海外旅行

パタヤの巨大寺院!?「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は圧巻

パタヤの巨大寺院!?「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は圧巻1


パタヤの中心部から車で約20分の距離に最近話題の観光名所があります。
木造の巨大建築物「サンクチュアリー・オブ・トゥルース(真実の聖域)。」
一見、巨大な寺院にも見えますが実は寺院ではないんです。

1981年~現在も建築が続けられており、アジアのサグラダファミリアとも言われています。
海を背景にぽつんと立った巨大な建物は圧巻です。
先日、「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」に行ってみましたので、写真とともにどんなところなのかご紹介します。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの歴史

「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は、車の販売で財をなしたタイの大富豪レック・ヴィリヤファン氏が私財を投じて建てられた巨大建築物。
建て始めたのは1981年。レックの亡くなった今でも建築が続いています。
スペインのサクラダファミリアのようにずっと完成しないことからアジアのサクラダファミリアとも呼ばれています。

着工から約40年が経っているにもかかわらず、完成に至っていないのは、塩害によるダメージが激しいため。
修復に次ぐ修復を繰り返しているのです。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの建築の特徴

門から約300メートル歩くと、青い海を背景に立つ巨大な建物が目に飛び込んできます。
見る者を圧倒する荘厳な姿に言葉が出ません。

パタヤの巨大寺院!?「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は圧巻1

青い海と建物のコラボを見ながら、下へ下へと階段を下りていきます。
建築中で危険なので、ヘルメットを被っての見学となります。

観光の際にはかならず全員ヘルメット着用となります。

高さ100メートル、横幅100メートルの木造建築。
高級なチーク材に彫り上げられた彫刻や仏像は、ノミ一本で作られ、しかも金属製の釘は一本も使われていません。

17世紀から続くタイの建築技術を後世に残す目的もあり、寺院近くにある作業所で、宮大工(金属製の釘などを一切使わない大工)の職人が手彫り作業をしています。

パタヤの巨大寺院!?「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は圧巻2

寺院の屋根、尖塔、壁、柱など建物全体に、おびただしい数の仏像が並んでいます。
よく見ると仏像はいろんなポーズを取っており、表情も姿も異なっています。
木の色が異なっている所もあり、修復によって継ぎ足しされていることが確認できます。

寺院全体は、仏教とヒンドゥー教の神々を祭り、インド、中国、カンボジア、タイなどの哲学を融合した独自の思想を再現しています。
そういうのにあまり詳しくないのですが、ごちゃまぜといった印象です。w

パタヤの巨大寺院!?「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」は圧巻4

360度どこを見渡しても繊細な彫刻で埋め尽くされた巨大寺院は、神秘的で圧巻です。
本当に訪れてよかったと思える場所でした。

アクティビティも多数あり

アクティビティも多数あります。
イルカのショーを観たり、象に乗って寺院の周りを一周したり、乗馬や馬車まであります。他にもATVというバギーのような乗り物もあったりと遊園地化?していってます。

見学の注意点

一応寺院?のため、短パンやノースリーブといった露出の高い服は禁止です。
寺院へと続く階段の手前でおばちゃんが服装チェックをしています。
引き留められた方は、露店でスカーフを貸してもらいましょう。腰や肩に巻いて参拝してください。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの営業時間

営業時間は8:00~18:00まで。
定休日はありません。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの拝観料

拝観料は大人が500バーツ(約1750円)、こどもが250バーツ(約870円)です。
案内所で支払います。
希望すれば無料でガイドをしてくれます。

バンコクやアユタヤの寺院に比べて、だいぶ高額ですが、個人の資産で作ってるから仕方ないんですかね・・・

サンクチュアリー・オブ・トゥルースへはタクシーで

パタヤ市街地からサンクチュアリー・オブ・トゥルースまでのタクシー料金は片道250(約870円)バーツくらいです。
帰りは案内所で、タクシーを呼んでもらえます。

おわりに

今回はパタヤにある「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」をご紹介しました。
一見の価値はありますよ。

スペインのサクラダファミリアは遠くて、なかなか行けないので、アジアのサクラダファミリアに行ってみてはいかがでしょうか?

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック