旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

台湾にある九份の歴史と観光の見どころ!幻想的な景色を見に行こう!

世界的にも有名な観光スポットである台湾の九份ジョウフン(日本語読みはキュウフン)。

ジブリの映画「千と千尋の神隠し」の舞台になったと言われており、日本人にも大人気の観光地です。

見どころは「阿妹茶あめおちゃ酒館」、提灯ちょうちんが並ぶ「九份老街」などの幻想的な風景。

九份ジョウフンは古い歴史と新しい文化が融合している場所なので、ぜひ歴史についても知っておきましょう。

今回は台湾の代表的な観光スポットである「九份の歴史と見どころ」をご紹介していきます。

ショッティ
ショッティ
九份の歴史と見どころを知って、より観光を楽しもう

以下の記事では、台北で絶対に訪れたい観光スポット、台北に行くなら知っておきたい役立ち情報を11選として紹介してますので、あわせてご覧ください→【2019年】台北観光で絶対に訪れたいスポット&役立ち情報11選

九份が台湾を代表する観光スポットになった歴史

それでは、九份が台湾を代表する観光スポットになった歴史を説明していきます。

九份は、元々は台湾の北部に位置する山にある特に何もない町でした。

1644年頃には、この土地には9世帯しかなく、生活品を買い物するときにはいつも9等分したいたことからこの土地が「九份」という呼び名になりました(諸説あります)。

ショッティ
ショッティ
元々は9世帯しかなくて、九份は今ほど発展していなかったんだ。

1900年代に入ると、金鉱が発掘され、町が賑わい活気が出てきます。

当時の台湾は日本に統治されていたため、当時建てられた建物は、どこか日本を感じられる建物になっています。九份の所々に日本風の建物があるのを探してみるとおもしろいですよ。

現代に近づくにつれて、徐々に金鉱の採掘量が減り、閉山を迎え、人々の活気もなくなります。

しかし、1990年頃にジブリの映画「千と千尋の神隠し」の舞台として利用され、観光地として町を整備し、Wi-Fiや技術面などの環境を向上したことで、世界中から観光客を呼び込むことに成功しました。

ショッティ
ショッティ
上記の歴史を背景に、現在では、日本人では九份を知らない人はいないぐらいの台湾を代表する観光地となりました。

そして、九份で驚くことに、台湾人の高齢者は日本語を話すことができます。台湾は日本に統治されていたということは先ほど述べましたが、当時は学校で日本語を教えていたのです。

上記のような歴史を感じられる体験をできるのも九份の醍醐味ではないでしょうか。
「幻想的なナイト九份+夕日」と「十分でランタン天燈上げ体験」充実ツアーはコチラ

台湾・九份の観光の見どころ

台湾の九份の見どころはズバリ「阿妹茶あめおちゃ酒館」、提灯ちょうちんが並ぶ「九份老街」。

千と千尋のモデルにもなったと言われる「阿妹茶あめおちゃ酒館」、提灯ちょうちんが並ぶ九份老街は、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気が漂っています。

台湾の九份にある「阿妹茶酒館」1台湾の九份にある「阿妹茶酒館」2

九份には夕方もしくは暗くなる直前を狙って行くのがおすすめ。

夕暮れもしくは夜には、とても幻想的で映画の中に来たのではないかと思えるぐらいの景色を味わうことができます。美しいです。

台湾の九份にある「阿妹茶酒館」の夜景

タビナカより引用

提灯の明かりや光に照らされている建物、人の声や食事をしている音などが「千と千尋の神隠し」と同じで、見ているだけでワクワクします。ぜひ夕方から夜の九份を見に行ってください。

台湾の九份にある「阿妹茶酒館」の夜景2台湾の九份にある「阿妹茶酒館」の夜景3

また、九份は山の上にあるため、高いところから眺める景色も最高です。

九份の歴史や景色を楽しみながら、台湾のスイーツを食べる。もしくは台湾料理を食べるということも楽しみの一つ。

山ということもあり、天候が変わりやすいので、折りたたみ傘やカッパを持っていった方が良いでしょう。

「幻想的なナイト九份+夕日」と「十分でランタン天燈上げ体験」充実ツアーはコチラ


台湾・九份の場所と移動手段

九份の場所は台湾の大都市「台北市」から約2時間の場所にあります。

九份までの移動手段には、バス、地下鉄、タクシーを使うのが便利です。

バスでは台北市内の忠孝復興駅から「九份行き」があるのでそれを利用します。金額は115元(約540円)。

ショッティ
ショッティ
西門から高速バスに乗って行くこともできるよ。

お金は、現金で乗車時に支払いを済ませます(台湾の電子カードを使って支払うことも可能)。

台北からのバスに乗ると直接九份まで行くことができますが、台湾のバスは運転が荒いため、あまりおすすめできません。

電車でも金額はあまり変わりません。何よりも運転が荒くないため、気持ちよく現地に着くことができるというメリットがあります。

ただし、電車では駅に到着後、九份まではバスかタクシーを利用します。九份は山の上にあるため歩いて行くことはできません。

台北市内からタクシーで行く場合でも、片道3,000円ほどで九份まで行けるので、人数が多い場合にはタクシーで行くのもいいでしょう。

「幻想的なナイト九份+夕日」と「十分でランタン天燈上げ体験」充実ツアーはコチラ

台湾にある「九份の歴史と観光の見どころ」まとめ

今回は、台湾の観光スポット「九份の歴史と見どころ」などをご紹介しました。

九份は元々は9世帯しかない特に何もない町でしたが、1900年代に金鉱が採掘されるようになり、町が賑わい、現在のような観光地になりました。

見どころは「阿妹茶あめおちゃ酒館」、提灯ちょうちんが並ぶ「九份老街」の幻想的な風景。どこか懐かしさを感じさせる雰囲気が漂っています。

九份の幻想的で美しい景色や雰囲気を味わうのはやはり現地に行くしかありません。

見頃の時間帯は、提灯がライトアップされる夕方から夜の時間帯です。ぜひ夜の九份を見に行ってください。

台北から九份への移動はバスが楽ですが、運転が荒く気持ちよくないため、電車がおすすめ。

少しお金を使える人はタクシーや以下のようなツアーで行くのも楽でおすすめです。

「幻想的なナイト九份+夕日」と「十分でランタン天燈上げ体験」充実ツアーはコチラ

【2019年】台北観光で絶対に訪れたいスポット&役立ち情報11選日本から数時間で行くことができる「台北」。台湾の第一の都市で、日本からの観光客もたくさん。 台北には多くの観光スポットがあるので、...
ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック