観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

プノンペン

カンボジア・プノンペンのバイクタクシーの料金や乗り方【乗車動画あり】

カンボジアのプノンペンの交通事情

カンボジアのプノンペンでよく見られる「バイクタクシー」。タクシーといっても、バイクの後ろに乗せてもらって、目的地まで連れてってもらうんです。

バイクタクシーは一人での移動の場合に安い料金で手軽に乗ることができる貧乏旅の強い味方。

「乗ってみたいけど、どうなんだろ?」、「言葉通じるのかな?」、「プノンペンで乗るのは交通量多いから怖い」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、カンボジアのプノンペンで実際にバイクタクシーに乗ってきましたので、料金や乗り方、様子をご紹介したいと思います。

乗車した時の雰囲気がわかる動画もあるので、ぜひご覧ください。

カンボジア・プノンペンのバイクタクシー料金や乗り方【乗車動画あり】

カンボジア・プノンペンのバイクタクシー料金や乗り方について、詳しく説明していきます。

プノンペンだけでなく、他の地域もバイクタクシーは基本同じなので、参考にしてください。

バイクタクシーとは?

プノンペンでは交通量が非常に多く、渋滞することもしばしば。

特に朝夕の通勤時間帯はなかなか進みません。タクシーやトゥクトゥクを使うと時間がかかって仕方ありません。

そこで、おすすめなのが「バイクタクシー」。

バイクタクシーなら車の間をするするすり抜けていけるので、渋滞があっても比較的早く目的地に到着できます。

ほとんどが普通の50ccバイクの後部座席に客を乗せて走るもので、地元民の間では「モート」や「モトドップ」と呼ばれています。

カンボジアでの近距離の移動なら、バイクタクシーは非常に便利です。

ただし、ヘルメットをつけずに乗るので、安全性は十分ではありません。

また、大きい荷物(例えば、スーツケースなど)を持っての乗車はできません。

バイクタクシーの料金

バイクタクシーの料金は交渉で決まります。

僕の場合は、プノンペンの独立記念塔から宿泊先のホテル「Zing(ジング)」まで、2.3kmの距離をバイクタクシーに乗ることにしました。

カンボジアのバイクタクシーの価格や乗り方【乗車動画あり】1

事前に相場を調べていたので、このくらいの距離ならUS1ドルで行けるだろうと思っていたので、走っているバイクタクシーを止めて、「US1ドルで行ってくれ」と料金交渉します。

1ドルじゃ無理と二台断られまして、ようやく三台目で交渉成立しました。

諦めなくて、よかったです。ただし、料金に不満なのか運転手はめっちゃ不満顔でしたよ。

ショッティ
ショッティ
バイクタクシーは交渉次第で、料金が変わるので、交渉してみてね

ちなみに三台中二台は英語も伝わらなかったので、ボディランゲージで伝えました。

バイクタクシーへの乗車方法と実際の乗車の様子

バイクタクシーへの乗車方法と実際に乗っているときの動画をご紹介します。

ショッティ
ショッティ
プノンペンでバイクタクシーをつかまえるのはとても簡単

バイクタクシーをつかまえるには2つの方法があります。

1つ目は、町中のレストラン前や交差点などで客待ちしているバイクタクシーに頻繁に声を掛けられますので、その声掛けに応じる。

2つ目は、日本でタクシーを止めるのと同じように手を挙げて待っていると、向こうからクラクション鳴らしながら近づいてきてくれます。

バイクタクシーが止まったら、価格と行き先を交渉し、納得できたら乗ります。

乗り方は簡単で、運転手の後ろに座って乗るだけです。

実際に乗車したときに動画を撮りましたので、ご覧ください。

二つ目の動画をご覧いただくとわかるのですが、マーケットの中の狭い道を抜けていったときは衝撃でした。

マーケットの中を通るなど、日本ではなかなか体験できないことですよね。

カンボジアのバイクタクシーはヘルメットはありませんので、落ちないように気を付けましょう。

バイクタクシーに乗るときの注意点

バイクタクシーの注意点は「意思の疎通」と「ひったくり」です。

まず、カンボジアのバイクタクシーの運転手は英語が通じないことが多いです。

価格でトラブルにならないように身振り手振りを使って、もしくは数字を書くなどして伝えましょう。

そして、ホテルや地名を知らない運転手も多いです。

有名な観光地などは大丈夫ですが、ホテルなどは知らないことが多いです。

目的地近くの寺か市場の名前を伝えると理解してもらえます。スマホで地図を見せるのも効果的です。

また、カンボジアではひったくりもありますし、たちの悪いドライバーもいます。

特にプノンペンでは夜間強盗もよく発生してますので、深夜のバイクタクシーは避けた方が無難です。

・英語が通じないドライバーが多い

・ホテルや地名を知らないドライバーには、目的地近くの寺か市場の名前を伝えよう。スマホで地図を見せるのも効果的

・ひったくりに気を付けよう。特に深夜のバイクタクシーは強盗にも気を付けよう

カンボジア(プノンペン)のバイクタクシー料金や乗車方法まとめ

今回は、カンボジア・プノンペンのバイクタクシー料金や乗車方法などをご紹介しました。

料金は交渉次第ですが、タクシーやトゥクトゥクより安価で使えるバイクタクシーは1人や2人の移動にはおすすめ。

カンボジアでよくある交通渋滞もへっちゃらで、スムーズに目的地に到着できます。

ただし、ヘルメットをつけずに乗るので、安全性は十分ではありませんし、大きい荷物を持っての乗車はできません。

また、英語が通じず、地名を理解してないドライバーも多いので、注意が必要です。夜のバイクタクシーは強盗やひったくりにも気をつけましょう。

上記の注意点に気を付けながら安全な旅をしてください。

以下の記事では、バイクタクシー以外にもプノンペンおすすめ観光スポットをご紹介していますので、合わせてご覧ください→初めてのプノンペンで行きたいおすすめ観光+役立ち情報8選

プノンペンの観光おすすめ【おさえとくべきスポットまとめ】1
初めてのプノンペンで行きたいおすすめ観光+役立ち情報8選カンボジアの首都「プノンペン」。プノンペンはたくさんの仏教寺院とフランス統治時代の面影が残る洋館が建ちならぶ、 カンボジアの首...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください