パソ部|初心者のためにわかりやすくWindows10操作を解説

マウス・タッチパッド

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法

Windows10のノートパソコンによく付いている「タッチパッド」。

タッチパッドに手が触れてしまって、別ウィンドウが開いたり、カーソルの位置が変わったりして邪魔に感じることがあるかもしれません。

ショッティ
ショッティ
タッチパッドを無効化したいと思わない?

マウスがあったらタッチパッドは必要ないので無効化するといいでしょう。

今回は、Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法を説明します。

もくじをタップすると見たいところまで飛ぶことができるので便利です。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法

Windows10のキーボード操作の際にタッチパッドに当たってしまって、勝手に操作されてしまうことありますよね。

マウス操作時には、タッチパッドは必要ないので無効化してしまいましょう。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法を説明していきます。

タッチパッドをオフにする

まずは、タッチパッドをオフにする方法です。

タッチパッドが使えなくなるため、ワイヤレス(無線)タイプのマウスの電池切れ、マウスの壊れがあるとパソコンが使えなくなってしまいます。ご注意ください。

マウスが使えなくなった場合に、タッチパッドを使えるようにする設定は以下の項をご覧ください。

「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」をオフにする

タッチパッドをオフにする方法は以下のとおりです。

画面左下の「スタート」をクリックし、表れた中から「設定」をクリックします。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法1

次に「デバイス」をクリックしてください。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法2

左の項目の中から「タッチパッド」を選びます。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法3

タッチパッドが「オン」になっているのでクリックし、「オフ」にしてください。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法4

以上で、タッチパッドがオフになりました。

「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」の設定をオフにする

先ほどご説明した「タッチパッドをオフにする」だけだと十分とは言えません。

ワイヤレス(無線)タイプのマウスの電池切れや出先でマウスを忘れてしまった場合、たちまちパソコン操作ができなくなってしまうからです。

ですので、あらかじめ「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」の設定をオフにしておきましょう。

まず、画面左下の「スタート」をクリックし、「設定」を選択します。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法1

次に「デバイス」をクリック。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法2

左の項目の中から「タッチパッド」をクリックしてください。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法3

タッチパッドの設定は「オン」にしたまま、すぐ下にある「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外しましょう。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法5

以上で、マウスがない場合には自動的にタッチパッドが使える状態になります。

「タッチパッド」の項目がない場合

「タッチパッド」の項目がない場合には、以下のように操作していきます。

まず、画面左下の「スタート」をクリックし、「設定」をクリック。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法1

デバイスを選択してください。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法2

そして、左の項目の中からマウスを選択した後、関連設定の「その他のマウスオプション」もしくは「追加の設定」を押します。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法6

マウスのプロパティ画面が出てきたら「タッチパッド」タブをクリック。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法7

「クリックしてタッチパッドの設定を変更します」をクリックします。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法8

「外部USBマウスが接続されている場合、内臓ポインティングデバイスを無効にします」にチェックを入れてください。

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法9

Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法まとめ

今回は、Windows10でマウス操作時にタッチパッドを無効化する方法を解説しました。

タッチパッドを完全に無効化してしまうとワイヤレスマウスの電池が切れたときにめんどうくさいことになってしまいます。

マウスを接続している場合だけタッチパッドがオフになる設定にしておくといいでしょう。

マウス操作時はタッチパッドがオフになり、手のひらが触れても意図せず操作をしてしまうといった現象を防ぐことができます。

また、出先でマウスを忘れてしまったり、マウスの電池が切れたりした時でもタッチパッドがマウスの代わりとして役立つのでおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA