旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

世界中の観光客が訪れるシンガポール・ズーの魅力と見どころ

世界中の観光客が訪れ、シンガポールでも有数の観光地「シンガポール・ズー」。
日本でも、世界ふしぎ発見!などのテレビ番組でたびたびとりあげられています。

2018年トリップアドバイザー「トラベラーズ・チョイス・アワード」でも、動物園部門世界第3位に選ばれているんです。

シンガポールズーでは、動物たちの自然で生き生きとした姿を見ることができます。

今回はそんなシンガポール・ズーの魅力と見どころをお伝えします。
シンガポールを訪れた際にはぜひ訪れてみてください。

シンガポール・ズーのコンセプト

シンガポールズーでは「オープン・ズー(開かれた動物園)」をコンセプトに、檻や柵がほぼなく、動物たちが自然に近い形で生活しているのを見ることができます。

そうは言っても、動物園なんて日本でもいけるじゃないか、と心のどこかで思っていた僕でしたが、入園してすぐに、その考えはいい意味で裏切られました。

動物たちがとても生き生きとしている

入園してワニたちが見える橋を渡ると、人々が上を見上げています。
何かと思って探すと、小さなサルが何匹も、木の枝を飛び回っているではありませんか。

その姿は実に楽しそう。
見ている人の中には、なんとおしっこをかけられて笑っている方もいました。
こんな動物園来たことない、と期待は膨らみます。

オランウータンもとてものびのびしています。
いないいないばぁをして遊ぶ姿がとてもかわいい。

世界中の観光客が訪れるシンガポール・ズーの魅力と見どころ1

シンガポール・ズーと言えば、象のショー

そしてシンガポール・ズーに来たなら欠かせないのが、象のショーです。
象と人がまるで仲良く会話をするような様子が見られます。

世界中の観光客が訪れるシンガポール・ズーの魅力と見どころ2

こちらは人気のため、良い席で見たい場合は早めに行って、席取りをしましょう。
真ん中のボックスの前の方に座ると、餌やりもできる可能性があります。
この日は週末、開始5分前に着いたら、この状態で立ち見でした。

エサやり体験ができる

餌やり(Feeding time)も欠かせません。
ゾウガメの餌やりに参加することができました。

浦島太郎を軽々と乗せてしまいそうなほどの大きなカメが何匹もいる姿は圧巻。
実にのんびりした気分になります。

ゾウガメってプチトマトを食べるんですよ。w

世界中の観光客が訪れるシンガポール・ズーの魅力と見どころ3

シンガポール・ズーでは色々な動物の餌やりを見たり、体験したりできますが、実際に行ってみないと時間が分からないことも多いです。

動物とたくさんふれあいたい場合は、Rainforest Kidsworld内に行くと、ヤギに餌をあげたり、ウサギなどの小動物を触ることができます。

伸び伸び泳いでいるペンギン

ペンギンもは大きな水槽なので、水の中を飛んでいるように泳ぐ姿が見られます。

世界中の観光客が訪れるシンガポール・ズーの魅力と見どころ4

迫力がすごいホワイトタイガー

ホワイトタイガーは広々としたエリア内を歩きながら、獲物を狙うような目つきで観客を見ています。

ホワイトタイガーと私たちの間には小さな川があるのですが、その川など簡単に飛び越してしまうのではないかと、心配になってしまうほどです。

他にもさまざまな動物を見ることができます

他にも広々としたエリアでゆったりと過ごすキリンやシマウマ。
ガラス越しにこちらに迫ってくる姿が大迫力なヒョウ。

気持ちよさそうに寝るライオン。
なかなか見られない動物たちの様子がたっぷり見られます。

シンガポール・ズーのショーの内容と時間

人気のショーの内容と開催される時間は以下の通りです。

Splash safari

Splash safariはアシカのショーです。
ボールを鼻の上に乗せたり、しっぽで拍手をする姿がかわいいです。
前の方の席は濡れる可能性があるので要注意です。

開催時間:10:30~、17:00~

Animal Friends Show

Animal Friends Showはかつてペットだった犬や猫たちのショーです。
昔ながらの、猫とネズミの追いかけっこなども見ることができ、ショーの後には動物たちと写真を撮ることができます。

開催時間:11:00~、16:00~

Elephant presentation

Elephant presentationは先ほどもご紹介したショーです。
象が人の言うことを忠実に聞き、ときには人をからかう姿が見られ、ゾウの賢さに驚きます。

前述のとおり、非常に人気のあるショーなので、良い席で見たい場合は、早めに席を取るのがいいでしょう。

開催時間:11:30~、15:30~

Rainforests Fights Back Show

Rainforests Fights Back Showは熱帯雨林に住む動物たちのショーです。
大きな鳥が会場を飛ぶ姿が迫力がありますが、怖がって泣いている小さなお子さんもいました。

開催時間:12:30~、14:30~

※いずれのショーも所要時間は約20分です。

シンガポール・ズーの営業時間

シンガポールズーの営業時間は以下の通りです。

営業時間:8:30~18:00 (最終受付 17:30)
年中無休
※Rainforest Kidsworld 9:00~18:00  ウォータープレイエリアは17:30で終了。

シンガポール・ズーの料金

大人37ドル、子供25ドル。

チケットを買うなら、チケットカウンターではなく、ホームページ(https://www.wrs.com.sg/en/singapore-zoo.html)がおススメです。
時期によって、いろいろなプロモーションをしています。

ちなみに現在(2019.5月)は、ホームページからチケットを買うと、平日10%OFF、ピーク時5%OFFとなっています。
入場ゲートでスマホ画面を見せればいいので、チケットカウンターに並ばなくていいのも安心です。

また、シンガポール・ズーの周り(徒歩圏内)にはナイトサファリ、リバーサファリがあり、少し離れた場所(車で20分程度)にはジュロンバードパークがあります。

この4つのパークを巡るパックチケット(大人80ドル、子供60ドル)、またはシンガポール・ズーともう一つパークを選んで2つのパークを巡れるパックチケット(大人60-70ドル、子供40-50ドル)もあります。

シンガポールズー5%オフ入場チケット(園内トラム乗車券付)

シンガポール・ズーのアクセス

シティからはタクシーで約30分、30ドル程度です。
バスなどで行く方法もありますが、時間や手軽さを考えると、タクシーで行くのが良いでしょう。

シンガポール・ズーの注意点

とにかく暑いです。レストラン等以外はあまり屋根がありません。
そのため、帽子、日焼け止め、虫よけ、水分は必須です。

シンガポールは突然の大雨にあうこともよくありますので、万一のときのために傘も準備しておくといいでしょう。

おわりに

シンガポール・ズーでは、どの動物たちもストレスなく自然に過ごしているため、動物本来の魅力を楽しむことができます。

檻や柵がほとんどないので、自分も動物たちと一体になっているような感覚を味わうことができます。

シティから離れているためアクセスは悪いですが、シンガポールに来たら、ぜひ訪れてみてくださいね。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック