海外旅行

カンボジアのバイクタクシーの価格や乗り方【乗車動画あり】

カンボジアのバイクタクシーの価格や乗り方【乗車動画あり】


東南アジアでよく見られるバイクタクシー。
一人での移動の場合、安価で手軽に乗ることができます。

「乗ってみたいけど、どうなんだろ?」、「言葉通じるのかな?」、「怖い」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

カンボジアのプノンペンでバイクタクシーに乗ってきましたので、ご紹介したいと思います。
乗車時の雰囲気がわかる動画もありますよ。

カンボジア観光おすすめ【おさえとくべきスポットまとめ】
カンボジア観光おすすめ【おさえとくべきスポットまとめ】「カンボジアに行くけど、どこを観光すればいいかわからない」、「ガイドブックはいろいろ載りすぎてて、おすすめがわからない」ということありま...
プノンペンの観光おすすめ【おさえとくべきスポットまとめ】1
プノンペンの観光おすすめ【おさえとくべきスポットまとめ】カンボジアの首都プノンペン。 日本からアンコールワットに行くときに多くの方が訪れる都市です。 カンボジアはアンコールワットのある...

カンボジアのバイクタクシーの価格や乗り方【乗車動画あり】

近距離の移動ならバイクタクシーは非常に便利です。
ほとんどが普通の50ccバイクの後部座席に客を乗せて走るものです。
地元民の間では「モート」や「モトドップ」と呼ばれています。

今からカンボジアのバイクタクシーの価格と乗り方を詳しく説明していきます。

バイクタクシーの価格

価格は交渉制です。
僕の場合はプノンペンの独立記念塔から宿泊先のホテルジングまで2.3kmの距離をバイクタクシーに乗ることにしました。

カンボジアのバイクタクシーの価格や乗り方【乗車動画あり】1

事前に調べていたので、このくらいの距離ならUS1ドルで行けるだろうと踏んでいたので、走っているバイクタクシーを止めて、「US1ドルで行ってくれ」と価格交渉します。

1ドルじゃ無理と二台断られまして、ようやく三台目で交渉成立しました。
諦めなくて、よかったです。ただ、価格に不満なのか運転手はめっちゃ不満顔でした。w

ちなみに三台中二台は英語も伝わらなかったので、ボディランゲージで伝えました。

バイクタクシーの乗り方

町中のレストラン前や交差点などで客待ちしているバイクタクシーはトゥクトゥクと合わせると、5mおきに話しかけてきますので、その声掛けに応じる。(うざいくらいに声掛けしてきます)

もしくは、日本のタクシーを止めるのと同じように手を挙げて待っていると、向こうからクラクション鳴らしながら近づいてきてくれます。w

その後、価格を交渉し、お互いが納得したら乗ります。

運転手の後ろに座って乗るだけです。
ヘルメットはありませんので落ちないように気を付けましょう。

実際、乗車したときに動画を撮りましたので、ご覧ください。
二つ目の動画をご覧いただくとわかるのですが、マーケット?住宅街?の中の狭い道を抜けていったときは衝撃でした。

バイクタクシーの注意点

まず、バイクタクシーの運転手は英語が通じないことも多いです。
価格でトラブルにならないように身振り手振りを使って、伝えましょう。

また、ホテルや地名を知らない運転手も多いです。
有名な観光地などは大丈夫ですが、ホテルなどは知らないことが多いです。
目的地近くの寺か市場の名前で伝わることが多いです。

ひったくりもありますし、たちの悪いドライバーもいます。
特にプノンペンでは夜間強盗もよく発生してますので、深夜のバイクタクシーは避けた方が無難です。

・英語が通じないドライバーが多い

・ホテルや地名を知らないドライバーには、目的地近くの寺か市場の名前を伝えよう

・ひったくりに気を付けよう。特に深夜のバイクタクシーは強盗にも気を付けよう

おわりに

いかがでしたでしょうか?

一人や二人での移動は安価で使えるバイクタクシーがおすすめですが、気をつけなければならないこともあります。

上記の注意点に気を付けながら安全な旅をしてください。

 

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック