観光マニアのおすすめ旅|海外旅行・国内旅行、日常の役立ち情報を発信

役立ち情報

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法【仕組みを宅建士が解説】

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法【仕組みを宅建士が解説】

家を借りるときって、いろいろお金がかかります。家具や家電も買ったりするし、できれば仲介手数料を値引きしてもらいたいですよね。

賃貸の不動産の仲介手数料は、法律で定められている範囲で交渉することで、値引きしてもらえる可能性があります。

ショッティ
ショッティ
「宅建士(宅地建物取引士)」の資格を持っている僕が解説するね。

今回は、少しでも安く賃貸の不動産(マンションや家)を借りるために、「賃貸不動産の仲介手数料の仕組みと値引き交渉する方法」を宅建士である僕がご説明します。

仕組みをよく理解し、不動産屋さんで仲介手数料の値引き交渉してみてください。

ショッティ
ショッティ
この記事を参考に仲介手数料の交渉をしてみてね。交渉次第で安くなる可能性があるよ。

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法を詳しく解説していきます。

契約時の仲介手数料とは

仲介手数料とは、一体どういったものなのかご存知ですか?仲介手数料とは、賃貸契約をするときに、不動産屋さんに対して支払うお金のことです。

不動産屋さんは部屋を探したり、契約書類を作成してくれたり、入居審査や大家さんとの交渉も行ってくれます。代わりにいろいろしてくれる費用として、支払うのが「仲介手数料」です。

例えば、以下のグラフは、家賃7万円の賃貸契約をする際の初期費用をグラフにしたものです。

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法【仕組みを宅建士が解説】1

家賃が7万円に対して、仲介手数料も7万円かかっています。何の費用かはわかったけど、7万円ってひと月分の家賃と一緒だし、できれば払いたくないですよね?

実は、仲介手数料は交渉次第で値引きすることができるんです。

仲介手数料の仕組み

仲介手数料の交渉をするには、仲介手数料の仕組みを知っておかなければなりませんので、解説します。

まず、仲介手数料は家賃の一ヵ月分が上限です。不動産屋は仲介手数料として、家賃の一ヵ月分以上はもらってはいけないと法律で決められています。

家賃が70,000円の場合は、最高でも手数料は70,000円です。(消費税分は越えても問題ありません)

そして、不動産屋が仲介手数料をもらうのは借りる側(借主)からでも貸す側(家主)からでも、どちらでもいいんです。

借主からでも家主からでもどちらでもいい。ただし、先ほどお話ししたように、合計が7万円を越えてはなりません。

よくあるのが、借主からも家主からも家賃の半分の35,000円ずつを仲介手数料として、徴収するケースですね。

・不動産屋が受け取れる仲介手数料の上限は、家賃の一か月分
・借主からでも家主からでも受け取れる

仲介手数料を値引きしてもらう方法

ここで一つ疑問が出てきませんか?借主からでも、家主からでもどちらから徴収してもいいってことは「全部家主から徴収してもらうことができるんじゃないの?」と。

結論からいうと、法律上は「家主の承諾さえあれば、不動産屋は家主からだけ仲介手数料をもらう」ことができます。

つまり、交渉次第では「借主が仲介手数料を払わないこと」もできるんです。仲介手数料がないと、初期費用を大き値引きできますので、ぜひ交渉してみください。

ただし、不動産屋によっては、最初からシステムで借主の仲介手数料を「家賃ひと月分の半額」と決めているところもありますので注意が必要です。

ですので、交渉する場合には、仲介手数料の決まりがない不動産屋さんを選んで試してみてください。

また、「仲介手数料として、借主が一か月分の家賃を支払う」という条件がある場合には気を付けましょう。

建設省の告示では「承諾がない場合は、借主と家主が半額ずつ支払いましょう」とあります。交渉して、手数料を半額にまでしてもらいましょう。

・法律上、承諾があれば、仲介手数料を「家主」もしくは「借主」からだけ徴収することもできる
・承諾がない場合、借主と家主が半額ずつ仲介手数料を支払うのが原則

※あまりないのですが、仲介手数料は最大で家賃ひと月分ということで、それ以下に設定している業者さんもたまにいらっしゃいます。

大手の不動産業者ではあまりないので、町の不動産屋さんなどに相談してみるのも一つかもしれませんね。

賃貸不動産の初期費用(敷金、礼金、仲介手数料)がかからないサービス

そもそも賃貸不動産の初期費用(敷金、礼金、仲介手数料)がかからないサービスがあります。

20193月に始まったインド大手ホテルチェーン「OYO」の新しい賃貸サービス「OYO LIFE」です。

OYO LIFEは初期費用がかからないだけでなく、家具家電付き。訪問いらずで、オンラインで契約を完了することもできます。

初期費用がかからない分、他のものを買ったり、資産運用にお金を使えたり、自由に使えるお金が増えますね。

がっちりマンデー、日経新聞などでも取り上げられました。

オンラインで契約完了。初期費用0(礼金・敷金・仲手・その他手数料全てゼロ円)。家具家電・Wifi完備 水道光熱費込みの賃貸サービス「OYO LIFE」

賃貸不動産の仲介手数料を値引きする方法まとめ

今回は、不動産を賃貸するときにかかる仲介手数料の仕組みと値引きについてご説明しました。

仲介手数料とは、賃貸契約をするときに、不動産屋さんに対して支払うお金のこと。

法律上、家賃の一ヵ月分が仲介手数料の上限で、「家主」と「借主」どちらから、どれだけの割合をもらってもいいことになっています。

つまり、交渉次第では「借主が仲介手数料を払わないこと(値引きしてもらえる)」もできるんです。

僕自身も何度か賃貸の契約をしてきましたが、以上の方法で仲介手数料を値引きしてもらった経験が二度あります。ぜひ参考にしてみてください。

仲介手数料以外の「契約時に不動産屋に払う礼金」や「家賃」に関しても、交渉次第で安くおさえることができます。

以下の記事では、賃貸不動産の初期費用や家賃を安くする方法を詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください→賃貸不動産の初期費用・家賃を安くする方法4選【宅建士が解説】