観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

役立ち情報

Outlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説

Windows10のoutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説

「Outlook(アウトルック)」とは、Eメールの送信・受信をメインの機能としたソフトウェアです。

Windows10のパソコンを購入すると、最初からOutlookが入ってることもよくあるので、使用されている人も多いのではないでしょうか?

Outlookでメールをやり取りするときに困るのが、「まだ読んでないのに、受信メールを選択しただけで、既読になってしまうこと」。

ショッティ
ショッティ
未読のままにしておきたいのに勝手に既読になってしまって困ってるんだ。

既読になってしまうと、どこまで読んだか後でわからなかくなってしまいますよね。

しかし、設定を変更すれば、未読のまま置いておくことができるんです。

今回は、Windows10のOutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説します。

※Windows10(最新)の画面でご説明しますが、基本的な流れはWindows7などでも同じですので参考にしてください。

Outlookの設定を変更して、メールを未読のまま置いておく方法を画像付きで解説

それでは、Outlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説していきます。

以下の順に、Outlookの設定を変更します。

Outlookを開いたら「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」→「閲覧ウインドウ」→「閲覧ウインドウでの表示が終わったら開封済みにする」のチェックをはずす。

それでは、Outlookの設定を変更して、メールを未読のまま置いておく方法を画像付きでくわしく解説していきます。

Outlookの左上にある「ファイル」を押す

Windows10のoutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説5

Outlookを開いたら、左上にある「ファイル」のタブをクリックします。

オプションを選択

Outlookの設定を変更して、メールを未読のまま置いておく方法を画像付きで解説2

次に「オプション」を選択します。

「詳細設定」を選択してから、閲覧ウィンドウを開く

Windows10のoutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説3

オプション画面の「詳細設定」に進み、「閲覧ウィンドウ」を開く。

閲覧ウィンドウにあるチェックをはずす

Windows10のoutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説4

閲覧ウィンドウにある「閲覧ウィンドウでの表示が終わったら開封済みにする」のチェックをはずせば作業終了です。

ショッティ
ショッティ
画像付きだったから簡単だったでしょ?

Outlookの設定を変更して、メールを未読のまま置いておく方法を画像付きで解説まとめ

今回は、Windows10のOutlookでメールを「未読のまま」にしておく方法を画像付きでわかりやすく解説しました。

まだ読んでないのに、選択しただけで、既読になってしまうとどこまで読んだかわからなくなって、重要なメールを見逃してしまう可能性があります。

Outlookの設定を変更して、未読のままでおいておけるようにしましょう。