国内旅行

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機の料金・時間】

屋久島での移動に使える交通手段まとめ【わかりやすく解説】


縄文杉を見に屋久島へ行ってみたいと思ったことありませんか?

屋久島は世界自然遺産に登録されており、その中でも神秘的な白谷雲水峡、推定樹齢7200年とも言われる縄文杉はぜひ訪れたいスポットです。
山だけでなく、川や海も美しく、自然を満喫できる屋久島。
行ってみて、損はないですよ。

屋久島には「フェリー、高速船、飛行機」でのアクセス方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、条件によって、最適なアクセス方法が変わってきます。
今回は時間や金額を比較しながらアクセス方法を比較・ご紹介したいと思います。

屋久島での移動に使える交通手段まとめ【わかりやすく解説】
【必見】屋久島観光のおすすめスポット・アクセス方法まとめ世界遺産の島「屋久島」。 縄文杉、白谷雲水峡など自然があふれています。 旅好き・山好きな方なら、一度くらいは訪れたいと思ったことがあ...

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機の料金・時間】

今から屋久島へのアクセス方法(フェリー、高速船、飛行機)の料金や時間を比較して詳しく説明していきます。

屋久島の位置

屋久島は鹿児島県に属する島であり、鹿児島本土から南に約65キロ南下した場所にあります。
65キロしかないのであれば、すぐ行けるよねと思われる方いらっしゃるかと思いますが、そうではないんです。

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機の料金・時間】1

屋久島へのアクセス方法

屋久島へのアクセスはフェリー、高速船、飛行機があります。

●屋久島へのアクセス方法一覧

フェリー高速船飛行機
時間鹿児島から4時間~25時間鹿児島から2時間~3時間鹿児島から約30分。福岡から約1時間。大阪伊丹から約1時間半。
往復料金4,220円~9,500円ほど1万6,200円ほど鹿児島から7,420円~。福岡から12,170円~。大阪伊丹から15,921円~。
メリット船旅気分を味わえる。自転車やバイク、車を持ち込める。速い。1日6便あるので、自由に移動できる。圧倒的に早い。鹿児島からは1日6便。冬場は便数が少なくなる。
デメリット乗船時間が長い。1日1便のみ。揺れるので、船酔い注意。福岡、大阪伊丹からは1日1便のみ。繁忙期は高く、チケットも取りづらい。

それでは一つずつ詳細を確認していきましょう。

フェリーで

フェリーは3種類あります。フェリーの良いところは車を持ち込むことができること、そして、なんといっても価格が安いところです。

電話で予約できますが、船が大きいため、基本的に予約なしでも大丈夫ですが、ゴールデンウィークや夏休みなどに旅行される方は念のため予約しておきましょう。予約は現在のところ、電話予約のみです。

屋久島には客船が乗り入れる港が二つあり、フェリーはすべて宮之浦港発着です。鹿児島ではフェリーによって、乗り場が異なるため、ご注意ください。

 

フェリー屋久島2

1日1往復のみです。片道4時間かかります。

大人一人往復で9,500円~(学割適用で往復7,000円)です。昼には到着できるので、白谷雲水峡ならその日に行くこともできます。

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機で行く屋久島】2

車は軽で24,600円~(一人分の料金含む)。車を持ち込む料金は高いので、長期間屋久島に滞在するのでなければ、屋久島でレンタカーした方が安いです。


自転車やバイクは安く持ち込むことができるので、車よりおすすめです。
詳細はフェリー屋久島2のHPをご覧ください。

フェリーはいびすかす

こちらも1日1往復のみ。とにかく安く、お金を節約したい人向けです。

大人一人往復で4,200円~。こちらも車の持ち込み料金は高く、自転車やバイクの持ち込みされる方にはおすすめです。

鹿児島から屋久島へは18時発の夜行で朝7時に到着します。
種子島で朝まで待機する時間があるので、朝に着くんです。長時間の船旅で疲れます。

しかしながら、とにかく安いですし、体力のある方や時間を有効に使いたい方にはおすすめです。

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機で行く屋久島】3

「フェリーはいびすかす」の鹿児島での乗り場は谷山港(鹿児島港七ツ島)発着場です。

「フェリー屋久島2」と高速船の乗り場の「鹿児島本港南埠頭」とは別ですので、間違えないように注意ください。

詳細は「フェリーはいびすかす」のHPをご覧ください。

フェリー太陽

こちらは鹿児島からではなく、口永良部島もしくは種子島からのフェリーです。島をいろいろ回る方におすすめです。
どちらも1日1往復のみで、口永良部島からは大人一人片道4,220円、種子島からは2,880円です。

詳細は「フェリー太陽」のHPをご覧ください。

高速船で

高速船は「高速船トッピー・ロケット」のみが就航してます。

高速船はフェリーに比べて、速く、本数が多いのが特徴です。
車を載せることはできません。
そこまで大きい船ではないので、けっこう揺れます。船酔いしやすい方は注意が必要です。

1日6往復ありますので、自由に時間を選ぶことができます。
直行便では1時間50分もの速さ。
指宿や種子島経由の高速船もあります。

価格は大人一人往復で16,200円。

高速船の乗り場は屋久島では「宮之浦港」と「安房港」の二つがあるので、間違えないよう注意が必要です。

屋久島へのアクセス比較【フェリー・高速船・飛行機で行く屋久島】4こちらは冬ダイヤです。詳細は「高速船トッピー・ロケット」のHPをご覧ください。

飛行機で

大阪(伊丹)空港、福岡空港、鹿児島空港から屋久島へ飛行機が飛んでます。

飛行機は時間的に圧倒的なメリットがあります。
日程によっては、鹿児島まで行って、そこからフェリーや高速船に乗り換えるよりも総額が安くなることもあります。

ただし、繁忙期は航空券が高く、チケットも取りづらいのがデメリットです。
運行している航空会社ははJAL(日本航空)もしくはJAC(日本エアコミューター)のみです。
航空券検索は航空券徹底比較『スカイスキャナー』

鹿児島から

日本エアコミューター(JAC)が就航してます。約30分で到着します。
冬場は本数が少なくなりますが、普段は1日6便片道7,420円くらいから行けます。
最安値の場合、高速船より安いです。

福岡空港から

日本航空(JAL)が就航してます。約1時間で到着します。

1日1便です。片道12,120円くらいからです。最安値の場合、鹿児島まで行って、高速船に乗り換えるよりも安く、金額的にも時間的にもお得です。

大阪(伊丹)空港から

日本エアコミューター(JAC)が就航してます。1日1便、約1時間半で到着します。

片道15,921円くらい~。こちらも最安値の場合はLCCで鹿児島まで行ったとしても、高速船の金額を含めるとほぼ同じくらいの総額になりますので、時間的にお得です。

おわりに

屋久島に行く方法は三種類(フェリー・高速船・飛行機)ありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

時間があって、節約したい場合にはフェリー(特にはいびすかす)がおすすめです。
時間があまりないけど、自由な時間の使い方をしたい場合には当日でも予約が取れる高速船が便利です。
時間が全然ない場合には飛行機がおすすめです。場合によっては高速船を使うより、安くいけることもあります。

この記事を参考に自分に合った方法で屋久島へ行ってみてください。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック