観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

プーケット

プーケットで訪れたい観光スポット6選!定番からマニアックなところまで!

最近、急速に人気が出てきたリゾート「プーケット」。世界から年間数千万人もの観光客が訪れる人気の観光地です。

プーケットはビーチリゾートのイメージが強いかもしれませんが、ビーチだけではありません。

自然を存分に味わえるアクティビィや象乗り、トラとの写真撮影、ナイトクラブなどさまざまな楽しみ方があります。

今回は、プーケットでぜひ訪れたい観光スポット6選をご紹介します。

ショッティ
ショッティ
定番の観光スポットからマニアックなところまで紹介するね。

以下の記事では、プーケットから船で行ける「ピピ島」の観光について、詳しく書いてますので、合わせてご覧ください→プーケットから行く絶景「ピピ島」!おすすめ観光スポットや行き方など徹底解説!

プーケットで訪れたい観光スポット6選

それでは、プーケットで訪れたい観光スポット6選をご紹介していきます。

ショッティ
ショッティ
プーケット観光の参考にしてね。

プーケットタウン観光の楽しみ方・行き方など

プーケットタウンとは、プーケット島のちょうど真ん中に位置し、西洋の建物と中国の建物が融合したような街でおしゃれでカラフルな街。

プーケットタウン観光!楽しみ方、行き方などをご紹介2

4travelより引用

別名オールドタウンとも言われ、名前の通り、古くから残された建物が19世紀に建てられた建物が並ぶエリアです。

プーケットタウン(オールドタウン)は全部で7つの道のことを指しています。道沿いには、おしゃれなカフェやお土産屋、ショッピングモールなどがあり、女性に大人気のエリアです。

プーケットタウンでおすすめのやるべきこと、行くべき場所は以下の通りです。

  • カラフルな街並みで写真撮影ができる「アートストリート」
  • 雑貨屋・お土産屋巡りができる「タランロード」
  • プーケットの中国文化を知れる「タイファミュージアム」
  • アジアらしさを感じられる「ナイトマーケット」

プーケット中心地のパトンビーチからだと約30分ほどで行くことが可能です。タクシーやトゥクトゥク乗り合いバスがおすすめ。

以下の記事では、「プーケットタウンの楽しみ方や行き方など」をより詳しく書いてますので、合わせてご覧ください→プーケットタウン観光の楽しみ方・行き方などをご紹介

タイガーキングダムの楽しみ方

プーケットには、トラと触れ合ったり、写真を撮ったりできる「タイガーキングダム」があります。

タイガーキングダムとはおりの中でトラと触れ合ったり、写真撮影をすることができるスポット。赤ちゃんから大きい大人のサイズのトラまで選ぶことが可能。

【プーケット】タイガーキングダムの楽しみ方、料金や行き方など

出典 : https://www.blueisland-phuket.com/tigerkingdom.html

ショッティ
ショッティ
プーケット旅行での貴重な思い出の一つになるのは間違いないよ。

タイガーキングダムでの楽しみ方は以下の4つです。

  • 真横でトラと写真を撮れる
  • トラと実際に触れあうことができる
  • トラを見ながら食事ができる
  • お土産屋さんがあり、トラのお土産を買うことができる

トラと触れ合えるだけでなく、食事が出来たり、お土産も買うことができるので半日は十分楽しめるスポットです。

以下の記事では、タイガーキングダムの楽しみ方だけでなく、料金や中心部からの行き方をより詳しく書いてますので、合わせてご覧ください→【プーケット】タイガーキングダムの楽しみ方、料金や行き方など

プーケットでアクティビティ三昧(象乗り、ジップライン、バギー、ラフティングなど)

プーケットの中心部から車で約2時間、バンカー湾近くで大自然を思いっきり楽しめるアクティビティがあると聞き、一日ツアーに参加してきました。

モンキーケイブで巨大な涅槃(ねはん)像を拝観した後、象乗り体験、ジップライン、自然の川を下るラフティング、ATVバギーなど日本では考えられないくらいスリル満点でワイルドな体験でした。

プーケットで象乗り、ジップライン、バギー、ラフティングなどアクティビティ三昧4
ショッティ
ショッティ
プーケットでしっかりアクティビティを楽しみたいという方にはおすすめのツアーだよ。

ネットで前もって予約でき、昼食付きで一人2,000バー ツ(約7,000円)です。ホテルまで迎えに来てくれ、ペットボトルの水ももらえます。

カテゴリーランキング1位】ラフティング+サファリ村で象乗り体験+ATVバギー+ジップラインでプーケットを遊び尽くす!予約はコチラ!

ちょっと高いなと思うかもしれませんが、日本で同じことやろうとすると、一万円は余裕で越えるでしょうからお得ですよ。

以下の記事では、プーケットのアクティビティツアーについて、より詳しく書いてますので、合わせてご覧ください→プーケットでアクティビティ三昧(象乗り、ジップライン、バギー、ラフティングなど)

プーケットで夜遊びするなら人気の「タイガーナイトクラブ」

バングラー通りにある老舗有名クラブ「タイガーナイトクラブ」。巨大な虎のオブジェが目印です。

プーケットで最も歴史のあるクラブで、フロアのサイズも最大。入場料金は一人500バーツ(約1,750円)。飲み放題、食べ放題の料金なので、かなりお得です。

プーケットで夜遊びするなら人気の「タイガーナイトクラブ」1

地元の人や観光客などさまざまな国の人と楽しく踊りましょう。

以下の記事では、パタヤの夜遊び、タイガーナイトクラブを詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→プーケットで夜遊びするなら人気の「タイガーナイトクラブ」

プーケットの高級リゾートエリア「ラグーナ・プーケット」

プーケットのリゾートの中でも特に人気が高いのが「ラグーナ・プーケット」エリア。プーケット西海岸パンタオビーチにあります。

高級リゾート地として有名で、エリア内には5つ星ホテル、ゴルフ場、約30のレストラン、おみやげ屋さんなどがエリア内に点在している東京ドーム8・5個分の大きなエリアです。

以下の記事では、「アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチ・リゾート」やエリア内の観光スポットなどを詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→プーケットの高級リゾートエリア「ラグーナ・プーケット」を散策

パトンビーチと周辺のおすすめ観光スポット・レストラン

プーケットの中でも一番綺麗なビーチ「パトンビーチ」。プーケットの中心部に位置する3キロ~4キロに渡る広大なビーチです。

天気の良い時のパトンビーチの景色は、南国らしいエメラルドグリーンの海で見る人を魅了します。

パトンビーチは海水浴はもちろん、マリンスポーツも盛んです。マリンスポーツはパラセイリングやバナナボート、ジェットスキーが楽しめます。

パトンビーチと周辺のおすすめ観光スポットやグルメを徹底解説!2

価格は人数や時期にもよりますが、500バーツ~1500バーツくらいです。

また、周辺もにぎやかで、観光スポットやたくさんの飲食店があり、昼夜問わず盛り上がっています。周辺の特におすすめ観光スポットは以下の4つ。

  • バングラ通り
  • サイモンキャバレー
  • ジャックセイロン
  • マリンプラザ

バングラ通り」はパトンビーチの中心であり、屋台、お土産屋さん、マッサージ店、飲食店、バー、クラブなど多くの店が並んでいます。特に夜になると、昼間とは雰囲気ががらりと変わりディープな夜の街へと変身をとげます。

「サイモンキャバレー」はニューハーフショーが見られるスポットです。なかなか日本では見られない光景なのでおすすめですね。

周辺にはたくさんのレストランがありますが、美味しくないお店も多いです。間違いないレストランは以下の3つ。

  • パトンシーフード
  • バイレイ
  • ソムタムヤムパオ

「パトンシーフード」は名前の通りシーフードのお店。エビやカニ、ロブスターなどを自分で選び、調理してくれとるいうスタイルです。

「バイレイ」はカオマンガイで有名なお店。プーケットNo.1と言われています。「ソムタムヤムパオ」はシーフードのお店で、牡蠣が美味しく食べられるお店です。

以下の記事では、パトンビーチと周辺のおすすめスポットからレストランまで徹底的に解説していますので、合わせてご覧ください→パトンビーチと周辺のおすすめ観光スポット・レストラン

プーケットで訪れたい観光スポット6選まとめ

今回は、定番の観光スポットからマニアックなところまで「プーケットでぜひ訪れたい観光スポット6選」をご紹介しました。

プーケットはビーチはもちろんですが、他にもおすすめな観光スポットやアクティビィがあります。

象乗りや虎との写真撮影など日本では体験できないこともたくさん。日本でできないことをプーケット観光でぜひ体験してみてください。

プーケットから行く絶景「ピピ島」のおすすめ観光スポット「ローサマ・ベイ」2
プーケットから行く絶景「ピピ島」!おすすめ観光スポットや行き方など徹底解説!プーケットから船で東に約2時間ほどの距離にある離島「ピピ島」。 ピピ島には空港はなく、プーケットかラクビから船でしか行くくとができない...