詳しく説明していきます。

Grabとは

Grabは東南アジアで展開されているタクシー配車アプリです。
アプリでタクシーやGrabに登録している一般のドライバーを呼び寄せ、目的地まで連れて行ってくれるサービスです。

乗車した人がドライバーの評価をするので、悪質なドライバーは消えていき、自然とサービスの質は高くなります。
そのため、通常のタクシーよりも安心して乗車できます。

本社はシンガポールにあり、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアでサービスを提供しています。

タイではUberはなくなった

同じような配車アプリに世界中でよく使用されているUber(ウーバー)がありますが、2018年3月、Uber(ウーバー)が東南アジア事業をGrabに売却しました。
それにより、タイを含めたマレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアではUberは使用できなくなりました。

現在はGrabが東南アジア最大の配車サービスとなっています。

Grabのメリット

Grabには以下のようなメリットがあります。

  1. タクシーがすぐに捕まらないような場所(目印のないどこか全くわからない道など)でもスマホの位置情報を使って、迎えに来てくれる
  2. 乗車前に金額が確定する(=ぼったくられる心配がない)
  3. Grab車の現在地、目的地までの距離、到着予定時間が一目でわかる
  4. 乗車前に目的地を確定するので、乗車してから説明が要らない(=タイ語や英語がわからなくても伝えられる)
  5. ドライバーは乗車した人に評価されるので、悪質なドライバーが少ない。

空港ではタクシー待ちで長蛇の列が起こることがよくあります。
Grabを使えば、タイミングが良ければ、待ち時間ほぼなしで乗車することもできますよ。

乗車前に金額が確定すると言いましたが、車種選択の時に「Grab Taxi」という車種があります。
こちらは金額確定ではなく、通常のタクシーのように料金が上がっていくシステムです。
以下の画像の青丸の「Grab Car」を選ぶと、乗車前に料金が534バーツに確定となります。
赤丸の「Grab Taxi」を選ぶと、平均の料金が出てきます。
距離や道路の込み具合がわからないことがほとんどだと思いますので、「Grab Car」を選択するのが無難です。

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点2

Grabのデメリット

Grab車が迎えに来るのに時間がかかるときがあります。
特に混雑している道路ではけっこう待つときもあります。(車の予想到着時間はGrabアプリに表示されます)

普通のタクシーはそのへんにいっぱいいるのにGrabの車が周辺にない。
そういった場合には普通のタクシーを選んだ方がいいでしょう。

Grabの登録・使用方法

それでは、Grabの登録・使用方法をご説明します。

1.登録

まず、アプリをダウンロードします。
ダウンロードしたアプリを開くと、すぐに登録・ログイン画面となります。

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点1

Grabは登録もしくはFacebookかGoogleのアカウントにログインしなければ、使えません。
登録の際には電話番号を入力し、その電話番号に届いた暗証番号を入力しなければなりませんので、登録する場合には事前に日本国内でしていくといいでしょう。

出国前に登録をしてない場合にはFacebookかGoogleからログインしてください。

2.使用方法

使い方はとても簡単。
目的地を検索し、乗車する車種タイプ(Car、Van、Bikeなど)を選択するだけ。
あとは近くの車がランダムで配車され、迎えに来てくれます。
ナンバープレートの番号と顔が表示されるので、Grabアプリ上の車の位置が近づいてきたら、車のナンバープレートを確認しましょう。

※GPSで場所を特定しますので、スマホのGrabアプリの位置情報をONにしてないと、使用できません

画像に沿って、具体的な方法を説明していきます。
①目的地設定
赤丸のところに目的地を入力ます。日本語で入れてもだいたいの場所は反映されます。
反映されないときは英語で入力してみてください。

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点4

②車種の選択
普通の場合は「Grab Car」を選択します。
すると、Grabに登録している近くの車が配車され、迎えに来てくれます。
配車後はドライバーの顔とナンバープレートが表示されます。

【タイ・バンコク】タクシーアプリ「Grab」の使用方法と注意点5

安く行きたい場合は「Grab Bike(二人乗りの後ろに乗ります)」、5~10人と人数が多い場合には「Grab Van」、良い車に乗りたい場合は「Premium」の項目から選択します。
通常のタクシー同様、メーターで料金を決めたい場合には「Grab Taxi」を選択します。

③乗車する
Grabアプリに表示されている車の位置が、自分が待っている場所に近づいてきたら、表示されているナンバープレートと実際の車のナンバープレートを確認します。
同じであれば、手を振るなどして、ドライバーに知らせます。
荷物がある場合は、トランクに載せるなどして、乗車します。

例外ですが、たまに場所がわからなかったり、「もうすぐ着くよ」とGrabでメッセージや電話してくるドライバーもいます。
場所がわかってない場合には近くの目印を返信しましょう。(空港のゲートNo.など聞かれる場合が多いです。)
一度、電話で場所を聞かれたときはドライバーは英語が通じず、かなり困りました。
アプリの位置情報と数字でなんとか合流はできましたが・・・

④目的地に到着したらお金を払う
目的地に到着したら、乗車前に確定していたお金を払います。(上記の例で言うと534バーツ)
「現金」もしくはクレジットカードを登録した「Grab Pay」で支払います。
支払いに関しては後ほど詳しくご説明します。
払い終えたら車から降ります。

乗車賃以外にかかる料金

基本的には乗車以外には料金はかからないのですが、空港から市街地へ乗る場合などは高速道路を通るため、高速料金を別途払います。
ドンムアン空港から市街地までで、たしか90バーツ(314円ほど)くらいです。
これは普通のタクシーに乗っても同じです。

高速使わないでって伝えると、下道で行ってくれます。
その分、時間は大きく掛かってしまいますが・・・

Grabの支払い方法

Grabの支払い方法は「現金」または「Grab Pay」を選ぶことができます。

Grab Payは事前にクレジットカードを登録しておくことで、現金がないときにでもGrabを使用することができます。
日本国内からではクレジットカード登録ができませんので、現地に着いてから登録する必要があります。

現金で支払いをする場合、お釣りをあまりもってない車もあるので、事前に小銭を準備しておくといいでしょう。

Grabアプリを見せて寄ってくる人

観光地などでGrabアプリの画面を見せながら近寄ってくる人がいます。
目的地を聞いてきて、Grabで検索し、同じ料金で目的地まで連れてってくれます。
僕は二度ほど使用しましたが問題なく、目的地まで連れてってもらえました。
しかしながら、その人たちはGrabと同料金ですが、正式にGrabを通さないんです。

ということは、どういうことかおわかりでしょうか?
考えられる理由は二つあります。
一つはGrabの手数料が高いから、手数料を払わないため。
もう一つはGrabでのドライバー評価が悪いので、見られるとキャンセルされるから。

二つ目の理由の場合もあると思うので、できるだけ正式なGrabを通すようにしましょう。

おわりに

今回はタクシーアプリ「Grab」の使用方法と実際にタイ・バンコクで使用してみて、わかった注意点をご紹介しました。

Grabだけでなく、時と場合によっては普通のタクシーを使った方が便利だったり、安くなる場合もありますが、安心感という面ではGrabに軍配が上がると思います。
もしGrabで表示された料金が高かったら、その金額を元にタクシーと交渉するのもいいかもしれません。

皆様の安全な旅を祈っています。
ありがとうございました。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック