旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

役立ち情報

吉田沙保里のアスリート・ボディは下着姿もスポーティ&アダルトに映える

この度、元女子レスリング選手で金メダリストの吉田沙保里が、ワコール製品のキャラクターに就任しました。

その新ブランド名は「Date.(デイト)」!

ワコールが立ち上げた新ブランド「Date.」のメイン商品「シンクロブラ」を着けた吉田沙保里1

ワコール公式通販サイトよりいん

ノンワイヤーで楽なのにズレにくい「シンクロブラ」の特長を、鍛え上げられたボディがどう表現して行くのか。

ショッティ
ショッティ
吉田沙保里選手がイメージキャラクターの下着って「Date.(デイト)」ってどんなもの?

女性にはもちろんのこと、男性間でも話題になること必至デス!!

「Date.」インナーで、世界の吉田が華麗に変身!

モデルや女優が下着メーカーのキャラクターに選ばれて、みずから商品を身に纏って各種媒体ばいたいに露出するのは当たり前のことですよね。

そういった常識のからを破った元アスリートの新下着キャラが、今夏誕生しました。

モデルとなったのはなんと、元女子レスリング世界一とギネス社も認めた「霊長類れいちょうるい最強女子」吉田沙保里よしださおり(36)です。

その吉田が前面に出てPR展開するのが、大手下着メーカーのワコールが立ち上げたブランド「Date.」の商品。メインとなるのが「シンクロブラ」です。

その“現物”を身に着けた吉田が、モデルとなって公式サイトやWEB動画、店頭などで鍛えられたアスリート・ボディを惜し気もなくさらしているのです(7/2から)。

彼女は以前、所属していた企業CMに出演歴はあるものの“下着モデルとしての出演”は初。

撮影にあたっては、「体幹のトレーニングで6キロくらい減量しました」と力の入れ方も半端ない様子でした。

「ある種、試合よりも緊張した」というアドレナリンが上がった姿は、感動的ですよ! 実際に観て体感してほしい商品ですよね。

吉田は今年の1月に現役を引退してからは、指導者の顔、テレビ番組のパーソナリティーやコメンテーターとしての顔、タレントの顔など、様々な「顔」を使い分けて活躍してきました。

その未知の分野へチャレンジする姿勢が「Date.」のブランドイメージと重なったのが、今回のオファーの要因みたいですね。

事実、「Date.」ブランドのコンセプト“女を楽しむ”は、現在の吉田の姿に重なって見えます。

ワコールが立ち上げた新ブランド「Date.」のメイン商品「シンクロブラ」を着けた吉田沙保里2

ワコール公式通販サイトより引用

ここで下着姿を披露することによって、さらなる1歩を踏み出して見えるのは確実ですね。

あらたな挑戦としての下着姿の披露は、この上ない「対戦相手」なのではないでしょうか!?

そして、たとえ吉田のように大きな舞台での“チャレンジ”ではないにしても、日常生活ではそのスピリッツが見え隠れしている頑張り屋さんの女性も多いことでしょう。

そうした一般女性の秘めたスピリッツと吉田が向かい合うチャレンジ精神が同ブランドのコンセプト“女を楽しむ”に重なって行くのですね。

“ズレない私で、いこう”のキャッチコピーが示す通り、ノンワイヤーで、楽なのにズレにくいのが同商品の特徴

「Date.」のスピリッツに共感して、応援する女性が増えそうです。

機能美とヴィジュアル性を合わせ持った吉田沙保里&Date.のシンクロブラ

アスリートがメディアにもてはやされる時は、男子でも女子でもヴィジュアルが先行する場合が多かったという側面がありました。

当然ながら実力が伴って、そうでないことも多いですけど…。

そういった固定観念を打ち破ったという点においても、今回の吉田の「シンクロブラ」CM展開と付随ふずいする一連の「Date.」ブランドの広告展開は快挙とも言えるんだと思います。

何せ、世界トップレベルではなく引退したとはいえ「トップ」自身が下着姿を公開しているのですから。

吉田が作り上げてきた究極の「勝つためのボディ」が素晴らしかったにほかはありません。

“いやらしい”感じは皆無で、勝利のために鍛え上げられた肉体とそれを包み込むシンクロブラが醸し出すオーラが、女性の購買欲をくすぐるに違いないのです。

“機能美”へのあこがれと見た目の良さも、大きく作用してくるはずです。

個人的には、バレーボールの三屋裕子、江上由美らを推したいところですが、当時のアマチュア規定で肖像権の営利目的での利用はできなかったんですね。

そのおかげで、いかんせん露出が少なかったのが惜しまれるところです。現全日本女子バレー監督の中田久美の選手時代もそうでした。

「サオリンがうらやましいな」とも思いますよ。

ただし、アマチュア規定が当時も今レベルだったとしても、吉田沙保里のシンクロブラのCMに比べたら小粒だと思わざるをえないのです。かなわないのですよ、吉田の体とシンクロブラには!

歴代のアスリートで、このブラジャーを付けて“になる”としたらマラソンの元祖美人ランナー・谷川真理か現在はネット局でキャスターをしているバドミントンの陣内貴美子が挙げられるでしょうね。

裏を返せば、それ程のレベル(機能美を備えた)の下着を、今では普通に手に入れられる時代になったということです。


丸山桂里奈がトリンプ「sloggy」ブランドアンバサダーで吉田「Date.」シンクロブラに追従か?

レスリングの吉田がワコール「Date.」シンクロブラならば、トリンプでは「sloggy」のブランドアンバサダーに元サッカー日本代表の丸山桂里奈(36)が就任しました。

こちらの商品も「ノンワイヤーなのですごく付け心地がいい」と丸山は絶賛です。
実際の撮影には「sloggy ZERO Feel Soft Bra(スロギー ゼロフィール ソフトブラ)」を着用してのリフティングも披露していました。

「肌も喜んでいる感じ。軽いし動いてもズレないし、体にフィットしている。まるでつけていないような感覚です」と丸山はご機嫌なまま撮影を終えました。

「Date.」シンクロブラと「sloggy ZERO feel SoftBra」、どちらもノンワイヤーがウリの対決に今年の夏は熱くなりそうです!

リアル体験にもとづいた、とっておきの役立ち情報をご紹介しています!

ショッティがこれまでに体験したとっておきの役立ち情報を公開しています。
ご覧の皆さんのお役に立てること間違いなし。

とっておきの役立ち情報はコチラをクリック