旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

国内旅行

渡嘉敷島のシュノーケリングスポット「とかしくビーチ」でかわいいウミガメと会おう

沖縄本島からフェリーで70分、高速船で35分の渡嘉敷島。

本島からすぐに行くことができ、日帰りもでき、お手軽に離島を楽しむのにはもってこいなのが「渡嘉敷島」です。

海が綺麗で、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビィが人気。

シュノーケリングでウミガメに会えたら素敵だと思いませんか?

渡嘉敷島の「とかしくビーチ」には3匹の天然のウミガメが住み着いていて、泳いだり、食事をしたりする様子を見ることができます。

この記事では、渡嘉敷島でウミガメと会える「とかしくビーチ」のシュノーケリングスポットをご紹介します。

ウミガメと会いたい方は最後までぜひお読みください。

ショッティ
ショッティ
「とかしくビーチ」では、足が地面に着くくらいの浅瀬にウミガメがいることもあるよ

シュノーケリングでウミガメと会える「とかしくビーチ(渡嘉敷島)」の場所・アクセス

シュノーケリングでウミガメと会える「とかしくビーチ」は、渡嘉敷島の西にあり、とかしくビーチの南には有名な阿波連ビーチがあります。

那覇からのフェリーや高速船が到着する渡嘉敷港から約3.3kmの距離ですが、山を一つ越えるため、アップダウンがあります。

とかしくビーチへのアクセスはあらかじめマリンサービスを予約しておくか、バスまたはレンタバイク、レンタカーで行くのがいいでしょう。

宿泊するところの送迎サービスで行くという方法もあります。

とかしくマリンビレッジという名前のホテルを通り過ぎて、南に行くと、20台止めれる無料の駐車場があるので、レンタカーの方も安心してください。

駐車場のすぐ横には村営のシャワー、トイレがあります。(後ほど詳しくご説明します)

とかしくビーチ
【住所】沖縄県島尻郡渡嘉敷村字阿波連
【駐車場】無料の駐車場あり

シュノーケリングで「とかしくビーチ」の3匹のウミガメを探そう

渡嘉敷港からの山を越えると見えてくる「とかしくビーチ」。

シュノーケリングでウミガメに会える渡嘉敷島にある「とかしくビーチ」

海の綺麗さなら、渡嘉敷島では「阿波連ビーチ」の方が綺麗です。ウミガメを見たいもしくは人が少ない静かなビーチがいいなら「とかしくビーチ」です。

渡嘉敷島に着いたら、ライフジャケットやシュノーケルを借りましょう。

・ライフジャケット 500円
・シュノーケル&マスク 1000円
・シュノーリング3点セット(シュノーケル、マスク、フィン) 1500円

シュノーケリングの装備は「とかしくマリンビレッジ」、カフェ兼マリンサービスを行ってるお店で借りることができます。

とかしくビーチではライフジャケットなしでのシュノーケリングは禁止されています。ライフジャケットなしで、シュノーケリングをしていると、ライフセーバーの人に怒られます。

シュノーケリングの準備ができたらいよいよ「とかしくビーチ」でウミガメを探しましょう。

以下の画像の赤い線を引いたところに、発泡スチロールの浮きとヒモで作られた囲いがあります。

ウミガメはこの囲いの周辺のあまり深くないところにいます。囲いのあたりは大人なら地面に足が着くくらいの深さです。

渡嘉敷島のとかしくビーチのウミガメに会えるシュノーケリングスポット

周辺をよく探してみてください。近くばかりを見るのではなく、広範囲を探すようにするのがポイントです。

僕らは泳ぎ始めて、10分ほどでウミガメを見つけることができました。ウミガメの動画を撮ってきましたので、ご覧ください。


泳ぎながら、食事をしています。たまに空気を吸うために水面に顔を上げたりもします。かわいいですよね。

ウミガメは近づいても逃げないので、近くでずっと眺めていられます。

結局、30分ほどで3匹のウミガメを見つけることができました。

シュノーケリングでウミガメを観察するときの注意点

シュノーケリングでウミガメを観察するときには、ウミガメに触って、ストレスをあたえないでください。

そもそも触ることは禁止されています。

また、先ほどもお伝えした通り、危険回避のためにライフジャケットを装着して、シュノーケリングをしましょう。

とかしくビーチや阿波連ビーチでは、ライフジャケットなしでのシュノーケリングは禁止されています。

シュノーケリングが終わった後は村営のシャワー

シュノーケリングを終えたら、シャワーを浴びたいという方も多いのではないでしょうか?

先ほどお伝えしたように、無料の駐車場の横には村営のシャワーとトイレがあります。

トイレはもちろん無料ですが、シャワーは300円で5分水が出るというタイプのシャワー。着替えをおける棚もあります。

ただし、村営のシャワーは更衣室がないので、シャワー室から出たところ(トイレの敷地内なので、外から見られることはありません)で着替えるしかありません。

すぐそばにある「とかしくマリンビレッジ」で、シャワーと更衣室を借りることもできます。宿泊者以外は500円です。

渡嘉敷島のシュノーケリングスポット「とかしくビーチ」でウミガメと会うまとめ

渡嘉敷島のシュノーケリングスポット「とかしくビーチ」では3匹のウミガメが生息しています。

「とかしくビーチ」は、渡嘉敷島の西にあり、那覇からのフェリーや高速船が到着する渡嘉敷港から約3.3km。

山を一つ越えるため、あらかじめマリンサービスを予約しておくか、バスまたはレンタバイク、レンタカーで行くのがいいでしょう。

とかしくビーチには、20台止めることができる無料の駐車場があり、駐車場のすぐ横には村営のシャワー(5分/300円)、トイレ(無料)があります。

海についたら、まず「とかしくマリンビレッジ」、カフェ兼マリンサービスを行ってるお店でライフジャケットやシュノーケリングの道具を借りましょう(ライフ時ケットは必須で、装着せずにシュノーケリングをすることはできません)。

装備ができたら、いよいよ海に入って、ウミガメを探しましょう。ウミガメはそこまで深くない発泡スチロールの浮きとヒモで作られた囲いの周辺にいます。

ウミガメは泳ぎながら、食事をしています。たまに空気を吸うために水面に顔を上げたりもして、とてもかわいいです。

近づいても逃げないからといって、触らないようにしてください。禁止されています。

安全に配慮しながらウミガメ観察を楽しんでみてください。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック