海外旅行

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】2


シンガポールにあるホテル「マリーナベイサンズ」。ご存知の方も多いと思います。
57階にはシンガポールの街並みを一望できる「インフィニティプール」という名前のプールがあるんです。

ただし、マリーナベイサンズのプールはプールだけ入ることはできません。
今回はプールの入場条件や営業時間など詳しく紹介したいと思います。

マリーナベイサンズのプール

マリーナベイサンズのプールはちょっと温めですが、シンガポールは年中暖かい(年間平均気温は26~27度)のであまり気になりません。

このプールと言えば、やっぱり高層ビルの景色。
地上200メートルの高さからの景色は他ではなかな味わうことができません。
天気がいい日にはプールサイドのラウンジチェアで日光浴するのも気持ちいいですよ。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】1

夕方から夜にかけての景色は昼間とはまた違い、ロマンチックな空間に。
ただし、夜はお客さんも多いので、ゆっくりできないことも。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】2 マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】3

マリーナベイサンズ公式HPより引用

マリーナベイサンズのプール入場条件【宿泊者以外入ることはできない】

マリーナベイサンズのプールに入るには宿泊している部屋のカードキーが必要です。
と言うことは、つまり宿泊者以外は入ることができません。

しかも、めんどうくさいことに一人1枚ずついるんです。こどもでも必要です。
宿泊客はこどもも含め、全員に一枚ずつカードキーが渡されますので、プールに行く際には必ず持参しましょう。

プールの入り口では「ルームキー」をゲートにかざすと入場できる仕組みです。
ホテルの従業員もがいるので、無理やり突破することはできません。w
また、チェックアウト後にプールを使用することもできません。

後ほどご紹介しますが、マリーナベイサンズの展望台へは宿泊しなくても行くことができます。
ちょっと物足りませんが、シンガポールを一望することはできますよ。

マリーナベイサンズのプールに入るのにかかる費用

先ほどお話ししたように、マリーナベイサンズのプールはプールだけで入ることはできません。
宿泊しないといけません。宿泊すれば無料で入場することができます。
ですのでプールに入るのにかかる費用=宿泊料金ですね。

宿泊料金は一泊2万5千円くらい~10万円を越えるようなスイートルームまで様々ありますが、どの部屋でもプールに入る権利は得られます。



プールへの行き方

マリーナベイサンズのプールは57階にあります。
55階でエレベーターを乗り換え、57階まで上がると、そこにプールはあります。

21階より下の階からは、22階で高層階用のエレベーターに乗り換える必要があるため、計2回乗り換えなければなりません。

※マリーナベイサンズには3つのタワーがありますが、どのタワーからでもプールへ行くことができます。

プールへ行くときの服装・持ち物

プールの周りに着替えができるところはありません。
水着に着替えて、バスローブを着ていくのが定番?あです。
もちろん、水着の上に普通の服を着て行っても構いませんよ。

タオルはプールサイドでもらえるので、持っていかなくても大丈夫です。
プールサイドで飲食する場合もルームNo.とサインだけでOKなので、お金を持っていく必要もありません。

もし水着を忘れても、屋上で水着の販売がされているのでご安心を。
日焼け止めなどの販売もあります。

プールの営業時間

プールは毎日6時~11時まで営業しています。
ねらい目は朝早い時間。
夕方以降は大勢のお客さんで賑わっています。場所取りも大変です。

プールサイドで飲食ができる

プールサイドでは毎日7時~22時まで飲食を楽しむことができるんです。
スタッフに声をかけると、メニューを持ってきてくれます

軽食やアルコール飲料、ソフトドリンクを頼むことができます。(モーニングメニューもあり)
ルームNo.とサインをするだけで、支払いはチェックアクト時に請求されるので、プールにお金を持っていかなくても飲食可能です。

マリーナベイサンズのプールは落ちることはないの?

マリーナベイサンズのプールの先端には溝があり、柵があります。
自ら落ちに行くことがとがない限り、落ちることはないでしょう。
こども用プールにはさらに透明の高い壁があるので安心です。

真下が見えないので、高所恐怖症の人でも恐怖を感じにくいですよ。
高所恐怖症の僕も安心して遊べましたよ。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】4

マリーナベイサンズの展望台へは宿泊者以外でも行くことができる

宿泊するのはちょっと予算が・・・という方に朗報です。

マリーナベイサンズのプールの横にある展望台へは、宿泊者以外も行くことができます。
以下の画像の赤丸の部分ですね。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】5

ホテルタワー3の1階車寄せから地下1階に降りるとチケット売り場があります。
そこで展望台スカイパークチケットを購入し、専用エレベーターで展望台へ向かいます。
チケットは大人23シンガポールドル、こども(2~12歳)17シンガポールドルで一回入場できます。

通常は一回限りですが、以下のチケットは1日パスですので、日中と夜の二つの景色を楽しむことができます。
また、バスの1日乗車券とホテルの送迎も含まれます。
【シンガポール市内観光】オープントップバス1日乗車券+サンズ・スカイパーク展望デッキ入場券<1日パス>

展望台の営業時間

月曜ー木曜 午前9:30~午後10時まで
金曜ー日曜 午前9:30~午後11時まで

展望台からは「マーライオン」や巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」、人口の滝がある「クラウドフォレスト」などシンガポールが一望できます。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】6

柵があるので安心ですが、下を見るとけっこう怖いです。

マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】7 マリーナベイサンズはプールだけ入れない【時間や入場条件など徹底解説】8

 

 

 

 

 

 

 

 

マーライオン写ってますが小さいですね。笑
どこかわかりましたでしょうか?笑
これより左はマリーナベイサンズのタワーとプールがあるのでよく見えません。

おわりに

今回はシンガポールにあるホテル「マリーナベイサンズ」のプールをご紹介しました。

宿泊しないと入ることができないのが残念ですが、お金を出してでも入る価値はありますので、シンガポールに行かれる際にはぜひ。

そこまでお金を出せないという方も展望台には行ってみてくださいね。

以下の記事ではマーライオン近くの夜遊びスポット「クラークキー」をご紹介しています。
ぜひご覧ください。

【シンガポール】クラークキーのおすすめ観光&夜遊びを半日で満喫6
【シンガポール】クラークキーのおすすめ観光&夜遊びを半日で満喫シンガポールの有名な観光&夜遊びスポットの「クラークキー」。 「マーライオン」や「マリーナベイサンズ」から川沿いに歩いて行くと現れる観...

以下の記事ではかの有名なマーライオンについてご紹介しています。
ぜひご覧ください。

シンガポール観光といえばマーライオン【由来や行き方など】7
シンガポール観光といえばマーライオン【由来や行き方など】シンガポール観光といえば一番に「マーライオン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 世界三大がっかりスポットと言われること...

シンガポールが飽きたという方にはシンガポールから気軽に行けて、リゾート感を味わえるビンタン島がおすすめ。
以下の記事ではビンタン島で楽しめるマングローブツアーやゴルフ、バギーライド、ビーチアクティビティなどをご紹介しています。

ビンタン島で楽しめるアクティビティ【シンガポールから日帰り可】3
日帰り観光もできるビンタン島まとめ【シンガポールから行くリゾート】シンガポールから気軽に行けるビンタン島。 フェリーで片道一時間ほどで行くことができるので、日帰りでマリンアクティビティやゴルフを楽しむ...
ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック