観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

屋久島

【必見】屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法まとめ

世界遺産の島「屋久島」。
有名な縄文杉、白谷雲水峡をはじめ自然があふれています。

旅好き・山好きな方なら、一度くらいは訪れたいと思ったことがあるんじゃないでしょうか?

この記事では屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法をまとめてご紹介します。

屋久島に行かれる方は参考にしてみてください。

この記事はこんな方におすすめ

・屋久島に行ってみたい&おすすめのアクセス方法を知りたい

・屋久島でどこの観光スポットに行けばいいかわからない

以下の記事では、屋久島観光のおすすめスポットをまとめて紹介してますので、合わせてご覧ください→【必見屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法まとめ

屋久島へのアクセス方法3つ(フェリー・高速船・飛行機)を比較

屋久島は鹿児島県の島で、鹿児島本土から南に約65キロ南下した場所にあります。屋久島へのアクセス方法は「フェリー・高速船・飛行機」の3つ。

  1. 時間はかかるが安く移動できるフェリー
  2. 一日の本数も多く移動できる高速船
  3. 大阪もしくは福岡からの直行便で行ける飛行機

どのアクセス方法が一番安いんだろう、早く行けるんだろうなどと考えますよね。

以下の記事では、屋久島へのアクセス方法(フェリー、高速船、飛行機)を徹底比較しておりますので、ご覧ください→屋久島へのアクセス方法3つ(フェリー・高速船・飛行機)を比較!自分に合った行き方を見つけよう!

屋久島の観光中に使える交通手段まとめ

屋久島観光の移動には何を使うのが一番いいのだろう。レンタカー?バス?タクシー?とお困りのあなた。

交通手段がいろいろあっても、土地勘がないと自分に合った交通手段がわかりませんよね。

屋久島では一人でも低料金で移動できるバスはかなり使えます。バス+徒歩だけでも十分屋久島観光はできます。

しかしながら、実際に屋久島に行ってみた僕のおすすめの移動方法は「レンタカー」です。トレッキングするのには荷物もいるし、バスも一時間に一本ほどと本数が少なく、バスでの移動ではかなりの待ち時間が発生するためです。

以下の記事では、屋久島での観光中に移動に使える交通手段をまとめてご紹介していますので、合わせてご覧ください→屋久島での移動に使える交通手段6つ【わかりやすく解説】

屋久島登山の服装と持ち物【初心者でもこれがあれば大丈夫】

トレッキングしたことない方は何を準備したらいいのか、全く分からないと思います。長時間の登山では、必須な服装やないと困ってしまう持ち物があります。

僕はツアーを申し込んだので、「最低限準備しておいてください」というリストをもらって準備をしました。

しかしながら、実際に行ってみると、あった方がいいなと思うものが他にもでてきました。

例えば、「携帯トイレ」。縄文杉の登山は往復10時間かかることもあります。しかしながら、トレッキング道にはトイレは3カ所しかありません。

また、特に女性トイレは行列ができ、一時間くらい待つこともよくあります。そんな状況でも携帯トイレを持っていれば安心です。

以下の記事では、他にも縄文杉登山中に感じた「登るときに必要!あったらいいな!と感じた服装と持ち物」をご紹介していますので、合わせてご覧ください→屋久島で登山をするときの服装と持ち物!縄文杉トレッキングもばっちり!

【屋久島観光のおすすめスポット1】「縄文杉」登山

準備が終わったら、いざ「縄文杉」登山へ。縄文杉トレッキングは往復20kmを超える長距離です。

縄文杉トレッキングは観光の目玉となっていて、登山のためのレンタルグッズが充実していたり、宿泊先でお弁当を用意していくれたりと気軽に登山しやすい環境である反面、屋久島では雨が多い影響でちょっとした注意が必要です。

以下の記事では、登るときの注意点やおすすめの持ち物、実際の流れを以下の記事で紹介していますので、合わせてご覧ください→屋久島観光の目玉の「縄文杉」を目指す!注意点やおすすめの持ち物・実際の登山の様子を紹介!

ショッティ
ショッティ
注意点やおすすめの持ち物を知っていれば、ツアーでなくても個人で縄文杉トレッキングすることもできるよ。

【屋久島観光のおすすめスポット2】白谷雲水峡往復の所要時間と見どころ

屋久島で二番目に人気のあるトレッキングスポット「白谷雲水峡」。白谷雲水峡はジブリの映画「もののけ姫」の舞台にもなったとも言われています。

縄文杉と比べて、距離も短いので、縄文杉前に登山に慣れるのにもいいです。最終地点の太鼓岩からの360度パノラマビューは圧巻です。

トレッキング初心者の僕ですが、ガイドなし&休憩もゆっくり30分ほどしても、3時間半で往復できましたよ。(体力に自信のない人はもう少しかかるでしょう)

以下の記事では、白谷雲水峡の往復所要時間、注意点などをまじえながら白谷雲水峡をご紹介していますので、合わせてご覧ください→ガイドなしで行く屋久島・白谷雲水峡!コースと往復の所要時間などを紹介

【屋久島観光のおすすめスポット3】混浴の平内海中温泉に果たして女性はいるのか

屋久島には海中の天然温泉「平内海中温泉」があります。平内海中温泉はじつは温泉の混浴なんです。

水着着用はNGなので、女性は入りづらいと思われるかもしれません。

でも、昼間は海を前に山をバックに最高の景色の中の入浴ができますし、夜は晴れていれば、満天の星空を眺めながらの入浴ができます。

入らないともったいないですよ。実際、行ってきた体験談を以下の記事にしてますので、合わせてご覧ください→屋久島にある混浴の平内海中温泉に女性はいる?入浴方法、実際の様子など

【屋久島観光のおすすめスポット4】屋久島の高級リゾート「サンカラホテル」

屋久島には沢山の宿泊施設があります。民宿、コテージ、旅館、ゲストハウス、リゾートホテル。

あまり多くはありませんが、もちろんリゾートホテルもあります。中でもサンカラホテルは日本屈指の高級リゾートホテル。

サンカラホテルのおすすめのポイントは大きく以下の3つです。

  • 大人のリゾートを満喫できること
  • アジアンモダンに統一された雰囲気
  • スタッフ方たちの素晴らしさ

サンカラホテルの魅力は「大人のリゾートを満喫できること、アジアンモダンに統一された雰囲気、スタッフ方たちの素晴らしさ」の3つに集約されていると言えるでしょう。

以下の記事では、屋久島の高級リゾートホテル「サンカラホテル」を詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください→屋久島の高級リゾート「サンカラホテル」宿泊体験レビュー!

【屋久島観光のおすすめスポット5】一棟貸しで、ゆっくりできる宿「ヴィラウルー」

「ヴィラウルー」は2014年にオープンした屋久島では珍しいコテージタイプのホテルです。

屋久島のおすすめ一棟貸しホテル「ヴィラウルー」1

ヴィラウルーは2棟しかないので、必然的に一日2組しか泊まれないので、他の宿泊客を気にせず、ゆっくり過ごせます。

9畳の洋室と洗面所、トイレ、独立した浴室、ロフト(3畳)と展望テラス(4.5畳)を備えています。

コテージは1階建ですが、広めのロフトとロフトから出られる展望テラスも付いています。展望テラスでは星空を眺めることもできます。ヴィラウルーはカップルから女子旅、ファミリー旅行におすすめ。

以下の記事では、ヴィラウルーについてより詳しく説明してますので、合わせてご覧ください→屋久島のおすすめホテル「ヴィラウルー」!一棟貸しで、ゆっくりできる宿!

【屋久島観光のおすすめスポット6】宮之浦の個室の人気民宿「アース山口」を紹介

僕が屋久島観光の際に拠点にした民宿のご紹介です。
近くのおすすめのごはん屋さん、スーパーの紹介もしております。

【屋久島】宮之浦の個室の人気民宿「アース山口」を紹介
【屋久島】宮之浦の個室の人気民宿「アース山口」を紹介屋久島の玄関口で島いちばんの町「宮之浦」には鹿児島との高速船やフェリーが発着する宮之浦港があり、多くの方が屋久島観光の拠点としています。...

屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法まとめ

屋久島は離島ではありますが、行く方法は意外に多く、フェリー、高速船、飛行機の3つのアクセス方法があります。

時間と料金と相談してアクセス方法を決めるといいでしょう。

屋久島内は広く、観光するには歩きや自転車だけでは不便です。
バスやレンタルバイク、もしくはレンタカーをするのがおすすめ。

また、縄文杉、白谷雲水峡、平内海中温泉はおすすめスポットですので、屋久島に行かれたらぜひ観光してみてください。

素敵な体験があなたを待っていることでしょう。

屋久島での移動に使える交通手段まとめ【わかりやすく解説】
【必見】屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法まとめ世界遺産の島「屋久島」。 有名な縄文杉、白谷雲水峡をはじめ自然があふれています。 旅好き・山好きな方なら、一度くらいは訪れたいと...