旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

国内旅行

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】

奄美大島のローカルフード「鶏飯(けいはん)」。
奄美に着いて、すぐ鶏飯(けいはん)を食べたい。
飛行機乗る前にあまり時間ないけど食べたい。と考える方も多いと思います。

奄美で鶏飯を食べるならどこ?と地元の人に聞くと「みなとや」、「ひさ倉」、「鳥しん」の名前が挙がってきます。
ガイドブックにもよく挙げられてるお店です。

その中の「みなとや」だけは空港から車で10分ほどで行けるので、奄美に着いてすぐ行けますし、帰る前のちょっとした時間で寄ることができます。

その「みなとや」に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

奄美で魚料理なら「番屋」がおすすめ【地元でも人気の海鮮料理屋】1
奄美で魚料理なら「番屋」がおすすめ【地元でも人気の海鮮料理屋】海に囲まれた奄美大島では新鮮な魚を食べることができます。 せっかくなので、美味しい海鮮料理を食べたいと思いませんか? 食べログで...
奄美大島の海といえば「土盛海岸」【奄美で一番綺麗な海】5
一泊二日で楽しむ奄美観光10選【奄美東側の観光まとめ】先日、一泊二日で奄美大島に旅行へ行ってきました。 「一泊二日って短くない?」と思われるかもしれません。 たしかに二日だけでは奄美...

 

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】

今から空港近くで鶏飯を食べれる「みなとや」を詳しく紹介していきます。

鶏飯とは

元々は江戸時代に役人をもてなすために作られた鶏肉の炊き込みごはんが「鶏飯」でした。

「みなとや」の初代店主がアレンジを加えてできたのが、ごはんに具材をのせ、鶏スープをかけて食べる現在の奄美大島の郷土料理の鶏飯です。
それゆえ、「みなとや」が鶏飯の発祥の店と言われています。

鶏飯はご飯に、鶏肉、錦糸卵、ネギ、海苔などをのせ、鶏のスープをかけて食べる料理です。
鶏のスープで食べるお茶漬けといったイメージでしょうか。

僕は現地で料理が目の前に出てくるまでは「牛丼」とか「チャーハン」のような「丼」で出てくるのを想像してましたが、実際はご飯と具材を茶碗に入れて、食べます。

「地元の人が3杯くらいは余裕で食べれる」って言ってたのはそういうことだったのかと後から気づきました。

元祖鶏飯「みなとや」

昭和21年に創業した歴史のある鶏飯専門店。
たたずまいからして、美味しそうな雰囲気が漂っています。

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】1

左手にある立派なモニュメント。儲かっているのでしょう。w

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】2

このモニュメントの左に駐車場があります。
白線などないので適当に駐車する感じです。他の方の迷惑にならないよう停めましょう。
だいたい10台くらい停めれます。

中に入ると、貝や焼き物が置かれています。
価格が書いてあったので、販売しているようです。

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】3

僕らが来店したのは土曜のお昼12時くらい。
意外にもお客さんはそこまで多くありませんでしたので、すぐに席に着くことができました。
テーブルから埋められるようで、来る人はだいたいテーブルに案内されていました。

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】4

「みなとや」では地産の鶏を丸ごと使ってスープを作っているそうです。
その日に作ったものしか使わず、営業時間は15時までですが、スープがなくなったら閉店です。
地元の人いわく、「駐車所も少ないし、スープがなくなったら終わりやから早めに行った方がいいよ」とのこと。

鶏飯一人前は1,000円です。ご飯、スープ、具材が含まれています。
ご飯もスープも追加料金を払えば追加してもらえます。
子供用の小さめな鶏飯(500円)もありました。

当日はオーダーをして、5分ほどすると、「鶏飯」が運ばれてきました。
ご飯のはいったおひつ、鶏を使って取ったスープ、具材(茹でられた鶏肉、錦糸卵、ネギ、しいたけ、海苔、大根の漬物、みかんの皮)です。
以下の写真のように茶碗に半分くらいご飯を入れ、好きな具材を載せます。

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】5

スープは、新鮮な地元の鶏を丸ごと煮込んだ後、鶏を取り出して、そこに塩と醤油をで味を調えています。
コクがあるんですが、あっさりとして、非常に透き通った綺麗なスープです

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】6

そのスープをさきほど茶碗に盛ったごはんと具材にかけて、できあがりです。

空港近くで鶏飯なら「みなとや」【奄美に着いてすぐ&帰る前に行ける店】7

とにかくこの鶏スープが美味しいんです。コクのあるお茶漬けを食べているようです。
具なしでご飯にスープだけでも美味しく食べられます。
ただし、ちょっとだけ塩辛いので、スープの入れ過ぎには注意しましょう。

めっちゃ美味しかったこともあり、さらっと3~4杯食べれました。
スープが余ったので、ご飯の追加までしちゃいました。w

追加時の金額ははっきり覚えてませんが、たしか300円とか500円くらいだったと思います。

鶏飯を帰っても食べたいという方は家庭で簡単に作れるフリーズドライなどもあるようですので試してみてください。

「みなとや」の鶏飯以外のメニュー

「みなとや」では鶏飯以外のメニューは多いとは言えません。

鶏皮の炙り焼き(300円)、豚のみそ漬け(300円)、猪肉炙り焼き(700円)もずく(300円)など。食べてはないのですが、猪肉炙り焼きが気になります。w

ドリンクはパッションフルーツジュースや奄美の名産の「みき(白米・砂糖・さつまいもで作る、奄美の伝統的飲み物)」などのソフトドリンク。
種類は少ないですが、ビールや焼酎、ハブ酒などのアルコールもあります。

「みなとや」の詳細とアクセス

お店の詳細とアクセスは以下の通りです。
車だと空港から10分程度ですが、11kmありますので、歩いてではちょっと遠いです。

元祖鶏飯みなとや
〒894-0513 鹿児島県奄美市笠利町外金久81(空港から約11km/10分程度)
11:00~15:00頃(ラストオーダー14:30) ※材料がなくなったら終了
席数:テーブル24席、掘りごたつ式座敷64席
駐車場:約10台
定休日:不定休

元祖 みなとやホームページ

おわりに

空港から近く、着いてすぐ行ける、帰り際にも寄ることができる「みなとや」をご紹介しました。
地元の人に聞いても一番おいしいとの呼び声も高いです。
皇室も認めたという鶏飯を食べてみてはいかがでしょうか?

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック