旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

ダナン&ホイアン

【2019年】ホイアンの夜の風物詩「ランタン」!フェスティバルでないときでも楽しめる

ベトナムの古都「ホイアン」。「ホイアンの古い町並み」として、1999年に世界文化遺産に登録されました。

日本では、「ランタン」のカラフルで綺麗な風景が取り上げられ、SNSなどで話題となり、一躍有名に。

ショッティ
ショッティ
ランタンとは、日本で言う提灯ちょうちんのようなものだよ

特にホイアンの「ランタンフェスティバル」は日本でも人気ですが、ランタン祭りは月に一日しかありません。

学校や仕事などがあって、月一回のランタンフェスティバルに合わせて、ホイアンに行くのはなかなか難しいですよね。

ショッティ
ショッティ
ランタン祭りじゃないときに、ホイアンに行っても果たして楽しめるの?

結論から言うと、ランタンフェスティバルでないときに行っても、楽しめます。祭りのときほどの数ではありませんが、ランタンは普段からホイアンの町並みをいろどっているのです。

今回は画像をまじえながら、ホイアンの夜の風物詩ランタンをご紹介します(ランタンフェスティバルではない時の様子をご紹介)。

以下の記事では、距離が近いので、セットで回れる「ダナンとホイアンのおすすめ観光」をご紹介していますので、合わせてご覧ください→【2019年版】ダナンと世界遺産ホイアンのおすすめ観光4選!

【2019年】ホイアンのランタンフェスティバルのスケジュール

2019年のホイアンのランタンフェスティバルは、以下のスケジュールで開催されます。

1月19日(土)7月16日(火)
2月18日(月)8月14日(水)
3月19日(火)9月12日(木)
4月18日(木)10月12日(土)
5月18日(土)11月10日(日)
6月16日(日)12月9日(月)

開催される曜日は、土日だけというわけでなく、平日もあります。

また、月に一日だけですので、ランタンフェスティバルのスケジュールに合わせて、ホイアンに旅行するのは、なかなか難しいでしょう。

ショッティ
ショッティ
学校や仕事があったら、ランタンフェスティバルに合わせて、ホイアンに行けないよね。

ホイアンでランタンが楽しめる場所

ホイアンでランタンが楽しめる場所は、以下のマップの赤枠のところです。

ホイアンのランタンが見られる場所

西は「来園橋らいおんばし(日本橋)」から、東は「ホイアン市場」の入口まで。

北は「ホイアン旧市街」から南は「トゥボン川」を渡った周辺のレストランや服屋、雑貨屋があるところまで。

このエリアは自動車やバイクは通行止めです。タクシーなどで、行く場合には少し離れたところで降ろされます。

エリアが狭いため、歩いて移動しても、15分程度で回れる距離です。

歩くのがめんどうくさいという人は「シクロ」という自転車タクシーがおすすめ。

シクロの相場料金は30分で、14万ドン(約650円)。値段は交渉次第で、前後します。

ホテルが密集している場所はホイアン旧市街の北側ですので、実際にランタンを見に行くときは、以下の地図の「ホイアン旧市街」を目指して行くといいでしょう。

ホイアン旧市街
【住所】Old Town, ホイアン クアンナム省 ベトナム(Old Town, Hội An, Quảng Nam)

ランタンフェスティバルでなくても、毎日がお祭りのようなホイアン

ホイアン旧市街周辺のランタンフェスティバルではないときの様子を実際の画像と共にご紹介していきます。

以下の画像は、夜20時のホイアン市場付近のものです。

ホイアンのランタン1

たくさんのカラフルなランタンが光っており、綺麗さに心を奪われます。左右にはレストランや雑貨屋、おみやげ屋などのお店がずらりと並んでいます。

お店によりますが、23時くらいでも開いてるお店もありました。ハンバーガー屋の前などにもランタンが不思議な感じがします。

ホイアンのランタン1

来園橋(日本橋)近くを流れる「トゥボン川」の「アンホイ橋」周辺では、色とりどりの灯篭とうろうが流れています。

ホイアンのランタン1

灯篭は川沿いにいる売り子から買うことができます。3個で30,000ドン(約140円)です。

また、小舟に乗って、トゥボン川を散策することもできます。100,000ドン(約460円)です。

ショッティ
ショッティ
日本と違って、ホイアンではこういう体験も低料金でできるのがいいね。料金は交渉次第で、前後するので、売り子に負けないようにしっかり交渉してみてね。

「アンホイ橋」を渡るっても、レストランや雑貨屋などがたくさん。

ホイアンのランタン4

「アンホイ橋」を渡って、右手に向かうと、ホイアンのナイトマーケットが広がっています。ナイトマーケットの営業時間は18時~22時。

ホイアンのランタンショップ

ランタンや伝統工芸品、ファッション雑貨などが販売されています。ランタンはお土産にも喜ばれるのでおすすめ。

ただし、持って帰る時の飛行機の移動などで、破れないよう気を付けでくださいね。

ホイアンの旧市街は通行止めなので、車やバイクはいないが、たくさんのシクロが走っているので、歩いて移動する際には、十分気を付けましょう。

幻想的なランタンの街「ホイアン」で《灯籠流し体験+ナイトマーケット散策》大満喫ナイトツアー(ホイアン郷土料理付き)の予約はコチラ!

ランタン以外も楽しめる夜のホイアン

夜のホイアンはランタン以外にも楽しめます。

先ほど、ご紹介したホイアンナイトマーケットもそうですが、「ホイアン市場」前のマーケットも工芸品や食べ物などを売っていて、見るだけでも楽しめます。

ホイアン市場1

薄いお好み焼きみたいなものを食べましたが、日本人にもなじみやすい味で、美味しかったですよ。

ホイアン市場3

ホイアン市場の中は食堂のようになっていて、どこのお店にもお客さんがびっしり。

ホイアン市場2

現地の人に混ざって、ごはんを食べるのもおもしろいですよ。ホイアン市場はお店によりますが、20時や21時くらいに閉まってしまいます。

あまり遅く行き過ぎないようにしましょう。

ホイアン市場
【住所】Trần Quý Cáp, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam, ベトナム

何度か名前だけ出してきた「来園橋(日本橋)」は、1593年にホイアンに住む日本人によって、作られました。以下の画像が「来園橋」です。

ホイアンの来園橋

橋の中には小さなお寺があり、猿と犬の像が置かれてます。外側から橋を見ると、レトロな雰囲気で、なかなかの迫力があります。

来園橋(日本橋)
【住所】Nguyễn Thị Minh Khai, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam 564010 ベトナム

ショッティ
ショッティ
他にも歴史的建造物はたくさんありますが、閉まる時間が早いものもあるから、昼間に行ってみるといいよ

ダナンからホイアンへの移動はタクシーかGrabが便利

ホイアンには空港はなく、ホイアンに行くには、車で約1時間の距離にあるダナンから向かいます。(ダナンはベトナム第三の都市で、日本からの直行便もあります。)

ダナン市街地やダナン空港からホイアンまでは約30km。タクシーやGrabで、一時間ほどかかります。

料金は、僕がダナン市街地からホイアンに移動したときは48万ドン(訳2200円)でした。ダナン空港からの所要時間や料金もさほど変わりありません。

ホイアンにランタンを見に行く場合には「Hoi An old town(ホイアン旧市街)」まで行ってほしいと伝えればいいでしょう。

タクシーでもGrabでも料金に大きな差はありません。大半のタクシードライバーはGrabの料金を見せてきて、同価格で行ってくれるためです。

メーターを使用する場合は、ぼったくられないよう注意をしてください。

幻想的なランタンの街「ホイアン」で《灯籠流し体験+ナイトマーケット散策》大満喫ナイトツアー(ホイアン郷土料理付き)の予約はコチラ!

ホイアンの夜の風物詩「ランタン」まとめ

今回はランタンで有名なベトナムの古都「ホイアン」を紹介しました。

ホイアンは特にランタンフェスティバルが有名で、世界中の人が訪れます。

しかし、ランタンはフェスティバルのときだけではありません。

もちろん、祭りのときほどではありませんが、普段から綺麗で幻想的なランタンはホイアンの生活に入りこんでいます。

また、ナイトマーケットやホイアン市場、来遠橋にトゥボン川なども風情を感じれるのでおすすめ。

ぜひ「ホイアン旧市街」の町並みを歩いてみてください。昔ながらの生活が今でも感じられることでしょう。

バーナーヒルズのゴールデンブリッジと神の手
【2019年版】ダナンと世界遺産ホイアンのおすすめ観光5選!ベトナム第三の都市「ダナン」と世界遺産の町「ホイアン」。 ダナンとホイアンは車で一時間弱(約30km)の近い距離にあります。 ...