観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

ホーチミン

ホーチミンのおすすめ観光スポット&役立ち情報8選

ベトナムの首都ホーチミン。日本からLCCも飛んでおり、ホーチミンには日本人観光客もたくさん。

ホーチミンでどこを観光したらいいかわからないことはありませんか?

ショッティ
ショッティ
時間もお金も限られるからすべては観光できないよね。

今回は、「ホーチミンのおすすめ観光スポットと役立ち情報8選」をご紹介します。ホーチミンで何をするか決まってない方はぜひ参考にしてください。

ホーチミンのおすすめ観光スポット+役立ち情報8選

それでは、ホーチミンのおすすめ観光スポット+役立ち情報8選をご紹介していきます。

ショッティ
ショッティ
まだどこを観光するのか決めてない人は行ってみてね。

ベンタイン市場の見どころとナイトマーケット!値切りを楽しめるホーチミンの観光名所

ホーチミン観光に外せないのが「ベンタイン市場」。

ベンタイン市場の見どころとナイトマーケット!値切りを楽しめるホーチミンの観光名所1

ベンタイン市場はホーチミン最大規模の市場。観光客も多いので、お菓子やドライフルーツ、洋服屋や雑貨などお土産になるものをたくさん売られています。

観光客には高めの値段を提示してくるので、積極的に値切る必要があります。現地の人と値下げ交渉して購入するなど、日本ではなかなか味わえない体験をすることができます。

ベンタイン市場自体は17〜18時ごろ(お店によって閉店時間はばらばら)に閉まってしまいますが、しばらくすると、すごい勢いでベンタイン市場横の通り沿いにテントが立てられ、ナイトマーケットが現れます。

以下の記事では、ベンタイン市場の見どころ・ナイトマーケット・値切る方法などをより詳しく説明していますので、合わせてご覧ください→ベンタイン市場の見どころとナイトマーケット!値切りを楽しめるホーチミンの観光名所

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?

ホーチミン観光の目玉の1つ「サイゴン大聖堂」。

ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?3

サイゴン大聖堂はネオゴシック様式とよばれる建築様式で、大聖堂の前には、涙を流したという噂で人々を驚かせたマリア像があります。別名「サイゴンのノートルダム」とも呼ばれています。

残念ながら、サイゴン大聖堂は2017年から改修工事を行なっており、現在は中に入ることができません(工事は2023年まで延長される見込み)。

しかし、外観は、どの角度から見ても美しい大聖堂は一見の価値があります。

以下の記事では、サイゴン大聖堂の見どころ、工事情報などをより詳しくご紹介していきますので合わせてご覧ください→ベトナムのノートルダム「サイゴン大聖堂」!改修工事はいつまで?

ホーチミンで一番にぎやかな夜の街「ブイビエン通り」の見どころ

ホーチミンの夜の観光で外せないのがブイビエン通り。

ブイビエン通りは、昼と夜とでまったく雰囲気が異なります。昼はそれほど人通りも多くないブイビエン通りですが、夜は人であふれかえります。

ホーチミンで一番にぎやかな夜の街「ブイビエン」通りの見どころ1

昼には雑貨屋さんやカフェなどが開いていて、バックパッカー街としてショッピングを楽しめます。夜になると車の通行が規制され、観光客や地元の人々で一杯になります。

通り沿いのバーでは店の外にまで席を広げて、カートで歩きながら商売する人もいます。

以下の記事では、ホーチミンの夜の観光も楽しみたいという方のために、ブイビエン通りの見どころをより詳しくご紹介してますので、合わせてご覧ください→ホーチミンで一番にぎやかな夜の街「ブイビエン通り」の見どころ

ホーチミンからバスで行く世界奇怪遺産「スイティエン公園」

「スイティエン公園」は世界奇怪遺産と言われるぶっとんだテーマパークです。世界のテーマパーク12選にも選ばれています。日本のディズニーランドも12のうちの1つ。

変なアトラクションにパレードにワニ釣りまであります。

いい意味でぶっとんだテーマパークで、アトラクションだけでなく、見て回るだけで楽しめますよ。

ホーチミンのおすすめ観光スポット【奇怪遺産「スイティエン公園」】2

ホーチミン市街のバスターミナルからスイティエン公園までは約20km。バスやタクシーで行くことができます。

以下の記事では、世界奇怪遺産に選ばれたホーチミンの「スイティエン公園」をより詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→ホーチミンからバスで行く世界奇怪遺産「スイティエン公園」!ぶっとんだ様子を紹介!

安くて美味しいホーチミンのおすすめレストラン3選

東南アジアの中でもご飯が美味しいといわれるベトナムのホーチミン。

ホーチミンのレストランでももちろんハズレはありますし、どこでランチ・ディナーを食べたらいいかわからない方も多いのではないでしょうか?

路地裏のおしゃれレストランは以下の毎日3つ。

  1. 「ベップミーイン(Bep Me In)
  2. フエ風バインセオが食べられる「ラット・フエ・ヴィエト・レストラン(Rat Hue Viet Restaurant)
  3. 日本人経営のベトナム郷土料理屋「フーンライ(Hương Lài)」

安くて美味しいのでおすすめです。

安くて美味しいホーチミンのおすすめレストラン3

以下の記事では、ホーチミンの安くて美味しいおすすめレストランをより詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→安くて美味しいホーチミンのおすすめレストラン3選

ホーチミンで買いたいお土産6選!女性にも大人気の商品も!

ホーチミンには食器、バッグ、お菓子、バッファローホーンのアクセ、刺繍の巾着袋・ポーチなど様々なお土産がたくさん。

日本に比べて、物価が安いため、お得にお土産を購入できます。

特におすすめなお土産は以下の6つ。

  1. 「Amaï(アマイ)」の食器
  2. 「Hansry(ハンスリー)」のバッグ
  3. 「Hana」のプラカゴ
  4. 「Ha Phuong(ハー・フーン)」の刺繍の巾着袋やポーチなどの小物
  5. 「バッファローホーンのアクセサリー」
  6. 「バインミーラスク」
ホーチミンで買いたいお土産「Hansry(ハンスリー)」のバッグ

男性にも女性にも喜ばれること間違いなしのホーチミンお土産です。

今回は、日本人に人気の観光地「ホーチミン」でおすすめのお土産6選をより詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→【2020年】ホーチミンで買いたいお土産6選!女性にも大人気の商品も!

ホーチミンでの移動手段はGrabが断然おすすめ

Grabは東南アジアで圧倒的な人気を誇る配車サービス。

公共交通機関の発達していないホーチミンでは、特に移動手段として優秀です。

バスを利用する手もありますが、乗り降りする際、完全に停車しないで車体が動いたまま乗客が乗り降りするなど慣れないと利用しにくい面があります。

また、Grabでは乗車前に料金が確定するので、タクシーのようにぼったくられる可能性がありません。

人気の理由は「乗車前に料金がわかる、ぼったくられる心配がない、運転手とほぼ会話なしで目的地まで連れてってもらえる」など。

以下の記事では、ホーチミンの移動手段におすすめな「Grab」を詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→ホーチミンでの移動手段はGrabが断然おすすめ

プノンペンからホーチミンへのバス移動【時間と料金、実際の様子】

プノンペンからホーチミンまでの距離は約230km。

「プノンペンからベトナムのホーチミンへ移動したい」けれども、できればお金をかけたくないですよね?

そんな人にオススメなのがバス移動。プノンペンからホーチミンまで、6~7時間ほど掛かりますが、料金は2000円ほど。

プノンペンからホーチミンまで飛行機よりもだいぶお得に移動できるので、時間はあるけど、移動にお金を掛けたくない人にはぴったりです。

以下の記事では、プノンペンからホーチミンへのバス移動&国境を越える様子などを詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください→プノンペンからホーチミンへのバス移動【時間と料金、実際の様子】

ホーチミンのおすすめ観光スポット&役立ち情報8選まとめ

今回は、「ホーチミンのおすすめ観光スポットと役立ち情報8選」をご紹介しました。

日本からLCCも飛ぶようになり、ホーチミンに気軽に行けるようになったので、遊びに行くという人も多いのではないでしょうか?

食べ物が美味しく、物価も安いホーチミンに観光で行くのはとてもおすすめです。ホーチミンで何をしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。