観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

高級リゾートホテル・旅館

「星野リゾート 界 加賀」の部屋・食事などを当ブログで紹介

近頃話題の星野リゾート「かい 加賀かが」。北陸三県の内でも最大級の温泉街を抱える山代温泉を堪能することができます。

温泉、お食事、ホスピタリティーなど、どこをとっても「流石、星野リゾート」と思わされ、加賀ならではの魅力も盛りだくさんの心癒される素敵な旅の記録を是非ご覧ください。

「星野リゾート 界 加賀」の部屋・食事などを当ブログで紹介

それでは、「星野リゾート 界 加賀」の部屋・食事などを当ブログで紹介していきます。

 

到着した瞬間から星野リゾートは始まる

車で伺ったのですが、旅館の前に到着すると、寒空の下で星野リゾートのスタッフの方がお出迎えくださり、駐車場の案内から手荷物の預かりまで非常にスムーズに案内してくださいました。
しっかりと笑顔で受答えされ、何気ない会話も上手に織り交ぜてくださり、ホスピタリティーの質の高さを感じました。

エントランスのある建物は、非常に立派な木造平屋の伝統的な日本家屋でしたので、見つけることには苦労しませんでした。

「星のリゾート 界 加賀」のエントランス

実際に宿泊するのはその奥に見えるベージュ色のマンションのような建物になります。
左下に小さく映っている黒い防寒着を羽織っている方が、到着時に案内していただける星野リゾートのスタッフの方です。

エントランスを抜けると素敵なフロント

玄関を抜けると素敵なフロントが迎えてくれます。日本家屋独特の雰囲気があり、落ち着きますね。

「界 加賀」のフロント

オブジェは「加賀水引の雪吊り」という加賀の伝統工芸で、下から見上げたら素晴らしい光景が広がっていました。とても美しいですよね。

「界 加賀」の「加賀水引の雪吊り」

チェックインを済ませると、客室まで案内される
のですが、道の途中に北大路魯山人の製作した焼
き物が展示されていて、思わず目を奪われました。
案内の間にもサービスの説明などしていただける
ので、期待に胸を躍らせ、キョロキョロしながら
歩みを進めたことを覚えています。

お土産は、フロントに隣接しているお土産売り場で買われるといいと思います。少し狭めな店舗ですが、お茶から陶磁器まで様々な特産品が用意されていますので、良いお土産が見つかるとおもいます。

加賀伝統工芸が彩る快適な客室

「加賀伝統工芸の間 和室(定員3名)」の客室に宿泊しました。

界 加賀の部屋

画面手前のソファはゆったり3人掛けで、旅路で疲れた体を優しく癒してくれました。障子の両脇に赤色の織物が張られていたのですが、この織物も伝統工芸品です。
客室に入ってすぐ振舞われる淹れたての加賀棒茶は心暖まるおいしさで、その香りは客室の雰囲気を一層際立たせます。
素敵なお部屋なのでゆっくりしたい気持ちもありましたが、離れの茶室でお菓子をいただけるご案内をいただいたので、それも無料でいただけるとのことだったので、急ぎ足で離れへと移動しました。

・茶室独特の時の流れ
客室から離れの茶室までの移動の途中で、中庭を通るのですがとても素敵だったので写真をご覧ください。

界 加賀の中庭

松の木や、苔むした岩、雰囲気を醸し出す石段など日本人の美感覚はやはり素晴らしいと思いました。茶室は、写真の右奥に見える建屋です。引き戸を開けお邪魔すると、美しい和室が迎えてくれました。

界 加賀の茶室

一番乗りだったので、貸し切り状態でしたが私が出るタイミングにはもう待機の列ができていました。茶室では点ててすぐのお抹茶をお菓子と一緒にいただくのですが、驚いたのはお抹茶の香りの良いこと!家で玉露を点てて飲むのとは大違いで、プロの技を無料で体験させてもらえて非常に満足しました。

・夕食までは星野リゾートのサービスを満喫
夕食まで時間が少しあったので、館内の無料サービスを体験しに行きました。
1階の広間でホットコーヒーやお茶、特製みかんジュースがセルフサービスで設置してあったのでホットコーヒーをいただきましたが、コーヒー用のカップやソーサーは全て九谷焼で中でも特別感がありました。

界 加賀のゆったりくつろげる広間

写真のように、広間はゆったりと寛げる空間となっています。
広間の両脇は庭となっており、陽の入りが良く解放感があって個人的には好きな空間でしたので、友人と楽しく談笑しているとあっという間に夕食の時間を迎えました。

星野リゾートが手掛ける加賀百万石の懐石料理

さて、ここからはこの旅の醍醐味である夕食の時間です。実は北陸に来たのが初めてだったので、どんなお食事がいただけるかとても楽しみにしていました。
お品書きを見ると懐石だったので順番にご覧いただければと思います。
お料理も注目ですが、食器も伝統的な焼き物を使っているので注目して見ていただきたいです。

 【一品目】金時草とフグの子(卵巣)糠漬けの和えもの、梅貝の塩昆布締め

金時草とフグの子(卵巣)糠漬けの和えもの、梅貝の塩昆布締め

 

加賀の食材ばかりですね。私が知っ
ていたのは、塩昆布くらいでした。
フグの子は、本来毒があり食用には
ならないのですが、加賀では古来よ
り糠漬けにすることで解毒し、食べ
ていたようです。まったりとした味
わいで、金時草の独特のぬめりと相性
が良かったです。梅貝の塩昆布締めは、想像どおりの味かと思いきや、貝の歯ごたえや旨みがしっかりしていて、噛めば噛むほど口の中に貝の旨みが広がる素晴らしい逸品でした。

【二品目】南京のすり流し

南京のすり流し

具材として、絹さや、棒蟹、大根餅の揚げだしが入っています。南京(かぼちゃ)の柔らかな甘さと香りが絶妙なおいし
さでした。特に驚いたのは大根餅の
揚げだしで、南京の優しく甘いお椀
の中で、ほど良い塩味と食感を与え
てくれました。食感はモチモチして
いて、時折大根がサクっと気持ちい
い歯ざわりを見せます。棒蟹も美味し
く、暖まるとても良いお椀でした。

【三品目】宝楽盛り

宝楽盛り

これは目を引きますよね。見た目から
美味しいことが伝わってきます。
右の四角形の器には
〇蟹と菊花の砧巻き
〇フォアグラ干し柿
〇鯛の棒寿司
〇はしばみの白和え
〇鴨燻製とりんごの串
〇松笠慈姑 田楽味噌
小鉢は
〇なまこポン酢
〇土佐酢和え 旬の恵
お造りは
〇鯛、鰤、鰆
となっておりました。
食べたことがない食材ばかりで驚きましたが、一番美味しいなと感じたのは、やはりお造りでした。鰆のお造りは初めてだったのですが、あっさりとした脂としっとり淡泊な白身が非常に美味しく感動しました。鰤は脂の乗りがよく、まったりとした旨みが素晴らしかったです。鯛は梅肉のタレでいただきましたが、爽やかな酸味と鯛の旨みが最高の組み合わせで口の中で唾液が止まらないおいしさでした。
フォアグラ干し柿や鴨燻製のりんご串もとても楽しい味わいで様々なお料理を一度に楽しめたため、非常に満足感の高い三品目となりました。

【四品目】かに養老ようろう

蟹の養老蒸し

非常に可愛らしいですよね!カラフルな
あられが目を引きます。ふわふわの中に
蟹の身をほぐした餡が入っていて、蟹の
旨みを堪能できます。
わさびと一緒に食べるとまた違った風味
になり、飽きずにペロッと食べられました。

【五品目】かに錦糸きんし

蟹の錦糸揚あげ

これは本当に新感覚のおいしさでした!
この錦糸の衣がとても不思議で、「サクッ」
と「シャリ」の間のような食感が楽しいお
料理でした。レモンをかけていただくので
すが衣がしっかりとレモンを吸うけれど全
く水っぽくならないので、衣の食感、レモ
ンの爽やかさ、蟹の旨みをまっすぐ感じら
れました。シンプルな蟹の旨みをしっかり
と感じられる一品です。

【六品目】土鍋ごはん

土鍋ごはん

この土鍋ごはんは山菜の香りや
贅沢に入れられた鰤の幽庵焼き
が一度に楽しめる懐石の締めに
ふさわしい贅沢な一品でした。
懐石全体のバランスが良かった
からなのか、最後のご飯も苦し
くなることなくお食事を楽しむ
ことができました。

【甘味】デザート

ゆずシャーベットでした。
最後に口がさっぱりとするのはやはりいいですね。

豪華な朝食

空調も簡単に調節でき、起床時も特に乾燥も感じず、ふかふかベッドのお陰で快い朝を迎えることができました。朝ごはんに期待を膨らませます。

こちらが朝ごはんとなります。お膳と左にあるお鍋です。

界 加賀の豪華な朝食

このお鍋がとっても美味しくて、「いしる鍋」という石川県の名物なようです。魚醤ベースのお出汁で、朝ごはんにちょうどいい塩味で非常においしくいただきました!
お魚は鰆の西京焼きでご飯がすすむ一品です。
お膳右側にある特製ジュースですが、野菜ジュースのような味わいで、食後にちょうど良いドリンクでした。
寂しいことに、これが星野リゾートでの一泊二日の旅程最後のお食事でしたので、食後の余韻をしっかりと味わい、客室までの帰り道にあるホットコーヒーを淹れて名残惜しくチェックアウトしました。

「星野リゾート 界 加賀」こだわりの温泉

星野リゾート 界 加賀は、浴場に山代温泉を引いています。露天風呂もついているので、とても寛げました。ただ、そこまで大きな浴場ではないので、空いていそうな時間帯に行った方がより楽しめると思います。
壁面には加賀の伝統工芸九谷焼の陶磁器タイルが貼ってあり、加賀の魅力発信に余念がありません。湯船にゆったりとつかりながら陶磁器の説明を読むのもなかなか良いものでしたよ。
お風呂上がりの脱衣所には、柚子はちみつ、お茶、アイスキャンデーが用意されていて、とてもおいしくお風呂上がりの水分補給をすることができます。
浴場なので写真が撮れなかったことが残念ですが、是非その目でお確かめいただきたく思います。

加賀ご当地楽 「加賀獅子舞―白銀の舞―」

広間で夜9時頃から、加賀獅子舞が見られ
ます。自由に観覧できるので遅れても安心
です。厄払いの舞とのことで、なかなか迫
力のある演舞でした。
観覧後は、獅子舞との記念撮影や日本酒の
ふるまいがあったので、私は寝酒の要領で
少し含んで就寝しました。

加賀ご当地楽 「加賀獅子舞―白銀の舞―」のふるまい酒

アクセスと詳細情報

帰りは、公共交通機関であれば最寄りのバス停からJR加賀温泉駅まで行くことができますのでご利用をお勧めします。

「星野リゾート 界 加賀」の部屋・食事などを当ブログで紹介まとめ

今回は、「星野リゾート 界 加賀」の部屋・食事などを当ブログで紹介しました。

「星野リゾート 界 加賀」は、落ち着いた雰囲気の旅館らしい旅館。
星野リゾートのホスピタリティーは素晴らしく、こちらが聞く前にお声かけしていただくこともありました。また、接客中でない職員も嫌な顔一つせず笑顔で働いていました。リゾートホテルの従業員としては当たり前かもしれませんが、利用者からすれば素晴らしいことに変わりないと思います。
お食事は、配膳の度に一つ一つ説明してくださり、美味しいだけではなく勉強にもなる非常に楽しい経験でした。星野リゾートのこだわりを最も感じた瞬間でもあります。
加賀の伝統的な工芸品や建物、食材に触れ、まさに異国を旅行しているような、そんな気分になる加賀の特色を濃く感じた滞在となりました。