旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

役立ち情報

日本開催のラグビーW杯日程や会場、チケット情報まとめ【2019年】

2019年9月~11月まで、日本でラグビーのW杯が開催されるのをご存知ですか?

「ラグビーW杯」は「夏季オリンピック」や「サッカーW杯」と並び、世界三大スポーツと言われています。
そんなW杯が日本に来るんです。見に行かない理由はないでしょう。
もちろん日本代表もW杯出場しますよ。

今回は日本開催のラグビーW杯の日程や会場、チケット情報をまとめてご紹介します。
実はこれからでもまだチケット買えるんです。
生きてる間にラグビーのW杯を観れる機会はたぶんもうないと思うので、ぜひとも応援しに行きましょう。

日本開催のラグビーW杯日程

ラグビーのW杯は2019年の9月20日(金)~11月2日(土)までの44日間。
9/20の初戦は日本代表対ロシア代表の一戦で幕を開けます。

世界3大スポーツ大会と称される夏季オリンピックは17日間(2016年リオデジャネイロ)、サッカーW杯は32日間(2018年ロシア)なので、それに比べても、ラグビーW杯の開催期間は長いんです。

ラグビーW杯の開催会場

ラグビーW杯の会場は日本全国、北は北海道から南は九州の熊本まで12の都市で開催されます。
全国に散らばっているので、大都市に行かずとも手軽に行ける先でも見れるのではないでしょうか?

ラグビーW杯の会場

札幌ドーム(北海道)、釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県)、越谷ラグビー場(埼玉)、東京スタジアム(東京)、横浜国際総合競技場(神奈川)、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡)、豊田スタジアム(愛知)、東大阪市花園ラグビー場(大阪)、神戸市御崎公園球技場(兵庫)、東平尾公園・博多の森球技場(福岡)、大分スポーツ公園総合競技場(大分)、熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本)


ラグビーW杯のチケットまだ間に合います

ラグビーW杯のチケットはまだ購入することができます。
購入方法や販売日程、料金や座席について詳しくご説明します。

販売日程と購入方法

ラグビーW杯の販売日程と購入方法は以下の通りです。

ラグビーW杯公式サイトから

チケット販売がスタートしたのは2018年1月。
現在までにすでに第二次一般販売(先着順)は終了しています。
そして、第三次一般販売(先着順)は2019年5月18日(土)18:00~019年7月下旬、第四次一般販売(先着順)は2019年8月(日付未定)~販売予定です。

ラグビーW杯公式サイトよりID登録し、登録後、ログインして、チケットの申し込み・購入をおこないます。

まず、ラグビーW杯公式サイトで「氏名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス、応援しているチーム」などを記入します。
記入後、「登録」ボタンを押します。
すると、「本登録手続きのお願い」メールが届きますので、「本登録を完了する」ボタンを押せば、登録完了です。

※IDの登録は5分程度でできます。

公式リセールサービス

2019年5月31日(金)18:00~は公式サイトで「リセールサービス」も実施されます
購入した人が観戦できなくなってしまった場合に、公式チケットサイトを通じて、再販することができる仕組みです。(公式リセールサービス以外でのチケット転売は禁止されています。)
ただし、定価での販売となります。
こちらも通常の購入同様、ラグビーW杯公式サイトよりID登録が必要となります。

※セット券(チームパック、スタジアムパック)、プレミアムシート及びスポーツ・ホスピタリティ、また本公式チケットサイト以外で販売されたチケットはサービス対象外となります。
座席に関しては後ほどくわしくご紹介します。

STHジャパン提供のホスピタリティープログラム

ん?何それ?と思われるかもしれません。
こちらは食事やライブなどを組み合わせたSTHジャパンが提供するホスピタリティープログラムと呼ばれる高額のパッケージ購入を通じてチケットを入手する方法です。
お金に余裕がある方におすすめ。こちらも公式のチケット入手方https://hospitality.rugbyworldcup.com/packages法です。

こちらは公式ホスピタリティーサイトから、もしくはJTBから予約可能です。

旅行代理店の扱うチケットを含めた旅行

JTBが提供するチケット付きのパッケージ旅行です。
詳細はJTBのラグビー観戦ツアーのページをご覧ください。
JTB以外でも取り扱いをしている旅行代理店もあるかもしれません。

座席&料金

座席は全会場とも「カテゴリーA~カテゴリーD」までの4種類の席が用意されています。
どのような席割になっているかは各会場の座席表をご覧ください。

カテゴリーDでもちゃんと見れそうだし、十分じゃないのかなって個人的には思ってます。もちろん座席によって料金は変わりますからね。
料金表は以下の通りです。
カテゴリーAはかなり高額ですが、カテゴリーDなら大人でも2,019円や3,000円からあるので、気軽に観戦できますね。

日本開催のラグビーW杯日程や会場、チケット情報まとめ【2019年】1

チケットの種類には上記のような一試合を観戦できるものから、各会場で行われるプール戦のすべての試合を観戦できる「スタジアムパック」や見たい代表チームのプール戦のすべての試合を観戦できる「チームパック」もありましたが、これらはすでに販売を終了しております

おわりに

今回は今年、日本で開催されるラグビーW杯をご紹介しました。
世界三大スポーツ大会のラグビーW杯が次日本でおこなわれることはいつになるかわかりません。
あるかもないかもわかりません。

せっかくの機会ですので、盛り上がっていきましょう。
2020年の東京オリンピックの前にラグビーW杯を応援しましょう。

リアル体験にもとづいた、とっておきの役立ち情報をご紹介しています!

ショッティがこれまでに体験したとっておきの役立ち情報を公開しています。
ご覧の皆さんのお役に立てること間違いなし。

とっておきの役立ち情報はコチラをクリック