海外旅行

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】

【台北【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】2銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】2


台北に夜中に着いて、ホテルに泊まるにはもったいない。
もしくは夜中出発の飛行機に乗る前に、お風呂に入ってさっぱりしたい。

そんな方におすすめなのが24時間営業の銭湯「亜太サウナ(台湾では亜太三温暖と書きます)」です。
今回は低価格で食事までできる亜太サウナをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

台湾・新北投温泉街にある公衆浴場「千禧湯」へ行ってみた2
台湾・新北投温泉街にある公衆浴場「千禧湯」へ行ってみた実は「台湾」は100ヶ所以上もの温泉地がある温泉大国なんです。 そう聞くと、日本人としては台湾の温泉はどんなものか気になりますよね? ...

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】

それでは、24時間営業の台北の銭湯「亜太サウナ(亜太三温暖)」は以下の写真のニトリの入ってるビルの手前にちょこっと写ってる建物の中に亜太サウナはあります。
「微風南京」というデパートの15階にあります。
隣りの建物にはIKEAやニトリが入っています。
夜にはデパートは閉店していますが、南京東路に面した所から中に入ることができます。

15階で受付をし、ロッカーのカギを受け取って、中に入ります。
支払いは最後。日本のスーパー銭湯に入るような感じです。

亜太サウナのお風呂

お風呂はめっちゃ広いです。
しかも僕らが行ったときは他に客は数人しかいませんでした。
夜中の2時とかなんでそんなもんなのかもしれないですが。w

歯ブラシや髭剃りもあるので、手ぶらでも大丈夫ですよ。

ここがメインのお風呂です。熱すぎて肌がピリピリします。
ほんの数分しか入ってられませんでした。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】1

こちらは水風呂。メインのお風呂より広いです。泳げます。w
日本の水風呂と違ってぬるいので、ゆっくり入れます。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】2

こちらがサウナ。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】3

亜太サウナHPより引用

食事もできる亜太サウナ

有料で食事やアルコールの用意があります。
チャーハンや麺類などレストラン並みに食事の種類があり、200元(約720円)くらい~食べることができます。
アルコールはビールで100元(約360円)くらいだったと思います。
コーラなどのジュースやお茶はセルフですが無料。

ここがご飯を食べたり、パソコンをいじったり、スマホをいじったりできるゾーンです。
Wi-Fiも使えるのがありがたい。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】6

亜太サウナHPより引用

仮眠室

仮眠室もめっちゃ広いです。
2時とかなのもあるでしょうが寝てる人はけっこういました。
ソファベットと二段ベットがあります。
本格的に寝るならやっぱり二段ベットですね。

こちらがソファベット。みんなスマホを見ながら寝てました。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】4

ゆっくり寝たい方は二段ベットがオススメ。
長時間でなければホテルに泊まるのももったいない。こちらで十分です。

【台北銭湯】24時間営業の亜太サウナ(亜太三温暖)【食事もできる】5

亜太サウナHPより引用

亜太サウナの料金

12時間滞在できて、入場料600元+くつ磨き料100元=700元(約2,500円)です。
仮眠室で寝れることを考えるとホテルに比べて、かなりお得感がありますね。
有料で食事やお酒も楽しめます。

亜太サウナのアクセス

亜太サウナはMRT松山新店線の「南京復興駅」と「台北小巨蛋駅(たいぺいしょうきょたん。もしくは台北アリーナとも呼ぶ)」の間にあります。
南京復興駅から徒歩5分。台北小巨蛋駅からは徒歩3分。

台北駅から行く場合、歩くのには少し遠いので(約4km)、タクシーで行くのがいいでしょう。
僕らは桃園空港で拾ったタクシーで直で行きましたが、3,000円くらいでしたよ。

Googleマップで「亜太サウナ」と検索すると出てきます。

おわりに

今回は台北にある「亜太サウナ」をご紹介しました。
中途半端な時間に台北に着いてしまった場合には、ホテルより安くて、ゆっくりできるのでおすすめです。
ぜひ行ってみてください。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック