旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

国内旅行

LCCのバニラエアで関空から奄美へ【安く旅行に行きたい方必見】

バニラエアをご存知ですか?

バニラエアはLCC(ローコストキャリア)の航空会社です。
簡単に言えば、安い価格で乗れる飛行機を運営している会社です。

関西国際空港(大阪)ー奄美空港(鹿児島)間の飛行機も飛んでおり、関空からとてもお得に奄美大島へ遊びに行くことができます。
同じ南国の沖縄に行く半額以下の金額で行くこともできます。

先日、バニラエアで関空から奄美大島へ行ってきましたので、バニラエアはどんなものなのか、チェックイン時の様子や注意点などをご紹介したいと思います。

奄美大島の海といえば「土盛海岸」【奄美で一番綺麗な海】5
一泊二日で楽しむ奄美観光10選【奄美東側の観光まとめ】先日、一泊二日で奄美大島に旅行へ行ってきました。 「一泊二日って短くない?」と思われるかもしれません。 たしかに二日だけでは奄美...

LCCのバニラエアで関空から奄美へ【安く旅行に行きたい方必見】

それでは関空から奄美へ行けるLCCのバニラエアを詳しく紹介していきます。

バニラエア

2011年に元々はANAとエアアジアの共同出資によりエアアジアジャパンとして設立されましたが、2013年にエアアジアとの提携が解消されて、ANAの100%子会社となります。

その後、社名をバニラエアに変更し、現在に至りますが、2019年度末には同じくANAグループのピーチと統合することが決まっています。

統合後の料金体系など不明瞭なこともありますので、行くなら今のうちがいいかもしれません。

大阪ー奄美間のフライト時間

大阪からは一日一便で、大阪9:40分発~奄美11:30分着の1時間50分のフライトです。

奄美からも一日一便で、奄美16:55分発~大阪18:25分着の1時間30分のフライトです。

どちらも二時間かからないので、土日でも気軽に旅行に行くことができます。
実際、僕は土日で行ってきましたが、十二分に楽しむことができました。
後ほどご紹介しますが、価格が安いので、二日間でも損をした気になりません。

バニラエアの座席

バニラエアの座席は他のLCC同様、ANAなどの航空会社の飛行機と比べて狭いです。165cm、60kgの僕からしたら狭いと感じることもありません。

女性や小柄な男性であれば全く問題ないと思います。
僕が搭乗したときも大人の男性もたくさんいたので、座席の広さは問題ないと思います。
乗っている時間も二時間弱なので。

それでも気にされる方は通路・非常口そばの座席の広いリラックスシート(大阪ー奄美間は片道1,000円。)もありますので、そちらを選んでいただくといいと思います。

バニラエアはとにかく安い

バニラエアはとにかく安いです。
LCCのピーチやジェットスターと比べても大幅に安いです。(大阪ー奄美間の同じ路線はピーチやジェットスターにはないので同路線では比べられませんが)

スカイスキャナーで航空券を比較してもらえると価格の違いをわかっていただけると思います。



以下の画像をご覧ください。
僕が2018年にバニラで奄美へ行った時の予約完了メールですが、搭乗者二人の土日の往復の予約で17,040円です。一人当たり約8,500円。

預け荷物がなければこの金額だけで往復ができます。
手数料なども含んだ金額です。安いでしょ?
沖縄に行く半額くらいで予約することがきました。

LCCのバニラエアで関空から奄美へ【安く旅行に行きたい方必見】1

ただし、僕が使ったプランは「ワクワクバニラ」というプランで、バニラエアの中では一番安いプランです。
預け荷物がある場合には片道あたり追加2,000円を払う必要があります。

ワクワクバニラの販売時期は不定期ですし、無料の手荷物は7kg(55cmX40cmX25cm以内かつ、三辺の合計が115cm以内で二個まで)までだったり、プランの変更や払い戻しが不可だったりします。

しかしながら、そういったことを含めても、個人的にはワクワクバニラがおすすめです。

バニラエアでは「コミコミバニラ」、「シンプルバニラ」、「ワクワクバニラ」の3つのプランがあり、プランによって、予約の変更ができたり、シートの指定や預け荷物が無料になったりします。

プランの詳しい違いはバニラエアのHP(バニラエア運賃タイプをご覧いただけたらと思います。

また、セールもよくやっており、セール時にワクワクプランだと片道550円なんて時もあります。僕の知人は往復3,000円ほどで毎月奄美に行ってます。

セール情報が欲しい方は公式HPからメルマガを登録しているといち早く情報をゲットできますよ。バニラエアのメルマガ登録はコチラ

関西空港のバニラエアのチェックインとチェックイン時の注意点

バニラエアの関空でのチェックインは国内線は「第一ターミナル 2FのANAとJALの間(2F中央)」にチェックインカウンターがあります。
国内線は出発時刻の90分前~30分前がチェックイン時刻です。

国際線は「第一ターミナル 4FのC」がチェックインカウンターです。
国際線は出発時刻の120分前~50分前がチェックイン時刻です。

バニラエアはLCCですが、第一ターミナルです。
LCCのピーチは第二ターミナルです。
ピーチと混同して、第二ターミナルに行かないように気を付けましょう。

チェックイン時にも注意が必要です。
チェックインをする前に荷物の重量のチェックがあります。
スタッフの前で体重計のようなものに荷物を載せます。

ワクワクバニラで予約された方は手荷物を7kgまでに抑えるようにしましょう。
僕の場合は実際7.14kgだったのですがそのまま通してくれました。
許容範囲ということでしょうか。

一緒にいった彼女は7.5kgほどだったのですが、持っていた折り畳み傘とペットボトルのジュース等を僕に渡した後に計測したら7kgを下回りました。

スタッフの前でこのやりとりしてたのですが、怒られることはありませんでした。
けっこうゆるいようです。

ちなみに帰りの奄美空港でもお土産の飲み物で7kgを越えてしまったのですが、搭乗前に飲むという条件で了承していただけました。

後々思ったのですが、手荷物の重量をパスした荷物には検査済のバンドが付けられるのですが、付けてもらった後には再度計測することはないので、お土産買って入れてもわからないんじゃないかと・・・。だからといって、やってはだめですよ。w

バニラエアのHPには以下のように書いてありますので、ご注意ください。
「手荷物サイズの超過が確認された場合には、所定の料金、手数料をお支払いいただいた上で、カウンターにてお預けいただきます。ご同意いただけない場合には、搭乗をお断りする場合がありますのでご了承ください。

荷物は無料の7kgの手荷物に抑えるようにしましょう。
荷物を預ける場合は20kgまでで、2,000円かかります。(大阪ー奄美間の場合。乗る距離によります)

手荷物の計測が終わった後はチェックイン用の機械があるので、QRコードを読み込ませるか、または予約番号を打ち込んで、チェックインをします。

その後、預け荷物がある場合にはカウンターで荷物を預けます。
ない場合はこれでチェックインは終了です。

手荷物検査

チェックイン後は搭乗ゲートに向かいますが、その前に手荷物検査を受けます。
これは他の航空会社を使ってもまったく同じです。
ライターやはさみなどの危険品は持ち込むことができません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はバニラエアの良さや注意点などをご紹介しました。
奄美自体も海が綺麗ですし、暖かいし、人も優しく、とても素晴らしい場所です。

僕は大阪に帰ってきて、さっそく次の奄美の航空券を「ワクワクバニラ」で予約しちゃいました。
今度はさらに安く、すべて込みで5,160円です。

旅行行きたいけど、お金使いたくないという方にはバニラはとてもおすすめです。

ショッティが旅した海外・国内のとっておきの旅行情報を公開中!

ショッティはこれまでに海外・国内の様々な場所を旅行してきました。
このブログでは現地で体験した「とっておきの旅行情報」を公開しています。

とっておきの海外旅行情報はコチラをクリック

とっておきの国内旅行情報はコチラをクリック