旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

国内旅行

渡嘉敷島から気軽に行けるハナリ島(シブがき島)でケラマブルーの海を楽しもう

渡嘉敷とかしき島の阿波連あはれんビーチから西に800mほどの場所にある無人島の「ハナリ島(シブガキ島)」。

ハナリ島へは、阿波連ビーチからバナナボートに乗って、ジェットスキーで引っ張ってもらうこと約5分で到着します。

ハナリ島周辺の海は、渡嘉敷島から近い場所にありながら、渡嘉敷島のビーチよりもさらに美しいケラマブルー(慶良間けらま諸島の海の青さ・美しさを表した言葉)の海が広がっています。

透き通った青い海を泳いだり、シュノーケルでカラフルな魚を見たり、泳ぎ疲れたら大きい岩に上って、高い位置から綺麗な海を眺めたり。

無人島なので、静かな、ゆっくりとした時間を過ごすこともできます。

 今回は渡嘉敷から気軽に行けるハナリ島の魅力をご紹介します。

ショッティ
ショッティ
渡嘉敷島に行ったら、ハナリ島にも行かないともったいないよ

以下の記事では、他にも渡嘉敷島のおすすめ観光をご紹介していますので、合わせてご覧ください→渡嘉敷島で絶対に外せないおすすめ観光3選!ケラマブルーの海と自然を満喫しよう!

渡嘉敷島から行ける「ハナリ島」が「シブがき島」とも呼ばれる理由

ハナリ島はシブがき島とも呼ばれています。

1988年11月2日に、「シブがき隊が解散した記念に3人の像がハナリ島に建てられた」ことが理由で、シブがき島とも呼ばれるようになりました。

ショッティ
ショッティ
シブがき隊をご存知ですか?

シブがき隊とは1980年代に一世風靡いっせいふうびしたジャニーズのアイドルグループ。メンバーは布川敏和さん、本木雅弘氏、薬丸裕英さんの3人です。

長い年月や台風などにより像の損傷が進み、現在ではシブがき隊の像は、かろうじて残っているような状態。

ハナリ島(シブがき島)のシブがき隊の像

像を見ただけでは、まったく何の像かわかりませんね。

渡嘉敷島からハナリ島への行き方

渡嘉敷島からハナリ島へ行く一番簡単な方法はバナナボートに乗って、ジェットスキーで引っ張っていってもらう方法です。

価格はマリンショップによって、違います。一番安いところで、往復1000円。マリンショップは阿波連ビーチの入り口にたくさんありますので、直接、マリンショップで受付をします。

マリンショップが営業をしていない冬期には、ハナリ島へは行けない可能性があります。ホテルやマリンショップに相談してみましょう。

以下の画像が、実際に乗ったバナナボート。二つ横に並んでいて、安定しているので、ご安心ください。

水着の上からライフジャケットを着て、出発です。

渡嘉敷島からハナリ島へ行くバナナボート

小さい荷物やバッグなど、大きすぎなければ、持っていくこともできます。ただし、荷物が濡れたり、落ちたりする可能性はありますのでご注意を。

無人のハナリ島に飲み物を買えるところはないので、渡嘉敷島を出発する前に必ず準備しておきましょう。

ショッティ
ショッティ
ハナリ島は太陽をさえぎるものが岩陰くらいしかないから、日傘、折り畳み式の軽いテントがあったら便利だよ。
バナナボートに乗って、ジェットスキーで引っ張ってもらってハナリ島へ

これがハナリ島。渡嘉敷島から、約5分で到着します。バナナボートでの移動は気持ちいいですよ。

ハナリ島へ渡してもらったら、バナナボートは一旦、渡嘉敷島に戻りますので、帰りの時間をあらかじめ伝えておいて、迎えにきてもらいます。

シュノーケリングをしたり、大岩に登ったりして、しっかり遊んでも二時間くらいあれば十分です。

バナナボート以外のハナリ島への行き方

・グラスボートで行く(1000円)

・シーカヤックをレンタルして、行く(2名乗りで1時間2160円、2時間3240円)

・無人島ツアーで行く

・泳いでいく

距離は短いので、体力に余裕がある方は泳いでいくことという方法もありますが、ジェットスキーなどが通ると流れが速くなるので、あまりおすすめしません。


カラフルで綺麗な魚がたくさんいるハナリ島の美しい海でシュノーケル

ハナリ島周辺は海も非常に透き通っていて、白い砂浜とサンゴがたくさん。魚たちのエサも豊富で、大きな魚や珍しい魚たちがたくさんいます。

以下が実際のハナリ島のビーチの画像です。美しいケラマブルーの海が広がっています。

ハナリ島のケラマブルーの海ハナリ島のケラマブルーの海3

浜辺から海に入って、3mほど進むと、一気に足が地面に届かないほど深くなり、海の生物やサンゴを観察することができます。

実際に泳いだ時の動画を撮ってきましたので、ぜひご覧ください。カラフルな魚や珍しい魚をたくさん見れましたよ。(画質があまりよくないので、すみません)

ハナリ島でシュノーケル・泳ぐときに注意していただきたいのが、ハナリ島北東の先端(渡嘉敷島の阿波連ビーチ側)あたりの海流の強さです。以下の画像の赤丸の部分。

ハナリ島周辺の海流の強い場所

ハナリ島北東の先端周辺で泳いでいると、海流で渡嘉敷島の方へ流されてしまい、岸になかなか戻れません。

ショッティ
ショッティ
泳ぎが得意な僕も危険を感じたよ

もし、流されてしまうことがあれば、最初から岸を目指すのではなく、もう少し南の流れが弱いところをまず目指して、その後に岸を目指しましょう。

ハナリ島北東の先端(渡嘉敷島の阿波連ビーチ側)あたりは潮の流れが非常に強いので泳がないようにしてください。

大岩に登って、ハナリ島からケラマブルーの海や渡嘉敷島を眺めてみよう

ハナリ島にはビーチのすぐ横に大岩があり、上ることができます。

見た目ほど、上るのも難しくなく、特に装備もいりませんし、サンダルでも問題ありません。

以下の画像の大岩の左側から歩いて上って、赤丸部分まで行くと、ハナリ島周辺の白い砂浜とサンゴ、ケラマブルーの海を眺めることができます。

ハナリ島にある大岩

上から眺める海は潜るのとはまた違った良さもあります。

また、ケラマブルーの海に加え、慶良間けらま諸島のほかの座間味島ざまみとう阿嘉島あかじま慶留間島げるまじま外地島ふかじしまを眺めることができます。

シュノーケリングだけではなく、大岩に上ることもおすすめ。

渡嘉敷島から気軽に行けるハナリ島(シブがき島)まとめ

渡嘉敷とかしき島の阿波連あはれんビーチから西に800mほどの場所にある無人島の「ハナリ島(シブガキ島)」では、渡嘉敷島のビーチよりもさらに美しいケラマブルーの海を見ることができます。

ハナリ島まではバナナボートで、片道約5分。料金は往復1000円です。

行くときに絶対持っていきたいのが飲み物。ハナリ島に飲み物はないので、出発前に必ずドリンクを買っておきましょう。また、日差しをさえぎるグッズもあれば役立つこと間違いなし。

ハナリ島の周りは海も透き通っていて、渡嘉敷島のビーチよりもさらに海が綺麗です。

そして、白い砂浜とサンゴが豊富。シュノーケルをしていると、大きな魚や綺麗で珍しい魚たちがたくさん泳いでいる光景を見ることができます。

泳ぎ疲れたら、大岩に上って、上から海を眺めたり、静かな無人島なので、ぼーっとするのもいいでしょう。

渡嘉敷島に行ったなら、ハナリ島へ寄らないともったいないですよ。ぜひ行ってみたください。

渡嘉敷島から行ける離島「ハナリ島」のケラマブルーの海
渡嘉敷島で絶対に外せないおすすめ観光3選!ケラマブルーの海と自然を満喫しよう!沖縄本島の離島「渡嘉敷島とかしきじま」。沖縄本島から西に約40km。那覇にある「泊港とまりこう」からフェリーや高速船で気軽にいくことがで...
ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック