旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

国内旅行

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】

山口県の萩市は歴史の町、世界遺産のある町というイメージがあると思います。

海(日本海)はまあまあ綺麗どまりなのですが、夕日は沖縄にも負けないくらい綺麗に見える絶景の夕日スポットがあります

しかしながら、実は地元の人もあまり行かないですし、いても数人くらいなので、絶景を独り占めにできる可能性が高いです。

なんでそんなこと知ってるの?
ショッティ
ショッティ
実は以前住んでいたことがありまして。

 

たそがれたい方、カップル必見のその夕日スポットをご紹介します。

山口の角島の絶景「角島大橋」を見に行こう【画像も多数あり】1
萩周辺のおすすめ観光6選【ここをおさえとけば大丈夫】山口県萩市は歴史的に有名なところです。 吉田松陰、伊藤博文、桂太郎などなど有名な人物の出身地でもありますし、2015年には「明治日...

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】

萩の絶景夕日スポットは「西の浜」です。
地元の人からすると、みんな知ってる場所で、「なんだあそこか」と思われるでしょうが、夕暮れ時に行っても、ほぼ人はいません。

なぜか・・・
これは私の推測に過ぎないのですが、一つは「夕日が綺麗なことを知らない」。
二つ目は「知ってても、もう見飽きているので改めて見に行かない」。
三つ目は地元の方に怒られるかもしれませんが、「若い人が少ない&そもそも夕日に興味ない」。

年配の方はわざわざ夕日なんて見に行きませんよね。
また、若い人でも夕日に興味ない方が多いイメージです。
これはあくまで僕の勝手な推測なので、地元の方がご覧になっても気分を害さないでくださいね。

「西の浜」から見る夕日

これは僕が説明するより、実際、写真を見ていただいた方がいいかと思います。
僕が先日、西の浜に行ったときに撮った写真です。すべて同じ日の写真です。

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】1萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】2萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】3

沖縄の離島もいろいろ行きましたが、沖縄の夕日と比べても負けてませんよ。
非常に綺麗な夕日です。

ちなみに「西の浜」では、夕日だけでなく夜空も非常に綺麗に見ることができます。
多くの星が見れ、流れ星もよく見ることができます。
しかし、夜も人は少なく、見に来てる人はほぼいませんので、夜もおすすめです。

真っ暗ですので、夜に行かれる場合は歩行に十分注意してください。

「西の浜」から「指月山」にちょっとだけ登ってみる夕日

実は西の浜から石彫公園を通って、指月山(しづきやま)に登ると、ちょっとした高台から夕陽を見ることができます。

ここでは人に会ったことありません。
一人でたそがれるのも、カップルでゆっくりするのもよりプライベート感、特別感が出るのでこちらの方がおすすめです。

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】4

ただし、この高台に行くには、5分ほど、指月山を歩かなければなりません。
また、夏場は非常に蚊が多いので、虫よけスプレーをしっかりかけていきましょう。

夏場は蚊が非常に多いので、気を付けましょう。

絶景夕日スポットのアクセス

西の浜は石彫公園から歩いて行きますので、石彫公園の地図をご覧ください。
地図上で石彫公園んの左奥(指月山の手前)が絶景夕日スポットです。

以下の写真の赤く囲んだところが石彫公園奥の「西の浜」と「指月山の高台」の位置を表しています。

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】5

以下の写真は石彫公園奥の「西の浜」と「指月山の高台」の位置を衛星写真上で表したものです。

萩の絶景夕日スポット【地元の人すらいないスポットを紹介】6

「西の浜」はすぐわかると思います。
「指月山の高台」へは以下の行き方を参考にしてください。

指月山の高台への行き方

石彫公園から指月山に登っていく道が一つあるので、そこを歩いて行きます。

50mくらい歩くと、すぐに左右の分かれ道が出てきますので、左に行きます。
あとはその道に沿って、まっすぐ歩くだけです。5分ほどで、目的の高台に到着します。

普通のスニーカーでも問題なく歩けるほどの傾斜もきつくない道です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

萩は歴史だけの町ではなく、自然もあり、素晴らしい絶景を見ることもできます。
旅行の合間に、旅行のオプションとして、夕日を見に行ってみてはいかがでしょうか?
彼女や奥さんが喜ぶこと間違いなしですよ。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック