旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でもOK】

ヒマラヤ山脈のアンナプルナ(標高8,091m)、マチャプチャレ(標高6,993m)などの世界最高峰の山々を間近で見てみたいと思いませんか?

標高が高く、雪山ですし、登るには相当な訓練や体力が必要となるので、初心者が簡単に登ることはできません。

しかし、ポカラから日帰りでも行ける「ダンプス」という高地にある村からはそのアンナプルナやマチャプチャレが一望できるのです。

高地と言っても、標高1,800mしかないので、訓練を必要とせず、体力に自信のない方でも大丈夫。トレッキングの装備が全くなくても構いません。

実際にポカラからダンプスへ一泊二日のトレッキングをして、山頂に泊まって、ヒマラヤ山脈の山々を見てきましたので、ご紹介します。

ショッティ
ショッティ
ダンプスはポカラから簡単に行けるよ。

ポカラからダンプスへ行くときの装備・持ち物

ポカラからダンプスへ行くのに、山登り用の装備は全く必要ありません。僕らも全く何も準備していませんでした。

ダンプスへは数時間歩くだけですので、スニーカーで充分です。

ショッティ
ショッティ
ネパールに山登りをしに行ったわけじゃないから、装備を持ってなかったんだ

ただし、ネパールは昼夜の気温差がかなりありますので、防寒対策だけはしっかりしておきましょう。

夏場は平均最高気温が約30度に対して、平均最低気温が約20度。冬場は平均最高気温が約20度に対して、平均最低気温が0度近く。

冬場は昼間は半袖でも過ごせるくらいですが、夜はしっかしりた防寒対策が必要となります。

ちなみに僕らが登ったのは1月ですが、僕ら日本人はフリースに防水・防風のマウンテンパーカーを着てても、夜は寒かったです。

現地で仲良くなったネパール人も一緒に登ったのですが、彼は長袖シャツにパーカーを着てただけで、夜も寒くないとのこと。しかも手ぶらで登ってました。w

ダンプスの夜は寒いので、防寒対策だけはしっかりしておきましょう。

この記事をご覧の方で、防寒着を持ってきてないという方もいらっしゃるかもしれません。ポカラには本物かわかりませんが、ノースフェイスなどの防寒着やシルクの暖かいストールを安く売ってるお店があります。

防寒着を何も持ってない人はポカラで購入するのも一つですね。

ショッティ
ショッティ
僕が購入したノースフェイスのジャケットは5000円だったよ。とても暖かかったけど、本物かどうかは怪しいね。

そして、ダンプスの山を歩いている途中に売店はありますが、飲み物やちょっとしたお菓子、食べ物は持っていきましょう。

また、ダンプスの山頂付近にはレストランはありません。宿泊先のロッジなどに夕食と朝食が付いてない場合には、もちろん食料も忘れずに。

ポカラからダンプスへ行くときの装備・持ち物

・スニーカーでも大丈夫。
・昼夜の気温差が激しいので、防寒対策だけは怠らないように。
・山歩きの途中に売店はあるが、念のため飲み物やちょっとした食べ物は準備しておきましょう。
・宿泊先で食事が付いてない場合は食料も持っていこう。

ポカラからダンプスへの所要時間

ネパール中部のガンダキ・プラデーシュ州州都である「ポカラ」。

ポカラからヒマラヤ山脈の8,000m級の山々までの距離は近く、ポカラはトレッキングの基地として知られています。

ポカラからダンプスのふもとの登山道があるフェディ村までは約15kmで車で30分くらい、マチャプチャレツーリストロードまでは約20kmで車で40分くらい。

僕らは行きは「マチャプチャレツーリストロード」を登りましたが、帰りは「フェディ村」へ下るルートを通りました。

マチャプチャレツーリストロードは緩やかな道ですが、ダンプスまでは休憩を除いて、三時間ほど。フェディからだと2時間ほどで登れますが、道が急なので、けっこう疲れます。僕は下りでも疲れました。

ショッティ
ショッティ
体力に自信のない人はマチャプチャレツーリストロードからダンプス頂上を目指そう。

ポカラからダンプスのふもと「マチャプチャレツーリストロード」まで

 

ポカラからダンプスのふもと「フェディ」まで


ダンプストレッキング(マチャプチャレツーリストロード)

ダンプスのトレッキングは先ほどもお話ししたように片道2~3時間。日帰りでもトレッキングできるほどの山ですが、景色も綺麗ですし、ゆっくりできるのであれば、一泊二日以上で行くのがおすすめ。

マチャプチャレツーリストロードの登り始めは、ずっとこのような道です。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】1

奥に小さく人影があるのが見えますか?ダンプスの山あいの村に住んでいる子どもたちです。

山を登る外国人(ネパール人以外)がよく食べ物をあげるようで、チョコちょうだいと寄ってきます。あいにく、食べ物を何も持ってなかったので、何もあげれてません。

途中からは石畳の道も出てきます。民家のすぐ脇を通る道です。住民や牛などに会いますが、外国人にも見慣れた様子で、特に反応はありません。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】2

マチャプチャレツーリストロードには売店もあります。ここでホットのチャイを買って、飲みました。水やお菓子なども売ってます。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】3

ダンプスの頂上付近には小・中学校がありました。学校も少ないので、この子たちは毎日片道2時間~3時間くらいかけて、学校に来るそうです。足腰鍛えられそうですね。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】4

ダンプスから見れる「マチャプチャレ」

三時間くらい歩いて、ダンプスの頂上付近まで行くと、家やホテル、ロッジなどがけっこうあります。

歩いている途中でマチャプチャレが見えました。でかい。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】5

以下は、次の日の朝のマチャプチャレの画像です。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】6

左がアンナプルナ、右がマチャプチャレ。アンナプルナの方が高いからすごいのかと思ってましたが、ネパール人からするとマチャプチャレは神聖な場所だそうで、価値があります。登山も禁止されています。

雪山はとにかく綺麗で、神秘的。たった三時間の山登りで、この景色が見るって、幸せです。

以下の画像は、ダンプスから見た朝日。これは雪山ではなく、太陽が昇る東の山。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】7ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】8

ダンプスのホテル「Hotel Panorama」

僕らか泊まったダンプスのホテルは「Hotel Panaroma」。一応ホテルということでしたが、ゲストハウスやロッジといった感じ。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】9

日本の冬場でいけるくらい厚着した上から、そのまま布団をかぶりましたが、夜寝る時はめちゃくちゃ寒かったです。何度も言いますが、防寒対策だけはしっかりしておきましょう。

ショッティ
ショッティ
ダンプスから見る星はとても綺麗。流れ星もたくさん流れてたよ。

たまたま同じ日に泊まってた地元の大学生たちも一緒にBBQをして、お酒を飲んだりも。

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキング【装備なし・観光気分でOK】10

カトマンズ発!ダンプス村トレッキング観光ツアー<貸切/2泊3日/日本語ガイド/食事付>

ポカラからダンプスへ一泊二日トレッキングまとめ

ポカラから日帰りでも気軽に行くことができる「ダンプス」。

一泊二日でダンプスに登る場合、トレッキングの装備は特に必要ありません。スニーカーと防寒着さえあれば、大丈夫です。

宿泊施設に暖房器具がない場合は、防寒対策は十分すぎるくらいにしておくとベスト。

山を歩いている途中に、飲み物とお菓子などを販売している売店もありますが、あらかじめ飲み物と食べ物は準備しておきましょう

ダンプスの山頂からは、アンナプルナ、マチャプチャレに加え、日本では見ることができないほど綺麗な朝日や夕日、満天の星空、流れ星などの絶景を見ることができます。

ぜひ一泊二日で、ポカラからダンプスへ行ってみてください。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック