観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

プーケット

プーケットタウン観光の楽しみ方・行き方など

最近、急速に人気が出てきたリゾート「プーケット」。プーケットは世界から年間数千万人もの観光客が訪れる人気の観光地です。

プーケット島の中心には「プーケットタウン」というオシャレでカラフルな街並みがあります。

ショッティ
ショッティ
プーケットタウンはプーケット観光で欠かせない場所だよ。

今回は、東南アジアでも随一のリゾート地「プーケット」のおすすめの観光地「プーケットタウン」の楽しみ方や行き方などを詳しくご紹介します。

ショッティ
ショッティ
プーケットタウンを詳しく紹介するね。

以下の記事では、プーケットタウン以外にもプーケットの観光スポットをご紹介してますので、合わせてご覧ください→プーケットで訪れたい観光スポット6選!定番からマニアックなところまで!

観光の中心「プーケットタウン」とはどんなところ?

プーケットタウンとは、プーケット島のちょうど真ん中に位置し、西洋の建物と中国の建物が融合したような街でおしゃれでカラフルな街。

プーケットタウン観光!楽しみ方、行き方などをご紹介2

4travelより引用

別名オールドタウンとも言われ、名前の通り、古くから残された建物が19世紀に建てられた建物が並ぶエリアです。

プーケットタウン(オールドタウン)は全部で7つの道のことを指しています。道沿いには、おしゃれなカフェやお土産屋、ショッピングモールなどがあり、女性に大人気のエリアです。

以下が7つの道の名前です。

  • パンガーロード
  • タランロード
  • ラサダーロード
  • ヤオワラートロード
  • クラビロード
  • ロマニーロード
  • ディブックロード

他にはイミグレーションや運転免許センター、税関、郵便局などプーケットタウンは行政の中心地でもあります。

【プーケット】オールドタウン散策ツアーを今すぐ予約するならコチラ!本格高級タイ料理ランチ付き!《日本語ガイド+往復送迎付き》

プーケットタウン散策だけじゃない!夕日が美しいと言われるプーケット最南端のプロンテープ岬、象乗り体験観光も合わせたツアーを今すぐよ予約するならコチラ!

プーケットタウンの楽しみ方(おすすめのやるべきこと、行くべき場所)

プーケットタウンがどんなところか少しはイメージついたと思います。

続いて、プーケットタウンの楽しみ方(おすすめのやるべきこと、行くべき場所)をご紹介していきます。

プーケットタウンでおすすめのやるべきこと、行くべき場所は以下の通りです。

  • カラフルな街並みで写真撮影ができる「アートストリート」
  • 雑貨屋・お土産屋巡りができる「タランロード」
  • プーケットの中国文化を知れる「タイファミュージアム」
  • アジアらしさを感じられる「ナイトマーケット」

簡単にご説明します。

1つ目は「カラフルな街並みでの写真撮影」。プーケットタウンにはたくさんのアーティストが壁画を描いたアートストリートという場所があります。

カラフルでおしゃれなエリアがあります。インスタグラムやブログなどでも多くの方が投稿し、話題の人気スポットなっています。

2つ目は「雑貨屋・お土産屋巡り」。プーケットタウンには数多くのお店があり、ローカルなお店からおしゃれでインスタ映えなお店まであります。

タイらしい雑貨屋やお土産屋でおすすめの店は「TWINHA PHUKET、PHU-THALANG、TWINHA PHUKET」 などです。これらはプーケットタウンには中心の通りであるタランロード沿いにあるのでわかりやすいです。

おしゃれな帽子やワンピース、手作りのカゴバックなどが販売されており、お土産におすすめ。

ぼったくられることはほぼありませんが、値引き交渉にも快く聞き入れてくれることが多いのでお忘れなく。

3つ目は「タイファミュージアム」。簡単に言うと、プーケットの中国文化を紹介する博物館のこと。

中国の福建省ふっけんしょうから渡ってきた移民とプーケットで以前採掘されていたすず(金属のスズのこと)の歴史などの書物や写真などが飾れています。

プーケットの土地の歴史を知るというのも旅の1つだと思いませんか?

最後の4つ目は「ナイトマーケット」。ナイトマーケットに行くと、アジアらしさを感じられるので楽しいです。おすすめ。

プーケットタウンで開催されているナイトマーケットは大きく3つ。曜日によって、開催されるかされないかがあるので注意してください。

  • ナカウィーケンドマーケット
  • チルバ・マーケット
  • プーケットオールドタウンサンデーマーケット

「ナカウィーケンドマーケット」はプーケット最大のナイトマーケット。

プーケットタウン観光!楽しみ方、行き方などをご紹介1

ローカルな食べ物お店から服屋さん、雑貨屋さんなどが点在し全部回るのに3時間ほどかかるともいわれているほど広大なナイトマーケットです。

ナカウィーケンドマーケット
【開催時間】16時~21時
【開催曜日】金、土、日
【開催場所】セントラルフェスティバル(ショッピングモール)の南側

「チルバ・マーケット」はジャンルが様々でおしゃれなお店が並ぶナイトマーケットです。

特に古着屋さんやバーなどがたくさん並んでいます。地元の若者が多く、開催日にはとてもにぎわっています。

古着のみと全部のナイトマーケットが曜日ごとに分かれているので注意してください。

チルバ・マーケット
【開催時間】17時~23時
【開催曜日】古着は月、火。全部は水、木、土、日。
【開催場所】ヤオワラートロード

プーケットオールドタウンサンデーマーケットは名前の通り日曜日のみ行われているナイトマーケット。

プーケットタウン観光!楽しみ方、行き方などをご紹介

ローカルフードや雑貨屋さんはもちろん、他にはないタイ舞踊や楽器の演奏などが行われており、一番もり上がっているナイトマーケットです。

プーケットオールドタウンサンデーマーケット
【開催時間】17時~21時
【開催曜日】日
【開催場所】タランロード

プーケットタウンには、以上のような楽しみ方や楽しめるスポットがあるので参考にしてみてください。

【プーケット】オールドタウン散策ツアーを今すぐ予約するならコチラ!本格高級タイ料理ランチ付き!《日本語ガイド+往復送迎付き》

プーケットタウン散策だけじゃない!夕日が美しいと言われるプーケット最南端のプロンテープ岬、象乗り体験観光も合わせたツアーを今すぐよ予約するならコチラ!

中心部からプーケットタウンへの行き方

プーケットタウンへの行き方ですが、タクシーやトゥクトゥク乗り合いバスがおすすめになります。

プーケット中心地のパトンビーチからだと約30分ほどで行くことが可能です。

タクシーやGrab、トゥクトゥクだと500バーツ(日本円で約1800円)、乗り合いバスだと約50バーツ(日本円で約180円)です。

どれも時間はそこまで変わりませんが、気軽に行きたい、お金をかけてもいいという方はタクシーやトゥクトゥクが楽ですし、ストレスがなくて、おすすめ。

プーケットタウン観光!楽しみ方、行き方などまとめ

プーケットのおすすめ観光スポット「プーケットタウン」をご紹介しました。

昔ながらのおしゃれでカラフルな街並みを見られるので散歩するだけでも楽しい観光スポットがプーケットタウンです。

朝から夜まで観光を楽しめるので、旅を充実させるためにも是非プーケットタウンを訪れてみて下さい。

【プーケット】オールドタウン散策ツアーを今すぐ予約するならコチラ!本格高級タイ料理ランチ付き!《日本語ガイド+往復送迎付き》

プーケットタウン散策だけじゃない!夕日が美しいと言われるプーケット最南端のプロンテープ岬、象乗り体験観光も合わせたツアーを今すぐよ予約するならコチラ!

プーケットの高級リゾートエリア「ラグーナ・プーケット」を散策2
プーケットで訪れたい観光スポット6選!定番からマニアックなところまで!最近、急速に人気が出てきたリゾート「プーケット」。世界から年間数千万人もの観光客が訪れる人気の観光地です。 プーケットはビーチリゾ...