海外旅行

セブ島マクタン空港は出国時に空港使用料が発生【お金がない時の対処法】

セブ島では出国時に空港使用料が発生します【セブ・マクタン空港】


セブ・マクタン空港で出国時に空港使用料がかかるってご存知ですか?

通常、空港使用料は航空券の中に含まれてますので、空港で支払いすることはありません。僕は出国の際に現金を使い切るタイプで、残してなくて、本当に焦りました。
なんとか間に合って、飛行機には乗れましたが・・・

40ヵ国以上、旅してきた僕ですが、初めての経験だったので、シェアしたいと思います。この記事では、空港使用料を準備してなかった時の対処法も書いておりますので、参考にしてみてください。

セブ観光のおすすめスポット&移動方法まとめ【知らなきゃ損】
セブ観光のおすすめスポット&移動方法まとめ【知らなきゃ損】フィリピンのビーチリゾート「セブ」。 一度は訪れていたいと思ってる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? 海外のビーチリ...

セブ島マクタン空港は出国時に空港使用料が発生【お金がない時の対処法】

セブ島のマクタン空港で出国時に発生する空港使用料と手持ちのお金がない時の対処法を詳しく説明していきます。

セブの空港使用料

セブ・マクタン空港では国際線の出発時に各旅行客に対して、空港使用料を支払わなければなりません。

使用料は一人当たり850ペソ(約1,773円)です。
しかも、この支払いにクレジットカードは使えません。現金のみです。

2018年の6月30日までは、750ペソ(約1,565円)でしたが、7月1日から第二ターミナルのオープンに際して、850ペソへ値上がりしました。(日本円換算のレートは2018年10月29日現在の1ペソ=2.086円)

セブ・マクタン国際空港の空港使用料情報(セブ・マクタン空港HP)

100ペソ増えたからって、日本円にすると、約208円なのでたいしたことないのですが、850ペソを残しておく必要があります。

流れとしては「手荷物検査→航空会社チェックイン→空港使用料支払い→出国審査」という流れです。

チェックイン前にお土産屋がたくさんありますが、買い物しすぎないように注意しましょう。

ただし、空港HPによると空港使用料を免除される場合もあります。
以下の場合は免除されます。
普通の観光客にはあてはまらないものばかりです・・・

空港使用料を免除される場合

・2歳未満のこども
・海外請負労働者
・入国を拒否された者
・航空会社の乗組員
・外交官
・フィリピンスポーツ委員会によって正式に支持された選手
・国外強制退去者
・ハマスのメッカに旅行するイスラム教徒の乗客
・セブ空港の運営会社に認められた人

空港使用料分の現金を残してなかったときの対処法

お金を使い切ってしまい、空港使用料が払えない場合、二つの対処法があります。

この二つができなかった場合にはそこらへんの旅行客に貸してもらうとかしかないと思いますので注意してくださいね。

クレジットカードを使用する方法

先ほど、空港使用料の支払いはクレジットカードではできないと言いましたが、カードで海外キャッシングを利用する方法があります。

第一ターミナルでは、航空会社のチェックインカウンターの近くにATMがあります。
小額から引き下ろしできますので、安心です。

ちなみに僕の場合はATMが故障中で使用できませんでした。

日本円をペソに両替する方法

ATMが故障中や海外キャッシング機能がついてないクレジットカードの場合はこちらとなります。

日本円をペソに両替する。そのままですが、少しややこしいです。

両替処は荷物検査の前にしかありません。
つまり、チャックインや空港使用料を払うタイミングで現金がないと気づいた時にはもう遅いです。

しかし、その旨を職員に伝えると、外に出る通路を教えてくれます。

そこで、少額で申し訳ないのですが、日本円をペソに両替してもらいましょう。
日本円の手持ちがない場合は日本人旅行客も多いので、泣きつくのも一つの手かもしれません。

ちなみに一度、両替所のところまで戻ると、もう一度荷物検査を受ける必要がありますのでかなり手間です。

おわりに

現金を全部使い切ろうとする人も少ないかもしれませんが、空港出発時に焦らないよう現金は残しておきましょう。

僕はたまたま空港に早めに行ったので、ギリギリ間に合いましたが、時間がなかったら間違いなく飛行機に間に合わなかったと思います。

時間に余裕を持った行動を心掛けましょう。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック