観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

ホーチミン

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?

ホーチミン観光の目玉の1つで、ホーチミンが誇る建築の傑作けっさく「サイゴン大聖堂」。

サイゴン大聖堂はネオゴシック様式とよばれる建築様式で、大聖堂の前には、涙を流したという噂で人々を驚かせたマリア像があります。別名「サイゴンのノートルダム」とも呼ばれています。

2017年からサイゴン大聖堂は改修工事を行なっており、現在は中に入ることができませんのでご注意を。

ショッティ
ショッティ
外観を見ることはできるから安心してね。

今回は、サイゴン大聖堂の見どころ、改修工事情報などをご紹介します。

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?

それでは、サイゴン大聖堂の見どころ、改修工事情報などを詳しくご紹介していきます。

サイゴン大聖堂とは?

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?1

サイゴン大聖堂は、ベトナムがフランスの植民地になったときに、カトリックの入植者たちの手によってミサのために1865年に設立された教会です。

当初は別の場所にありましたが、老朽化などにより現在の位置に建て替えられました。今はホーチミンの中心地、1区にあり、統一会堂から二本通りを挟んだ先にあります。

サイゴン大聖堂の見どころ

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?3

サイゴン大聖堂はフランスが植民地に建てた教会の中でも持っても美しい大聖堂の一つです。現在でもホーチミンの都市建築の傑作として、結婚式などにも使われるほど。

サイゴン大聖堂の美しさはむき出しの赤レンガと、緻密ちみつに計算された建築によります。サイゴン大聖堂の外観に見られるレンガは漆喰しっくいが塗られておらず、レンガがそのまま表面に剥き出しとなっているのが特徴です。

外観は、どの角度から見ても美しいと評されるほどの建築美。セメント、鉄鋼からネジまで全ての建築資材をフランスから輸送して作られました。外観を覆う赤いレンガはマルセイユから運ばれたものです。

パリのノートルダム大聖堂と同じく二本の鐘楼しょうろうがあり、サイゴン大聖堂の建築様式はゴシック様式を再現したネオゴシック様式。二つの鐘楼の間にある時計はスイス製の1トン以上もある機械仕掛けで動きます。

ショッティ
ショッティ
注目すべきは正面中央の大きな薔薇ばら

薔薇窓はゴシック様式の特徴で、大きさと緻密さは素晴らしいです。また、サイゴン大聖堂内部には56枚の美しいステンドグラスの窓があります。31枚の薔薇と、25枚の聖書の場面などが描かれているステンドグラスです。

大聖堂の前にあるマリア像

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?2

教会前の公園はフラワーガーデンといい、マリア像が設置してあります。

マリア像は1959年に設置され、以降サイゴン大聖堂は「サイゴンのノートルダム」とよばれています(ノートルダムはフランス語で「我らが貴婦人」という意味で、聖母マリアを指しているのです)。

翌年の1960年にはバチカンのローマ教皇からサイゴンの大司教を設立され、バシリカが授与されています。そして、マリア像の台座のふもとにはベトナムと世界の平和への祈りが刻まれています。

フラワーガーデンのマリア像は2005年、なんと涙を流したと話題になりました。何千人もの人々がそれを見ようと押し掛け、警察がサイゴン大聖堂周辺の車の通行を禁止にするなど大きく注目されました。

真偽は確かではありませんが、今でもフラワーガーデンはこのマリア像に祈りをささげる人でにぎわっています。

サイゴン大聖堂の改修工事について

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?4

サイゴン大聖堂は2017年から改修工事を行なっており、現在観光客はサイゴン大聖堂の内部に入ることができません。

当初は2019年末までに完了するはずだった改修工事は、鐘楼しょうろうの安全性や破損したステンドグラスやオルガンの修復などに、10億円以上投入する大規模な改修工事となっており、高いところでの作業の困難さから2023年まで延長される見込みです。

サイゴン大聖堂の内部にはまだまだ入れそうもないですが、改修工事が完成したら綺麗になったステンドグラスやオルガンなどに注目してみてくださいね。

サイゴン大聖堂周辺の観光スポット

サイゴン大聖堂内部には現在は入れないので、外観を楽しむと同時に、周辺の観光地も調べておきましょう。サイゴン大聖堂の周辺にはたくさん観光する場所があります。

統一会堂、ベンタイン市場など観光の定番が揃っています。夜のライトアップが綺麗な人民市庁舎などもおすすめです。

基本情報

サイゴン大聖堂の基本情報は以下となります。

サイゴン大聖堂
【住所】01 Công xã Paris, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
8:00~11:00/15:00~16:00
ミサは、月~土曜は5:30/17:00。日曜は5:30/6:30/7:30/9:30/16:00/17:15/18:30。
※ただし、現在は工事中のため、入場できません。
【定休日】なし

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?まとめ

今回は、サイゴン大聖堂の見どころ、工事情報などを詳しくご紹介しました。

緻密ちみつに計算されて積まれた赤レンガのサイゴン大聖堂は「サイゴンのノートルダム」とよばれるほど美しい外観をしています。

また、サイゴンのノートルダムと言われる所以になったマリア像もみることができます。

内部も見てみたいところですが、残念ながら、2019年現在改修工事のため観光客は中には入れません。工事は2023年まで延長される見込みです。

統一会堂やベンタイン市場とあわせてサイゴン大聖堂に観光に行ってみてください。

以下の記事では、サイゴン大聖堂以外にもホーチミンの観光スポットをご紹介してますので、合わせてご覧ください→ホーチミンのおすすめ観光スポット&役立ち情報8選

ホーチミンのおすすめ観光スポット【奇怪遺産「スイティエン公園」】4
ホーチミンのおすすめ観光スポット&役立ち情報8選ベトナムの首都ホーチミン。日本からLCCも飛んでおり、ホーチミンには日本人観光客もたくさん。ホーチミンでどこを観光したらいいかわ...