役立ち情報

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法まとめ【宅建士が解説】

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法まとめ【宅建士が解説】


賃貸物件の初期費用や家賃って、交渉次第で安くしてもらえるのをご存知ですか?

そのまま借りるのはもったいないですよ。
交渉するだけならタダですから、無理でもチャレンジしたほうがいいですよ。

今回は宅建士の資格を持った僕が「賃貸不動産の初期費用(礼金・仲介手数料)、家賃を安くする方法」をご紹介します。
これから賃貸不動産を借りようと思ってる方はぜひ実践してみてください。

ショッティ
ショッティ
安くしてもらって、そのお金で電化製品買っちゃおう

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法まとめ【宅建士が解説】

それでは賃貸不動産の初期費用や家賃を安くする方法をまとめて説明していきます。

賃貸不動産の契約時に必要な費用

家・マンションの賃貸契約時に必要な費用は一般的には敷金・礼金(ない場合もあり)、仲介手数料、当月分と来月分の家賃(管理費・共益費込み)、火災保険料。
それとは別に部屋の清掃代や鍵交換代がかかる物件もあります。

どれくらいか想像しにくいと思いますので例を挙げてみましょう。
以下のグラフは敷金・礼金が10万円、家賃7万円の場合です。
初期費用合計で約30万円かかっています。

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法【宅建士が解説】1

思ったよりかかるんだなと感じた方も多いかもしれません。
初期費用は家賃が上がるにつれて、それにともなって、上がっていきます。
下げれるだけ、下げていきましょう。

賃貸不動産契約時の礼金を安くする方法

礼金は家主さんに払う費用ですが、敷金と違い、引越する際にも返ってこない費用です。
下げれるものなら下げたいですよね?

礼金に関して、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【必見】賃貸マンションの礼金は交渉できる【宅建士が解説】
【必見】賃貸マンションの礼金は交渉できる【宅建士が解説】賃貸マンションを借りる時の礼金ってけっこう高いですよね。 借りる時の初期費用って他にも敷金やら手数料やらあるからどうにかならんかなって...

賃貸不動産契約時の仲介手数料を安くする方法

仲介手数料は不動産屋さんに支払う費用です。
仲介手数料には上限など法律上の決まりがいろいろあるんです。
そんな法律や仲介手数料を安くする方法を以下の記事で紹介しています。

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法【仕組みを宅建士が解説】
賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法【仕組みを宅建士が解説】家を借りるときって、いろいろお金かかりますよね。 家具や家電も買ったりするし、できれば費用は抑えたい。 そんなみなさんに朗報です...

賃貸不動産の家賃を安くする方法

長く住むことを考えれば、一番値下げしたいのは家賃ですよね。
月2,000円安くなれば、年間で24,000円の節約となります。

家賃ももちろん交渉できますので、やってみてください。
以下の記事では家賃を交渉する方法をご紹介しています。

家賃の値下げ交渉の方法・時期を宅建士が解説【安く住みたい方必見】
家賃の値下げ交渉の方法・時期を宅建士が解説【安く住みたい方必見】新しくて、綺麗。広くて、駅から近い。 そんな賃貸マンションに住みたいと思いませんか? でも、そういう条件のいい物件はその分家賃が...

その他の初期費用を安くする方法

火災保険料

火災保険は必ず入らなければなりません。
しかし、不動産屋さんが斡旋している火災保険は高額なものが多いです。

少し手間ではありますが、ご自身で安いものを探してきて契約すれば、それだけで5千円~1万円程度抑えることができます。

鍵交換代・清掃代

鍵交換・清掃はいらなければ断れる場合が多いです。

清掃は自分ですればいいですし、鍵は交換したほうが安全ですが、気にならないのであれば交換しなくても良いでしょう。

この二つを省くだけで、3万円~5万円くらい抑えることができますよ。

おわりに

我々、物件を借りる側からしたら、できれば初期費用・家賃を安くしてもらいたいものです。

不動産は値段が決まってるわけではありません。
交渉次第で値段を変えれるのが不動産の良いところでもあります。
交渉するだけなら無料ですので、ぜひ交渉してみてくださいね。

リアル体験にもとづいた、とっておきの役立ち情報をご紹介しています!

ショッティがこれまでに体験したとっておきの役立ち情報を公開しています。
ご覧の皆さんのお役に立てること間違いなし。

とっておきの役立ち情報はコチラをクリック