旅とショッティ|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

役立ち情報

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法4選【宅建士が解説】

賃貸の不動産の初期費用(礼金・仲介手数料)や家賃って、高いですし、できれば安くおさえたいものですよね。

ショッティ
ショッティ
賃貸不動産の初期費用・家賃を安くできるって知ってた?

交渉次第で、賃貸不動産にかかる礼金や手数料・家賃を安くすることができます。

最初に提示された金額のまま借りるのはもったいないです。交渉するだけならタダですから、チャレンジしてみるといいでしょう。

今回は、宅建士の資格を持った僕が「賃貸不動産の初期費用(礼金・仲介手数料)、家賃を安くする方法4選」をご紹介します。

これから賃貸不動産を借りようと思ってる方は、ぜひ実践してみてください。

ショッティ
ショッティ
賃貸不動産の初期費用・家賃を安くしてもらって、そのお金で電化製品買っちゃおう

賃貸不動産の契約時に必要な初期費用とは

賃貸不動屋の初期費用を安くする方法の前に、初期費用がどれだけ必要かをご存知でしょうか?

家・マンションの賃貸契約時に必要な費用は、一般的には敷金・礼金(ない場合もあり)、仲介手数料、当月分と来月分の家賃(管理費・共益費込み)、火災保険料です。

加えて、部屋の清掃代や鍵交換代がかかる物件もあります。

どれくらい費用が掛かるのか、想像しにくいと思いますので、例を挙げてみましょう。

以下のグラフは、敷金・礼金が10万円、家賃7万円の場合です。

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法【宅建士が解説】1

初期費用合計で、約30万円必要です。思ったより掛かるんだなと感じた人も多いのではないでしょうか?

もちろん全ての物件に、敷金・礼金や鍵交換台、清掃代が掛かるわけではありません。掛からない物件も存在しますが、一般的には上記の金額が必要となります。

ショッティ
ショッティ
初期費用は家賃が上がるにつれて、上がっていくので、注意してね。

賃貸不動産契約時の礼金を安くする方法

礼金は家主さんに払う費用で、引越する際にも返ってこない費用です。

「礼金」とは、賃貸不動産契約時に発生する費用の一つ。大家さんに対して、お礼の意味として支払います。敷金とは違い、退去時にも返金されません。

ただし、礼金は交渉次第で安くすることができます。例えば、人気がない物件や相場より礼金が高い場合などがあげられます。

私自身も契約時には毎回、礼金の交渉はしていまして、全ての回ではないですが、ほぼ値下げしてもらってます。

礼金を安くする方法に関して、以下の記事で、より詳しくご紹介していますのでご覧ください→賃貸マンションの礼金は交渉次第で安くできる【宅建士が解説】


賃貸不動産契約時の仲介手数料を安くする方法

仲介手数料は賃貸の契約をするときに、仲介してくれた不動産屋さんに対して支払うお金です。

賃貸の不動産の仲介手数料は法律では、「上限は家賃の一か月分まで。仲介手数料は借りる側(借主)からでも貸す側(家主)からもらってもいい」と決められています。

借主からでも家主からでもどちらでもいいのですから、交渉次第で安くできる可能性があります。

仲介手数料を値下げする方法については、以下の記事で、詳しく説明していますのでご覧ください→賃貸不動産契約時の仲介手数料を安くする方法

賃貸不動産の家賃を安くする方法

長く住むことを考えれば、賃貸不動産を借りる時に一番安くしたいのは家賃ですよね。例えば、月2,000円安くなれば、年間で24,000円の節約となります。

家賃ももちろん交渉次第で安くできますので、やってみてください。

ただし、すべての賃貸不動産が安くなるわけではありません。安くできる物件にはいくつかの理由があります。

例えば、不人気な物件であったり、借り手が少ない時期に賃貸契約を申し込むなどです。

家主としては、借り手がおらず、家賃が全く入らないというのが一番リスクですので、家賃交渉に応じてくれることがあります。

足元を見るようなかたちにはなりますが、違反でもなんでもないので、安心してください。

以下の記事では、家賃を交渉する方法をさらに詳しく説明していますので、あわせてご覧ください→家賃の値下げ交渉の方法・時期を宅建士が解説【安く住みたい方必見】

他にもある!賃貸不動産の初期費用を安くする方法

他にも賃貸不動産の初期費用を安くする方法はあります。

これまでに紹介したものほど放火があるわけではありませんが、少しでも初期費用をおさえたい方はぜひ試してみてください。

火災保険料

火災保険は必ず入らなければなりません。
しかし、不動産屋さんが斡旋している火災保険は高額なものが多いです。

少し手間ではありますが、ご自身で安いものを探して、契約すれば、それだけで5千円~1万円程度抑えることができます。

鍵交換代・清掃代

鍵交換・清掃はいらなければ断れる場合が多いです。

清掃は自分ですればいいですし、鍵は交換したほうが安全ですが、気にならないのであれば交換しなくても良いでしょう。

この二つを省くだけで、3万円~5万円くらい抑えることができますよ。

【番外編・不動産屋の選び方】大手と個人経営のメリットとデメリット

賃貸のアパートやマンションなど借家を借りる際に、利用する不動産屋。

たくさんある不動産屋の中で、どの業者を選べば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか?

以下の記事で、不動産屋を選ぶコツとして、大手と個人経営の不動産屋のメリット・デメリットを紹介しています→【不動産屋の選び方】大手と個人経営のメリットとデメリット

不動産業者の選び方がわからない、または、大手の不動産屋と個人経営の不動産屋のどちらが自分に合っているのかわからないという人は参考にしてみてください。

賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法まとめ

今回は、賃貸不動産にかかる初期費用(礼金や手数料)、家賃を安くする方法4選を紹介しました。

物件を借りる側からしたら、できれば初期費用・家賃を安くしてもらいたいものですよね。

不動産は値段が決まってるわけではありません。交渉次第で値段を変えれるのが不動産の良いところでもあります。

交渉するだけなら無料ですので、ぜひ交渉してみてくださいね。

リアル体験にもとづいた、とっておきの役立ち情報をご紹介しています!

ショッティがこれまでに体験したとっておきの役立ち情報を公開しています。
ご覧の皆さんのお役に立てること間違いなし。

とっておきの役立ち情報はコチラをクリック