旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

海外旅行

シンガポールからフェリーでリゾート「ビンタン島」へ行く方法

「シンガポールの滞在中にちょっと飽きてしまった」、もしくは「他にもおもしろい体験がしたい」という人におすすめなのがシンガポールから気軽に行けるリゾートの「ビンタン島」。

ビンタン島は、シンガポールではなく、インドネシアなのですが、フェリーで1~2時間ほどで簡単に行くことができるんです。

シンガポールからビンタン島へ足を伸ばせば、南国リゾート気分を味わうことができます。

今回は、シンガポール旅行の都会に飽きてしまった方におすすめの「ビンタン島」へフェリーで行く方法をご紹介します。

ショッティ
ショッティ
フェリーでシンガポールからビンタン島へ遊びに行ってみよう!

以下の記事では、ビンタンのおすすめホテルや体験できるアクティビティを紹介していますので、合わせてご覧ください→日帰りもできるビンタン島観光3選【シンガポールから行くリゾート】

シンガポールからフェリーで行けるリゾート「ビンタン島」

ビンタン島(Bintan Island)はインドネシア・リアウ諸島の一つ。海峡をはさみシンガポールの対岸46kmに位置しています。

ビンタン島はシンガポールからフェリーで1時間~2時間で行くことができ、手軽にリゾート感を味わえる場所として人気です。

ショッティ
ショッティ
ビンタン島へはフェリーでしか行けないんだ。

300ヘクタールの大きなビンタンリゾートはインドネシアではバリ島につぐリゾート地として、様々な魅力があります(シンガポールよりも大きい)。

遠浅の綺麗な白い砂浜、高級ホテル、いつでも暖かい熱帯性気候などが一年を通して多くの人々を引きつけています。

各種マリンスポーツやゴルフ、スパなどリゾート地としての設備も充実しています。

以下の記事ではビンタン島で楽しめるアクティビティを詳しく紹介してますので、合わせてご覧ください→ビンタン島で楽しめるアクティビティ

公用語

ビンタン島はインドネシアですので、もちろん公用語はインドネシア語。海外からの観光客も多いリゾートですので、英語ができる人も多いです。

通貨

ビンタン島では、シンガポールドルの利用ができません。ビンタン島到着後、フェリーターミナルにて「ルピア」に両替が必要です。

ショッティ
ショッティ
リゾート施設では、シンガポールドルも使用できたよ。

シンガポールとの時差

ビンタン島はインドネシアなので、シンガポールとの時差があります。シンガポールからマイナス1時間がビンタンの時間です。

島内交通

ビンタン島には公共通勤はありません。ホテルやビーチへは、ホテルのシャトルバスか車で無料送迎してもらえます。

ビンタン島へ行く際には、事前にホテルかツアーの申し込みをしておかないと路頭に迷ってしまう可能性も。

タクシーはあるので、フェリーターミナルとホテル以外の島内移動にはタクシーを使うといいでしょう。

シンガポールからビンタン島へのフェリーでの行き方

ビンタン島へは飛行機は飛んでおらず、フェリー以外に行き方はありません。

それでは、シンガポールからビンタン島へのフェリーでの行き方をご紹介します。

シンガポールのタナメラフェリーターミナルへの行き方

シンガポールからビンタン島へ行くには、タナメラフェリーターミナルからフェリーに乗る必要があります。

タナメラフェリーターミナルへはバス、タクシー、もしくはツアーで行く方法があります。

  1. チャンギ国際空港からターミナル2、4からタナメラフェリーターミナル行きのシャトルバスが運行しています。約20分(片道お一人様2シンガポールドル)
  2. タクシーでチャンギ国際空港から約15分(10シンガポールドル前後)、マリーナベイサンズから約20分(15シンガポールドル前後)
  3. ツアーで行く場合はホテルまで迎えに来てくれることが多いので、自力で行く必要はありません。

ツアーはフェリーのチケット手配なども含めてやってくれるので、めんどうくさい人は以下のようなツアーがいいでしょう。

【シンガポール発フェリー日帰り】ビンタン島でマングローブ観賞!セブン川探索ツアー〈ランチ付〉

ビンタン島へ行く3つのフェリー航路

シンガポールからビンタン島へ行くフェリーは3つの航路があります。

というのも、シンガポール側はタナメラフェリーターミナルのみですが、ビンタン側は3つの発着場があるんです。

以下の画像の上から順に「ビンタンラグーンリゾート」、「バンダル・ベンタン・テラニ」、「タンジュン・ピナン」です。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】

ホテルやアクティビティの場所にもよりますが、南は島民の居住地ですので、基本は「ビンタンラグーンリゾート」か「バンダル・ベンタン・テラニ」のどちらかに行くフェリーに乗ってください。

フェリーの本数

シンガポールから「ビンタンラグーンリゾート」、「バンダル・ベンタン・テラニ」へのルートを合わせて、平日は1日6本ほど、土日は1日8本ほど運航しています。

フェリー会社はBintan Resort FerriesとMozaic Ferry Linesの二つです。

フェリーの料金

フェリーの料金は、エコノミークラスの往復でだいたい4,000円から7,000円くらいです(土日は高め)。

数千円のアップで、飲み物付き(アルコールなし)、優先搭乗できる、専用ラウンジ付きのエメラルドクラスもあります。

フェリーのチケット購入方法

フェリーの予約はフェリーターミナルでもできますがオンラインの方が確実です。

しかも、今は日本語で予約できるホームページがあるので、英語が苦手な方でも簡単です。

以下がフェリーチケットの取り方です。

世界最大のフェリーチケット予約サイト「Direct Ferries」を開いて、出発地と目的地、そして、出発日・時間、人数などを記入し、検索します。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】4

②名前・国籍・パスポートNo.などの必要事項を記入します。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】5

③カード情報を記入し、支払いが終わればフェリーの予約完了です。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】6

英語ができる方は、直接Bintan Resort FerriesMozaic Ferry Linesのホームページからチケットを購入する方が1,000~2,000円程度安いのでおすすめ。

タナメラフェリーターミナルで乗船

乗船する流れは飛行機に乗るときと同じような流れです。フェリーで他国に行くわけですからね。

以下がフェリーに乗る順序です。

  1. まずタナメラフェリーターミナルでチェックインします。
    乗船する船会社のカウンターでパスポートとチケットを出してチェックイン。
    インドネシアの税関申告書を受け取ります。
    預ける荷物があればそのときに渡します。
  2. 続いて、出国審査です。
    パスポートのチェックがあります。(シンガポール入国の際に使った出国カードが必要になる場合もあり)
    ※日本国籍の方はインドネシア入国には6ヶ月以上有効のパスポートと出入国カードの半券が必要です。
  3. 出国審査が終わったら、フェリーの待合所で乗船時間まで待ちます。
    待合所にはおみやげ屋などあります。

フェリーターミナルにはセブンイレブン、カフェ、両替所などがあります。ドリンクや日焼け止め、虫よけスプレーなど揃えておくと便利。

2015年6月12日より、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、インドネシア入国査証(ビザ)の取得が免除されています
短期滞在はビザなしでオッケーです。
ビザについては、詳しくは在インドネシア日本国大使館のホームページをご覧ください。

時々ですが、フェリーでの移動中に海上ポリスが船を隣につけて、船を調べることがあります。

僕もフェリーに乗船した際に遭遇しましたが、特に持ち物も調べられることもなかったです。5分ほどで、船のチェックは終わり、ポリスは去って行きました。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】7

ビンタン島に到着

シンガポールからフェリーで1時間半ほどでビンタン島に到着しました。

シンガポールからフェリーで行くリゾート「ビンタン島」【ニルワナビーチクラブ】8

ビンタンでは入島の流れは以下の通りです。

  1. パスポートと税関申告書を提出して、入国審査を受けます。
  2. 手荷物を受け取り、荷物検査を受けます。
  3. ホテルの無料シャトルバスに乗って、ホテルへ向かいます。

シンガポールからフェリーでリゾート「ビンタン島」へ行く方法まとめ

今回は、シンガポールからフェリーですぐに行けるリゾート「ビンタン島」をご紹介しました。

ビンタン島はフェリーで1~2時間ほどで行けるので、シンガポールからの日帰り旅行にもぴったり(ビンタン島への飛行機はないので、必ずフェリーで行くこととなります)。

シンガポールで観光やショッピングを楽しんで、ビンタン島でゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?