観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

ヨーロッパ

モナコのおすすめお土産7選!何を買えばいいかわからない人必見!

モナコ公国は小学生でも知っているほどの有名な国にも関わらず、「行ったことがある」という人があまりいないのが現状です。

国土面積はなんと成田空港の約4分の1。世界で2番目に小さな国です。小さい国だけに、モナコらしいお土産を探すのは苦労するでしょう。

今回は、モナコでお土産選びに迷わないようにモナコのおすすめお土産8選をご紹介します。

ショッティ
ショッティ
モナコのお土産ってどんなものがあるんだろう。何を買えば、喜んでもらえるかな?

何を買えばいいかわからない人必見のモナコのおすすめお土産8選

モナコのおすすめのお土産8選は「ショコラトリー・デュ・モナコのチョコレート、モナコ公国の切手、モナコのロゴ入りアイテム、レピドールのお菓子、フーガス・デ・モナコ、F1モナコグランプリグッズ、ブラッスリー・ド・モナコのスーベニアボトル、エリアブリンのスキンケアアイテム」です。

一つずつ詳しくご説明します。モナコのお土産に迷っている人は参考にしてください。

ショコラトリー・デュ・モナコ(Chocolaterie de Monaco)

海外土産の定番といえば「チョコレート」。もちろんモナコにも自慢のチョコレートがあり、なんと公室御用達になっております。

その名も「ショコラトリー・デュ・モナコ(Chocolaterie de Monaco)」。

モナコのおすすめお土産7選!何を買えばいいかわからない人必見!1パッケージにも店名があしらわれているので、渡した相手もすぐに「モナコに行ったんだ」とわかってくれる逸品です。

トリュフチョコは1つ200円前後で、なんと1粒から化粧箱に入れてもらえます。ちょっとしたお土産にぜひチェックしてみてください。

ショコラトリー・デュ・モナコ(Chocolaterie de Monaco)
【住所】20 Rue Princesse Marie de Lorraine
【営業時間】9時半~18時半(日曜10〜18時)
【定休日】なし

モナコ公国の切手

国土面積がどれだけ小さくとも、モナコにも国の切手があります。

観光客たちにとっては、ちょっとしたお土産となっており、郵便局の職員さんたちも観光客対応に慣れています。

モナコのおすすめお土産7選!何を買えばいいかわからない人必見!2

簡単に買うことが出来るので、旅の思い出におひとつ買ってみてはいかがでしょうか?

平日の日中であればだいたいの郵便局が開いており、窓口にて購入可能です。

Office des Émissions de Timbres-Poste
【住所】23 Avenue Albert II
【営業時間カッコ9~17時
【定休日】土日

モナコのロゴ入りアイテム

ご当地土産の定番、地名入りロゴアイテム。人によっては「自分が行ったわけでもないのに、お土産としてもらっても困る」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、モナコだけは別!という声多し。Tシャツ、キッチンタオル、キーホルダー。

なぜか「Monaco」「Monte carlo」といった字が書かれていると、アイテム自体がなんだかクラスアップした印象になるからです。

というわけで、気軽に買えてお手頃なモナコのロゴ入りアイテムも是非チェックしてみてください。

ホテル内のショップや街中のキオスクなどでも種類豊富にラインナップされています。

Le Kiosque de la Place d’Armes
【住所】Place d’Armes
【営業時間】6~18時(土日~14時)
【定休日】土日

レピドール(L’Épi d’Or)のお菓子

レピドール(L’Épi d’Or)はモナコのパン屋さん。フランス語で「金の穂」といった意味を持ちます。

明るい店内は、中に入ると麦のとっても良い匂いがお店いっぱいに広がっているので、いるだけで一気にテンションアップ。

イートインスペースもあるので、朝食やカフェなどで利用するのも良いでしょう。お土産にはクッキーやチョコレートなどが持ち帰りやすいのでオススメです。お店のロゴも今風で可愛いので、お見逃しなく。

レピドール(L’Épi d’Or)
【住所】6 Rue Grimaldi
【営業時間】6時半~19時半(日曜6時半~13時)
【定休日】なし

モナコの郷土菓子「フーガス・デ・モナコ(Fougasse de Monégasque)」

フーガス・デ・モナコ(Fougasse de Monégasque)はモナコの郷土菓子です。ウエストのリーフパイを彷彿ほうふつとさせる葉っぱの形をしたパンで、お土産としても人気。

最近では、モナコの国旗からヒントを得た紅白のトッピングがあしらわれたものもよく見かけます。先ほどご紹介したレピドールをはじめ、市内のパンやさんで購入可能。

お店毎にサイズや葉っぱの形、味わいが異なるので、食べ比べをするのも楽しいですよ!

レピドール(L’Épi d’Or)
【住所】6 Rue Grimaldi
【営業時間】6時半~19時半(日曜6時半~13時)
【定休日】なし

F1モナコグランプリグッズ

「F1モナコグランプリの日のためだけにモナコで暮らしている」という筋金入りのファンもいるほど、1年で最もモナコを賑わせるイベント。

開催日はモナコの町中が封鎖され、サーキット会場に。機会があれば是非シーズン中にモナコに行っていただきたいですが、お土産は1年中購入可能です。

毎年西暦せいれきが入ったアイテムも登場するので、それらは旅の思い出としてオススメ。大手自動車メーカーやスポーツメーカーとのコラボ商品も発売されます。

Boutique Formule 1
【住所】15 Rue Grimaldi
【営業時間】10~12時半、14~18時半
【定休日】日曜

ブラッスリー・ド・モナコ(Brasserie de monaco)のスーベニアボトル

ブラッスリー・ド・モナコ(Brasserie de monaco)はモナコで生ビールが楽しめるバーです。

モナコのおすすめお土産7選!何を買えばいいかわからない人必見!3

店内では海を目の前に、ノリノリの音楽を聴きながら、モナコの海の幸とビールを心ゆくまで堪能することが出来ますよ。

お土産用の地ビールも扱っているので要チェック。コレクターズボトル仕様になっているので、飲み終わった後も、長くインテリアとして楽しむことができます。

ブラッスリー・ド・モナコ(Brasserie de monaco)
【住所】Route de la Piscine
【営業時間】12~3時
【定休日】なし

エリアブリン(Héliabrine)のスキンケアアイテム

エリアブリン(Héliabrine)は日本でも人気のモナコ発のコスメブランドです。日本よりも種類豊富にラインナップされているので、これを機会に試してみてはいかがでしょうか?

トラベルキットは買ったその日からお試し出来るのでオススメ。春から秋は日差しが強いので、サンカットアイテムなどもたくさん発売されます。

Pharmacie de Fontvieille
【住所】25 Avenue Albert II
【営業時間】7時半~21時(土曜8時~21時)
【定休日】日曜

モナコのおすすめお土産8選まとめ

今回は、モナコのおすすめお土産8選をご紹介しました。

モナコのお土産は超高級ブランドも良いですが、お値打ち価格のお土産探訪も楽しいですよ。

ドラッグストアやスーパーマーケットなどでは、フランスやドイツ、イタリアなどの周辺諸国のお菓子や日用品も扱われているので、合わせてチェックしておきましょう。

素敵なモナコお土産との出会いがありますように。